狭い球場での戦い方

2021.4.23(金)

巨人 2-1 広島 東京D

阪神の監督はこう言いました。

「この球場本当に狭い」日刊スポーツ

この日の解説、石原慶幸はこう言いました。

「この球場はホームランがよく出ます」

だから守備走塁を後回しにして、打力重視、左右病という野球も実は「一理」あるのです。

人工芝の野球は幼稚で簡単です。だから東京ドームと神宮に限って「5番レフト松山」も実は「一利」あるのです。

ま、私は選択しませんけどね。DH制度があっても私は「5番松山」をやらない。頭を使わない野球だからです。


 

8番小園は敬遠されるに決まってる!

せっかく掴んだ大きな星を自ら投げ捨てた佐々岡と河田。

昨日の試合の勝負どころは8回表の龍馬のゲッツー?

その前の誠也の打ち損じ?

私の答えはNOである。

 

昨日の勝負どころは2回表でした。

菅野が小園を敬遠した場面である。

巨人の補欠vs未来の星。とはいえ試合はまだ2回。

私は

「間違えて勝負してくれないかなー」

と思ってました。

 

しかし原と菅野は間違えない。逃げることだけは間違えない。

小園もちょっとオーラを出しすぎました。

菅野がビビって申告敬遠。ちっ・・・悔しいがお見事な采配でした。皮肉じゃありません。褒めてます。プライドもクソもなく小園を避ける。菅野はさすがですよ。今年10勝くらいできるかもしれないです。

昨日の勝負どころはまさにここでした。原と菅野はカープのことをよく研究している。

 

そしてカープのことを全く研究してないのが佐々岡と河田である。

河田はつい最近までこう言ってました。

「悪いけど小園のことはよく知らない」

「田中広輔に早く1番2番を打ってもらいたい」

は?

今日やれば?

1番田中、5番松山。

去年、一昨年の二の舞やで。3年連続Bクラスへまっしぐらの最短距離です。

 

3番誠也にも耳を疑ったし、4番龍馬は発想にもなかった。

羽月を外す発想もなかったよ。

ベンチでヘルメットをかぶってる羽月。ハムスターみたいでカワいかったぜ。

カワイイ中にもハムスターはどこか哀愁が漂います・・・

 

九里亜蓮も100点ではない

監督とヘッドコーチがアホなので、選手は自力で頑張らないといけない。

昨日で言えば坂倉と九里。

8回2失点なのでもちろん立派。

しかし100点ではない。

 

坂倉の4タコは仕方ない。こういう日もある。4回のセンターフライは感じが良かった。

坂倉がダメだったのは「送球」です。スローイング。

甲子園かどこかで2塁手の2mくらい上へクソ暴投をして以来、坂倉のスローイングが安定しません。昨日も菅野の送りバントをあわや悪送球しそうになってました。結果はアウトでしたが要修正。

 

九里。ピッチングはまあ良いだろう。この狭い球場でツーラン1本は仕方ない。

九里の課題は「守備」である。ランダウンプレー。挟んだ1塁走者をアウトにできなかったあのプレー。

6回裏1死1塁で打者丸。セカンド横の痛烈なゴロ。菊池涼介スーパーキャッチ!久しぶりにキクの守備で吠えました。素晴らしいプレー。2塁フォースアウト。しかし1塁はセーフ。2死1塁。

打者若林の場面で走者丸がスルスルとスタート。九里がこれに気付いて丸を12塁間に挟む。

九里は1塁クロンに送球。丸は2塁へ向かう。クロンは遊撃小園に送球。しかしこれがワンバウンド。小園は膝を突いてワンバウンドキャッチ。丸は1塁へ戻り、小園は投げられませんでした。

このプレーでミスをしたのはクロンですが、その前の九里の追い方にも重大な問題がある。

 

ランナー飛び出しに気付いた九里は走者丸を見ました。

この時、丸は12塁間の真ん中付近にいました。

九里は丸に向かって走ります。1塁ベースでも2塁ベースでもありません。丸の方向に走ります。これは正解。

んで遊撃小園は2塁ベース上。クロンも1塁ベース上。これも正解。

間違いはこの次。

せっかく丸の方向に走っていた九里が、突如丸のいない1塁ベースに投げたこと。丸はなおも12塁間にいました。九里は丸まで1mと迫ったのに、丸から3m離れている1塁クロンにボールを投げました。んでミスが起きました。

