「ロマンチック街道」で歴史が再び繰り返される

さっき気が付いたんですが、

今年って2021年ですね。てことは30年前にカープが優勝してMVP獲ったのがあの人かぁ。沢村賞も獲ってる。スゴい人だったんだなぁ。

監督は山本浩二。当時は45歳だったのかぁ。

私も年を取るはずだなあ。サッカーの「ドーハの悲劇」は1993年。くーーー、ワールドカップ、行きたかったなあ・・・


 

朝山東洋vs西勇輝

あれから30年!

綾小路きみまろさんはどこへ行かれたのか・・・

1991年のペナントレースは稀に見るデッドヒートでしたね。vs中日

1986年もデッドヒート。津田の胴上げが美しかったねえ。

今年の開幕戦の時にも言いましたが私はカープファンを40年以上やってます。計算してみると石原慶幸が生まれる前からカープファンやってるんだよねえ。ま、何回かやめたことあるけど。笑

 

私の人生、とっくに折り返し。

今考えてるのは未来の子供たちに俺が残せるものは何かってことです。

巨人のように自分のチームのことだけを考えてませんよ。

新しいものもいいけど、伝統も大切だよ。

日本の伝統は「守り勝つ野球」なんですよ。

 

今朝のスポーツ紙にまた朝山コーチが出てきて、

西から5回までに3点取りたい

と夢見がちな発言をしています。

朝山よ。昨日も言っただろ。それは無理ゲーだ。長野とアツを並べると得点が入らない。去年もその手で西に4連敗4完封されただろ。記憶力ないのか?

 

基本、朝山の策は2種類しかありません。

「狙い球を絞って」

「ゾーンを上げて」

この2つ。実質無策。だから去年アホチームに負けたのです。

朝山と東出を入れ替えるべきですね。守備走塁コーチの玉木と山田も入れ替えて、ここまでカープは順調に来ています。打撃コーチも入れ替えた方がいいと思います。

今夜は少し雨交じり。ピッチャーには苦しいコンディションですが、そこは森下vs西です。今日も1対0になるでしょう。勝つも負けるも1対0。前回の西は全くスキがありませんでした。5回3点、どうやって取るんだろ。お手並み拝見といこう。雨と梅野で足も使いづらいよ。

 

ロマンチックなローテーション

野村祐輔が登録抹消。

ちょっと驚きました。

ノムスケは巨人戦だけ最悪でしたが、他の2試合はそう悪くありませんでした。1戦目なんて完璧でしたよ。球威は昨年ほどじゃないけど一応ストライクゾーンにシュートとスライダーを投げてます。そういやノムスケも西勇輝に似ているな。

でも佐々岡はノムスケを落とした。理由は競争原理を発動させるためです。理解できます。

 

私は二軍の試合をあまり見ていないのですが、今回ノムスケに代わり上がってきたのが高橋昂也(22)。

ご存じ私のヒーロー。ポスト鈴木誠也。実は新人王の資格アリ。

トミージョン手術を受けたため2年間休んでましたが、3年前には巨人の菅野に投げ勝ったことがあります。完勝でした。※参考記事

15日(木)が楽しみです。対秋山。甲子園。

 

木曜日は中村祐太の枠でしたね。

日曜日のノムスケの枠はどうなるのか?

コルニエルの先発はありません。ケムナもナシ。

なぜかと言うと、今回抹消されたのがノムスケだけで、一軍に合流したのも昂也だけだから。

 

もし仮にコルニエルを先発に回すつもりなら、コルニエルを「上がり」にしてリリーフ投手を1人ファームから追加するはずです。

今回はそれをしていない。

つまり一軍のリリーフ陣は現状維持。

中村祐太を高橋昂也に

野村祐輔を遠藤淳志に交代させるものと思われます。

 

おお・・・

昂也に遠藤。

クソ眩しいじゃないか。キラキラしてる。

 

昂也22歳。淳志22歳。←遠藤は4月8日が誕生日

年齢だけじゃありませんが、いきなりカープのローテーションがロマンチックになりました。

中村祐太もロマンチックですが、遠藤はやっぱり一軍ローテですよ。

 

今週は甲子園とナゴド。

敵地でのキビシイ戦いになります。相手も投手力が良いチームだからです。巨人の投手陣とは比べものにならないですよ。

キレイなヒットを打ちに行くとまた負けますよ。

1991年は「凄い貧打」で優勝しました。お若い方は調べて下さい。1986年も貧打でしたがそれでも浩二と衣笠がいました。

1991年は浩二も衣笠もいませんでした。前田江藤もまだ20歳。

優勝した原動力は先発3本柱と抑えの大野。

チーム得点はリーグ5位。チーム防御率は3.23。リーグ1位でした。

 

歴史は繰り返す

今年もこれで行きましょうよ。30年前は新外国人のバークレオやベテラン高沢を早々にスタメンから降ろし、若い江藤と前田にポジションを与えて守り勝ちました。

前年までの山本浩二の左右病はこの年、劇的に改善されました。

ホントですよ。調べて下さい。

1989年と90年の浩二は重度の左右病でした。走れない守れないスタメンでした。んで巨人2連覇からの日本シリーズ4連敗。

ん?

どこかで聞いた話ですね。巨人2連覇と日本シリーズ4連敗。

これ2020年の話ではなく1990年の話。30年前の実話です。歴史は繰り返す。勉強しろよ、巨人ファン。

そして1991年に優勝したのは広島カープ。プロ2年目の18番がMVP&沢村賞

2021年に優勝するのも左右病を克服した広島カープなのである。

 

佐々岡役は森下。

前田役は大盛。

江藤役は小園である。矢野でもいいけど。笑

 

とにかく今週のローテーションはロマンチック街道です。

朝山のアホな左右病はさっさとやめてもらいたい。

大盛が実る日は今日だぜ。毎日言ってるけどさ。

 

参考:福山の鞆の浦にロマンチック街道が実在します。発祥はドイツですが、マネして日本全国にロマンチック街道があります。昨日黒田博樹が福山で江草のラジオ番組に出演したそうです。ロマンチックですね。笑

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-赤辞苑

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5