ナンバーワンの12番コンビは誰だ?

また古い話を思い出しちゃった。

昭和50年代に二塁手と遊撃手をキーストンコンビって呼んでた時代がありました。

アメリカでは今も使ってる? 日本では完全に死語。語源はこちら。自分で調べてくださいね。

1番センター福本豊、2番ライト蓑田浩二もかなりカッコ良かったですが、

1番ショート高橋慶彦、2番セカンド山崎隆造も良かった。

でも慶彦はあんまりキーストンコンビと呼ばれた記憶がありません。相棒(二塁手)がよく交代したこととちょっと派手でしたから、慶彦は。

高木守道とか高代延博などの「守備寄りの選手」がキーストンコンビの構成員にふさわしいイメージです。いぶし銀という意味ね。


 

過去の12番コンビ

さて二遊間のハナシはおしまい。

次は打順の「12番コンビ」について。

こちらもたくさんの美しい組み合わせがありましたね。

さっきの阪急「福本蓑田」が史上最高か? 日本ハムの「島田高代」 もシブい。

燃えよドラゴンズでは1番高木が塁に出て2番谷木が送りバント。

カープ最高は慶彦山崎かタナキク。梵東出も良かったし、緒方嶋は新しかった。

今日はこれ以上昔話はしません。美しい12番コンビは無限にあってキリがないですから。笑

 

セリーグの12番コンビ

今日のテーマは12球団の開幕12番コンビ。

このコンビの優劣が実際のチーム順位にかなり影響すると思うんですが、どうですか、お客さん?

セリーグ6球団の開幕12番コンビ予想

G・・・梶谷/坂本

T・・・近本/糸原

D・・・大島/京田

B・・・神里/牧

C・・・田中/菊池

S・・・塩見/青木

3月3日時点の12番コンビはこんな感じ。

DeNAは昨年ラミレス監督の下で梶谷/ソトが多かった。今年から三浦大輔新監督に代わり、ここがどうなるかはまだ不明。こないだの練習試合では「関根/田中俊」でした。私の予想は「神里/牧」です。

他の5球団の予想は監督が公言するなどしており、かなり有力です。1番センターの人が多いですね。4/6

カープの12番はタナキク。かつてはタナの出塁率とキクの変態的右打ちで数々の「13塁」を作り出してきましたが、果たして今年、まだその力が残っているかどうか? タナは残ってそうですが、キクが心配なんですよね・・・

巨人の12番コンビは昨日のオープン戦を見る限りでは怪しいですね。まだ3週間あるけど、ちょっと坂本はペースが遅すぎるんじゃないか?スイングが弱すぎる。丸はまあまあ。岡本は酷い。どっかケガしてるぞ。廣岡君は・・・相当時間がかかりそうだなあ。

阪神、ヤクルトはシブいですね。私の好きな「盗塁王といぶし銀」の組み合わせ。カープで言うと「慶彦と木下富雄」みたいな。

特にヤクルト塩見は「なんで今頃?去年からやっとけや!」という感じ。去年のヤクルトは1番坂口2番山田5番塩見で開幕してます。役割がめちゃくちゃです。新人の背番号0の子より、試合では塩見の方が断然速いです。センター塩見は絶対固定。打順も12番です。

中日の「2番京田」はどうなんですかねえ?中日ファンもイヤがってんじゃないかなあ。カープ戦ではよく打ちますけど、京田の打率は.250で出塁率.300です。守備は上手いけど打順は8番でいいんじゃないのか?2番は阿部じゃね?