 

九里はどこまでも丸を追い掛けるべきでした。しかし守備に自信がないのでしょう。九里は早くボールを離したがった。

草野球でランダウンプレーをミスする時と同じ現象です。守備に自信のないヤツはすぐにボールを離したがります。走者を追わないのです。丸は生き残って2死1塁。九里に喝!です。

しかもリズムを崩した九里は次の打者にも四球を与え2死12塁。丸を残したプレーは「事故に繋がる守備」でした。強いチームが相手ならダメ押し点を取られるところです。

九里亜蓮は前回登板でも7回にダメ押しの3点目を失っています。この時は理不尽な判定とポテンヒットで九里は不幸でしたが、そういう事故が起こり得るのが野球というスポーツ。

だから九里。集中して投げろや。

黒田博樹は「この一球が現役最後の一球だと思って全球投げる」と言ってました。一球入魂。

その一球はバッターに投げる一球とは限らないぜ。九里よ。

エースたるものはピッチングだけじゃダメなのだ。

 

小園

敬遠と内野ゴロ2つ。

内野ゴロの感じも悪くなかった。

菅野のストライクボールがハッキリしてたとはいえ、小園は低めボール球をしっかり見極めていました。いい感じだと思います。

大魔神が「菅野の術中だ」と言ってますがクソ食らえですね。小園は相手の決め球を打てばよい。

 

ショートゴロは飛んできませんでした。

センター前ヒットにダイブしましたが届きませんでした。あれは仕方ないでしょう。

丸の挟殺プレーでは味方を助けてほしかった。その前のキクの超絶ファインプレーの時、小園はベースカバーに早く入りすぎて一塁送球がちょっと弱まりました。守備がいつも一直線で「緩急の急」だけです。細かいプレーはまだまだ幼い。当たり前ですけどね。

 

今日のゲームプラン

もう後がない広島カープ。土日連勝しても今週は2勝3敗1分です。

連敗しようもんなら今週は5敗1分です。先週も今週も森下九里で連敗。

先週はここで遠藤、昂也で巻き返しました。今週もそこに期待すんのか?情けない。

 

今日は中5日で高橋昂也。なんでやねん・・・

中5日はノムスケの方だろ。年俸から言っても。

ノムスケは中5日で勝ったことがありません。だから手術明けの昂也が中5日。二人とも1週間前の日曜日にデーゲームで75球投げています。

 

巨人の土日は補欠の2人。

羽月と小園を出せば勝てます。出さなくても勝てる。

真面目に言うと原辰徳は今日、左の昂也に対し

中島、ウィーラーを先発させる」と明言しました。

丸を下げて左翼ウィーラーでしょう。組みやすし。

俊足ウィーラーですが、ウィーラーでゲッツーが取れたら昂也の勝ちでしょう。ま、取れなくても昂也の勝ちですが。笑

 

昂也君の前回パートナーはアツでした。打撃好調のアツと打撃不振の坂倉。今日の相手先発は右投手。

前回の昂也君はvs小笠原慎之介でした。左腕。

私は「だからマスクがアツなのか?」と思いました。昂也にアツじゃなく「小笠原にアツ」を出したかった。朝山の伝説レベルの左右病。

なら今日の相手は右投手だぜ。坂倉将吾を出すのかい?

そこが私の注目ポイント。

広島カープ、史上初のファーム日本一を勝ち取ったのは高卒ルーキーの昂也と坂倉でした。

あれから4年。一軍の日本一を勝ち取るのもこのコンビだと私は思ってます。

 

狭い球場なのでレフト松山でも何とかなります。私は大反対ですが。

打って勝つなら打ちなさい。

予想オーダーは33、6、1、63、55、27.10、51、34。昨日と同じ。

希望オーダーは33、69、51、1、31、6、10、22、34です。龍馬を外してレフト奨成、センターにハムスターです!

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5