コルニエルに尽きるね。

2021.4.11(日)

広島 0-9 巨人 マツダ

今日はいいピッチャーがたくさん登板しました。

中田廉も良かった。2ラン浴びたけどそれは結果論。廉はいい球を投げてたよ。去年クビにしてゴメンナサイ。

藤井黎來。ちょっとフォームが変わったね。去年の今村っぽさが薄まってる。新フォームを金石は褒めてたけど私は去年の方が好きでした。max150km。三者凡退。私の評価は75点。悪くはなかったけど「レイラはあんなもんじゃない」って意味ですよ。


 

今日の話題はコルニエル

カープタカさんの予想が見事的中。

私はノムスケはもっとやれると思いましたがね。完全に悪い時のノムスケに逆戻りしましたね。

「1点もやりたくない」ってカッコつけたピッチングで5失点。廉に謝っとけよ、大先輩。

 

ケムナもグダグダでした。大道温貴とポジションチェンジですね。

 

んでおそらく全鯉党の今日の話題はあの人一色でしょう。

 

ロベルト=コルニエル。25歳。

こないだ159km。今日158km。

 

球速もスゴいが指にかかったボールはもっとスゴい。

大城を三振に取ったタマ。亀井に投げた2ストライク目のストレート。この2球はフランスア級でした。

 

え?

 

スゴさ、わかんないすか?笑

 

いい時のフランスアですよ。スゴかったんですから。

 

とにかくノーアウトランナーなしで気楽に投げさせたらスゴい球を投げます。

私は先発向きと再三言ってますが、本人はリリーフ志向。んでチームもリリーフが手薄。

 

今日、9回にケムナがベースカバーのミスから1失点しました。

栗林は昨日軽やかなベースカバーでワンアウトを取りました。

このように抑え投手に守備力は必要です。

 

んでコルニエルのクイックも遅くはないが速くもない。

昨日の巨人の外国人は誠也にナメた盗塁をされまくっていました。

 

常識で考えればコルニエルにもこのような危険性があります。

しかし常識を疑うのが私の性癖。

 

コルニエルは走者ありの場面で出してはどうか?

具体的にはワンポイントリリーフです。

 

クリス=ジョンソンはランナー3塁の時、必ず振りかぶって投げてました。

あれをコルニエルもやればいいと思います。

セットポジションで投げさせてもいいんですが、要するに

「チマチマしたことを気にせず、打者だけに集中できる場面に出すと面白そう」

という意味です。

 

わかります?

ランナー2塁、ランナー3塁の時のワンポイントリリーフです。

チームが勝ってる負けてるは関係ナシ。

8回9回は塹江と栗林でOKですから、コルニエルはランナーいる場面に投入です。

 

ブルペンでの準備が難しくなりますが、それぐらいの可能性をコルニエルに感じたという話ですよ。

ま、クイックの練習をすれば済む話ですけどね。マイク=シュルツは超速クイックモーションをあっさりマスターしましたね。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5