 

パリーグの12番

パリーグ編はよく知らないで予想します。

この予想はハズれますよ、ごめんなさい。

パリーグ6球団の開幕12番コンビ予想

H・・・周東/中村晃

M・・・藤原/荻野

L・・・金子/源田

E・・・辰巳/小深田

F・・・西川/近藤

B・・・佐野/吉田正尚

直近のオープン戦で見た12番です。

12番がガッチリ固定してるチームって西武くらいですかね。セリーグより少ないですね。

5球団はかなり流動的。ソフトバンク、日本ハム、オリックスは2番打者が3番に入ったり4番に入ったりします。中村柳田、近藤大田、吉田岡田など。

ロッテは相変わらず藤原1番にこだわりますね。私はまだ藤原に出塁率.300は達成できないと思いますよ。それに彼、走者を返す打者に育てないといけない。7番で長打を打たせるべきです。2年間ずっと言ってるんですけどね。

オリックスの佐野君が今すごく元気です。要チェック。

ロッテも中村奨吾、平沢大河、岡大海がカープとの練習試合で活躍しました。昨日は4番に20歳の山口航輝が入ってました。強そうには見えないが去年はこれで2位ですからね。侮れないぜ、若い力は。ソフトバンクにも12勝11敗で勝ち越してます。コロナがなければ優勝してましたよ。

 

カープの12番

と言うことで、2021年のカープの12番を考察します。

タナキクで開幕。2年ぶり5回目。去年はピレキクでした。

過去の4回は2016~2019年。懐かしき3連覇時代。

この頃のタナキクの攻撃は美しくてねえ。

私はしょっちゅう様式美という表現をしていました。1塁走者タナ、打席にキクというシーンを。

 

【1】田中が走って無死2塁

【2】キクが右打ちで無死13塁

【3】キクが右打ちで1死2塁

【4】キクが送りバントで1死2塁

【5】キクがレフトにツーランで2得点

などの攻撃パターンがありました。私が特に好きだったのは【2】ですねえ・・・しみじみ

 

2019年、2020年のキクは【2】と【3】ができなくなりました。理由は不明。守備範囲が狭くなったことと関係があるでしょう。私は足、特に右足が痛いんだと思います。

んで最近実は【4】も怪しい。失敗ゼロだったキクがちょいちょい失敗するようになりました。

去年のキクには【5】しかなかったので、私はキクを7番にしろと叫び続けていました。

 

今年の沖縄キャンプ、シート打撃や紅白戦では懐かしい右打ちを披露したキクですが、対外試合ではまたサードゴロとレフトフライを連発していました。

カープのオープン戦は土曜日からで今日も明日も試合はありません。

2番キクで開幕するなら「右打ちがしっかりできるか」が最低条件となりますよ。

ダメな場合は誰かと交代。キクは7番。

 

タナキクに代わるオプションとして、河田はここまで

4羽月/6矢野

のコンビを相当数試してきました。

そしてこのコンビは見事に結果を残しました。キャンプMVP。肩たたき券までもらったぜ・・・

こちらもまんまキーストンコンビ。そっくりそのままタナキクを入れ替えられます。

 

タナキクが往年の輝きを取り戻せばOK。

ダメな場合は「ハツヤノ」と入れ替える。「ヤノハツ」のほうが語呂がいい?

羽月を1軍に残すなら登録抹消は上本崇司。曽根の方が守備と足が上だからです。右の代打は長野とイソ。新石原もいる。

ゴメンよタカシ。お前も好きだけどキクのバックアッパーは今や羽月隆太郎ぜよ・・・

 

そして矢野雅哉である。

気合いのパンチパーマでまた笑わせた。

ムードメーカーの仕事もヤノハツに奪われそうな上本崇司。ヤバいぜ、ディスイズプロ野球。

 

大盛と野間。

この二人、練習試合では下位打線を打つことが多かった。

河田から「1番を打つには四球が少ない」と思われているフシも感じますし、

「当たれば飛ぶ」と思われているフシもある。

特に野間の打球が今年は速い。2倍速か3倍速になっています。←当たればのハナシ

野間の通算本塁打数は8本です。3塁打は通算18本、2塁打は通算32本。

ふーん・・・1年で超えられるな。

2020年の上本崇司は1年で過去の通算安打数を上回りました。7年で10安打、1年で13安打。

野間にできないはずはない。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5