大道温貴を二軍に落とせ!開幕一軍サバイバル「投手陣」編

2021.3.7(日) オープン戦

広島 2-0 ヤクルト マツダ

ホームで観客13,000人はカープに相当有利な状況です。

昨日も言いましたがヤクルトには山田哲人と外国人がいない。青木もいない。

だから2試合連続完封勝利は、

どうだろう・・・

5割くらい差し引いて喜ばないといけません。

森下は98点。満点に足りないところもありました。


 

森下暢仁、4回無失点。12人斬り。

森下4回0安打3三振。51球。無四球。

1回表は全球ストレート。アツのミットは1ミリも動かない。

球速は140km台前半でしたがバッターはほとんど誰も反応できず。

唸りを上げてましたね。

私もビックリ驚愕して1球1球声が出っぱなしでした。

「すげえ、すげえな、マジすげえ!」

カープのストレートは球速以上に速いです。ひいき目じゃないと思います。

昨日の大瀬良も九里も球速以上に打者は押されてました。ソフトバンクなんぞに負けてません。

 

初回でストレートのチェックは終了。

2回はカットとチェンジアップをテストしましたが、こちらはかなりバラつきました。18球で三者凡退ですが高めが多かったのでマイナス2点。

3回はセットポジションと投内連携のチェック。

試合前の打ち合わせ通り、先頭打者を内野ゴロエラーで出塁させた森下&田中。無死1塁。

8番打者にセットで投げるがボールは少し上ずります。結果は高めストレートを左飛。1死1塁。

9番はキッチリ決まった低めのカーブで投ゴロ併殺。アナウンサーは絶叫しましたが、森下にはごく普通のプレーです。←実は私もちょっと声が出ました。笑

4回はカーブ中心に投げました。内野ゴロ2つ、見逃し三振1つ。

 

佐々岡も言ってましたが「森下は完璧」でしたね。「ほぼ」は不要。完璧。

んで石原慶幸も言ってましたが「森下はまだギアを2段くらい残している」とか。ええそうです。私もよく知ってますよ。

森下は今年も大丈夫です。仕上がり99%。

何曜日に投げることになっても森下には最低15勝を期待したい。

森下はこないだ前田健太と何かヘンな約束をしてましたが、楽勝でゲットできるんじゃないですかね。完璧な投手、完璧な人間です。

森下って欠点はないのかね?

野球も上手くてめちゃくちゃいい子ちゃん。男にも女にもモテる。

何かないのか?虫が苦手とか漢字書けないとか・・・

 

大道温貴の現在地

森下が完璧だった分、残り5イニングをリリーフした新人3人と島内ケムナの欠点が目立ちました。完封したのにねえ・・・

森浦はコーナービタビタと言うほどのコマンドはありません。ストライクは入る。

ただ5番内川がカウント1-1からスライダーに泳いでファールを打ったり、6番荒木がカウント3-2からど真ん中ストレートを遅れ気味に見逃していることから、打者の目に「ストレートとスライダーの区別がついていない」のでしょう。昨日の森浦はチェンジアップを1球も見せませんでした。

 

島内。3者凡退。右打者を中飛。左打者を遊ゴロ。右打者を一飛。三者凡退。

押し込めているとも言えますし、ヤクルト7~9番打者のバットに当てられているとも言えます。

全8球のうち6球がストレート。空振りは1球だけでした。この1球は142kmでしたが「オッ」と思わせるナイスボールでした。

 

大道。私は藤川球児が言うほど大道を買っていません。

大道は昨日のピッチングで開幕一軍サバイバルから一歩後退です。

なにが悪いか?

