佐々岡監督、ご進級おめでとうございます。[野球帝王学]

2021.3.31(水)

広島 4-2 阪神 マツダ

年度末にスゴいものを見ました。

それは勝ち試合に中田廉と大道温貴を抜擢したこと。

実に素晴らしい。プロ野球の王道。帝王学。

佐々岡ちゃん、どこで習ったの?


 

中継ぎを節約

実に素晴らしい采配でした。私は大絶賛しますよ。

まず先発の床田寛樹が6回2失点。クサい当たりのイヤな失点でしたが、床田は立派にゲームを作りました。

6回裏、カープの攻撃中にブルペンで肩を作っている中田廉の姿が映る。

私「同点だからな。森浦は使いすぎだし、7回は廉でいいだろう」

 

直後にクロンの勝ち越しソロ。来日1号。

出る予感がしましたね。私だけじゃないと思います。

解説の達川光男が珍しく面白いことを言ったんですよ。

 

達「加治屋は右打者のインコースを突くのが苦手なんですよ。これさえできりゃ千賀になれたんですがね~」

私「ほう。確かにクロンへの初球は内角要求が外へ流れたな」

私「しかもシュート回転してる。クロンの軌道にピッタリやな」

私「おい、息子、息子。クロンが今からホームラン打つぞ」

子「今、忙しい・・・」

ク「カキーン」

私「ほれ出た!娘、娘、言うたやろ、お父さん言うたやろ!」

娘「なにを?」

私の子供たちはそれほど熱心なカープファンじゃありません。クロンのことは知ってますけどね。笑

 

3対2。カープ勝ち越し。

この後、カープは床田に代打安部を送りました。

安部の二塁打も嬉しかったですよ。ナイスラン。

でも省略。今日は忙しくてそこに触れてるヒマがない。アホの井納にかまってるヒマもない。

 

新しい継投策

7回表は予定通り中田廉が登板しました。

私は「よしよし、それでいい」と思いました。今日が開幕5試合目。移動日を挟んでいるものの、勝ちパターンの投手は登板数がかさんでいました。

・森浦 3/4←(登板数/試合数)

・塹江 3/4

・栗林 3/4

・ケム 2/4

一方でビハインド要員の中田廉、大道、コルニエルは登板ゼロ。だって先発が全員安定してるんだもん。

 

一度肩を作った中田廉ですから、ここは思い切って投げさせてみよう。

よっしゃ廉が出てきた。イイねえ。いい表情してるじゃないの。燃えてる顔。

一時期は今村や一岡と並ぶセットアッパーだったねえ。

私は去年、廉は戦力外候補だと言いました。だってしょーがないじゃない。藤井皓哉をクビにできないじゃない。

 

その廉が7回をパーフェクトリリーフ。三者凡退。

素晴らしいねえ。下位打線とはいえ非常にありがたいピッチングでした。

戦力外選手と1億円選手の差って本当に紙一重だと思います。紙1枚で髪1本の差ですよ。

去年のセーブ王はソフトバンクをクビになった選手だし、ヤクルトの長谷川、宮台、近藤も戦力外経験者です。

カープがクビにしたソリアーノがMLBで大活躍したこともあるし、巨人がポイ捨てた沢村も今やメジャーリーガーです。

ほんの僅かの差なんですよね。

きっかけ一つ、環境一つで「クビと億」の差。

安部友裕にも大チャンスですよ。

 

大道温貴、初見参!

7回裏にはキクのソロ。

この一発は大きい。1点差→2点差

「キクのバットで開幕ダッシュ」なんて全くの想定外でした。

あり得ない展開です。笑 1ミリも予想してなかったぜ。

 

んで怒濤の勢いで8回裏に大道温貴、プロ初登板!

いいじゃないか。2点くらいくれてやる。なんなら3点でもやるぜ、大道に!

 

先頭近本。ファールで粘る。

もう12球目だよ。許してやってくれないか。カワイイ新人ちゃんだよ。ダメ?

近本「お前、昨日うちの新人を殺すとか言うてなかったっけ?」

ひが「言いません、言いません。言うはずないじゃないですか。笑」

 

その後、田中広輔のまずい守りもあって1死12塁。

顔面蒼白。大道温貴。

8回表、4対2。1死12塁で打者は4番の大山悠輔。

ヘロヘロの大道が投げた22球目は真ん中高めのスライダー。

これを大山ボテボテショートゴロゲッツー。

ふうぅぅ・・・

アホで助かったわー。

大山君、昨日も全くいいとこ無し。

不調なのかケガなのか知りませんが、大山が大道を助けてくました。ありがとう大山。この悔しさは東京ドームで晴らしてね♡

 

9回は当然栗林。

9回は当然栗林。

栗林がチーム最多の4試合目。5試合中4試合に登板。点差は3点、0点、1点、2点。

4試合で4回1安打0失点。6三振で無四球。ERA0.00。

数字ほどの安定感はまだないし、相手に慣れられてくれば打たれることもあるでしょう。

しかし新人でこの活躍は100点満点で120点です。

悪いが栗林は休ませられない。契約金は1.5億。年俸1600万。よって4試合登板なのであります。

ただ今日は休んでいいですよ。3連投になりますし、明日は移動日ゲームだし。横浜。

今日の栗林は「上がり」でもいいくらい。延長なしの9回制だしね。8回9回はケムホリで戦おう。

 

結論。佐々岡野球が進化した!

結論。

佐々岡の采配が素晴らしい。最高。絶賛。歓喜ですらあります。

監督2年目でえらい変わりようです。

どうしたの、佐々岡? 別人?中の人が変わった?

 

去年はクローザースコットで開幕したのに、

今年は先発投手の球数も控えめにして、勝ちパターンにしわが寄ると接戦に若手投手を抜擢しました。

素晴らしいです。これが私の見たかった継投です。

 

ハッキリ言って1試合くらい全然負けてもいいんですよね。

リリーフじゃぶじゃぶで投手陣が崩壊すれば、シーズンがメッチャクチャになりますからね。

 

ペナントレースは長丁場。目先の1勝も大事ですがペース配分も大切。

んで選手寿命もペース配分が大切です。「リリーフ=短命」なんて時代は終わりにしなきゃ。

 

マジでどうしたの佐々岡?

別人なの?スゴい采配です。智将で名将ですよ。大道が打たれていても私は必ず絶賛します。

こういうのでいいんだよ。

 

阪神も弱かったし、巨人もアホ。

ゆっくりやれば絶対勝てる。カープは投手王国だからです。

ありとキリギリス。

巨人がバティスタの水筒にドーピングを混ぜたりしている間にも、カープは先発投手を育ててきました。

リリーフが新人頼みだって言うけど、決してそうじゃないぜ。今は確かに新人の人数が多いけど、彼らも夏には疲れてくる。

そん時は藤井黎來と高橋樹也。島内もいる。後半はコイツらでいいんじゃないか。

 

若者はいつだって未知数です。

どんどんシビれる場面に突っ込めばいいんですよ。失敗したっていいんですよ。

黒田も佐々岡も何度も失敗しましたよ。誰もが通る道です。早めに失敗させましょう。

 

■オマケ:クロンのヒーローインタビューについて

クロンが最後にゴニョゴニョって英語で何か言いましたよね。

あれが聞こえた方、いますかね?

私何度も巻き戻して聞いたんですが、聞き取れませんでした。

Hold on my speaking English bans.

みたいな感じに聞こえました、最後の「バン」が何のことかわかりません。お詳しい方、教えて下さい。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5