 

ハッキリ言って、

 

 

何も悪くありません。

十分即戦力。一軍で通用します。

 

ただしノムスケ、一岡、中﨑、フランスア、菊池ヤスの5人のうち2人以上は開幕一軍で迎えないといけないと思うのです。

2週間前に予想した開幕一軍メンバー(投手15、野手16)のうち2人が2軍へ行きました。薮田&床田。

■開幕一軍メンバー予想(投手15人)

先発6枚・・・14、11、18、66、19、67

敗戦処理2枚・・・41、12(30)

中継ぎ4枚・・・13、20、2139(43)

勝ちパ3人・・・36、97、29

※赤字は現在二軍組

床田と薮田が開幕アウトと決まったわけではありませんが、ノムスケと中﨑は二軍でいい内容を見せているようです。

現在一軍の矢崎は「敗戦ロングリリーフ枠」に最適の人材。大道にこの仕事をさせるわけにはいかない。

菊池ヤスや中﨑翔太の状態が上がっていれば、大道温貴は開幕二軍に置くべきではないだろうか。

 

理由は二つ。

大道君はいいボールと悪いボールの差が大きい。

昨日は全球ストレート。前回もほぼオールストレート。

指にかかったボールは火の玉男を唸らせる力があります。

しかし指にかからないボールはストライクゾーンから大きく逸れます。現在の大道の指ひっかかり率は50%くらい。

スポーツニュースでかかったボールだけを見ている人は「大道スゲェ!」となるでしょうが、全球見ていると若干の不安は残ります。

 

もう一つの理由はやっぱり彼、まだ体ができてないと思うのです。

ホントに連投できるの? オープン戦でなんで変化球投げないの?

もちろんイイものは持ってます。下の先輩が頼りないなら開幕一軍入りできる実力者です。

しかし大道が勝ちパターンで連投できるかというと非常に心配です。今の投球スタイルでは故障リスクが高そうに見えるからです。

 

5番手はドラ1栗林。

栗林も逆球連発。球速は150km超が2~3球ありました。

栗林は大道と違ってキャンプのペースを配分した上で「意図的に現在地にいる」と思います。

栗林には大道よりも安定感を感じます。大道君が悪いってんじゃないですよ。大道君は一本気な若者で、栗林は老獪な実戦派という意味。

トヨタ自動車も毎年2月に春季キャンプをしていたはずですし、栗林の大学指導者には元プロの山内壮馬がいて、トヨタでバッテリーを組んだ捕手は細山田です。

悪いけど栗林は八戸学院や天理大学よりずっとプロの環境に近い中で2年間プレーしています。この差は大きいと思いますよ。

開幕一軍をアピールし続けてきた大道と、のほほんとマイペース調整の森浦に対し、栗林は3月26日の開幕に向けてどんどん調子を上げてくると思います。思いたい。笑

 

6番手ケムナ。

前回よりコントロールは良かったような気がするが4者凡退。

クローザー決定!とは行きませんでした。昨日の塹江も今日のケムナもまだスキがある。

クローザー争い選手権はまだ終わりません。

本命フランスア、対抗がケムナと栗林。

ちょっと差があって大穴に大道と塹江でしょうか。森浦と菊池ヤスを候補に入れてるのはたぶん私だけでしょう。笑

 

野手陣

野手陣は2エラー。田中広輔、高橋大樹。

広輔のは計画的エラーなのでOK。

高橋大樹は9回表にレフト前ヒットを後逸して打者走者が2塁到達。記録はワンヒットワンエラー。

ま、しかしこれもイレギュラーみたいなもんでした。オマケして高橋も無罪でいいでしょう。好きだからじゃないですよ。笑

センター大盛はナイスカバーでした。

 

クロンに一発。

スゴい当たりでしたね。紅白戦で見た打球です。やっぱり当たれば飛びます。

私はホームランの次の打席に注目しました。雰囲気が変わるかなと思って。

結果は見逃し三振。クイックモーションでタイミングをズラされました。

三振の前にも変化球を追い掛けて空振りしたり、インハイをのけぞってよけたり。

まだ時間がかかりそうですね。

 

誠也。代打で空振り三振。うーむ・・・

 

大盛。3タコ1三振。全打席ノー感じでした。はっきり言ってブザマな3打席でした。バット短すぎ。

ヤクルトは去年から大盛に異常に強い。なんでそんなにマークしとるん?笑

 

石原貴規。

大道を救うスゴい送球。2塁でヤクルトの速い子をアウトにしました。

打席ではボール球を振って三振。

「あの69番、目立たないけどずっといい動きしてるんスよね」

ヤクルトの69番今野投手、練習試合からずっと気合いの入ったストレートを投げています。

あと012番の近藤投手。ヤクルト2連戦で1番いい投手でした。元楽天のドラ1投手。安佐北高校→岡山商大。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5