序盤のヤマ場GW9連戦

今日は4月27日(火)です。

少し気が早いですがプロ野球はゴールデンウィークに突入。今日からカープは9連戦です。

現在カープは26試合を消化して12勝12敗2分。4位。

開幕ダッシュにはちょっぴり失敗しましたけど、ギリギリ最低ラインを維持できてるところ。

去年の今頃9勝13敗1分でしたから。苦笑 佐々岡カープも少し成長しています。


 

9連戦の予想先発

9連戦で貯金をたくさん作りたい。理想を言えば6勝3敗くらい。

なら35試合を消化して18勝15敗となり、勝率.545。

例年ですとこれぐらいの勝率で十分「首位争いの仲間」に加われます。昭和には「オールスターまで勝率5割」という格言がありました。オールスター以降の60試合を40勝20敗なら優勝できるという意味です。130試合で75勝55敗。勝率.577。

しかし今年は横浜DeNAが猛烈な低迷を続けており、優勝ラインが80勝を超えてくる可能性があります。セの優勝チームが80勝以上すれば、それは2018年の広島カープ以来です。

 

9連戦のカープ予想先発投手はこちら

私の予想は「森下の登板間隔を詰めない」です。9連戦以後も変則日程ですが、カープは交流戦まで森下の中6日を堅持すると予想します。森下には完投してもらわないといけないのでね。

9連戦の相手はDeNA(マツダ)、阪神(甲子園)、巨人(マツダ)

相手のローテまで予想するなら、

DeNA・・・大貫、入江、濱口 vs 森下、床田、玉村

阪神  ・・・藤浪、伊藤、ガンケル vs 九里、昂也、ノムスケ

巨人  ・・・サンチェス、畠、高橋 vs 矢崎、森下、床田

個人的には5月3日(月)マツダスタジアムでのサンチェスvs矢崎が実現すれば楽しい試合になりそうだと思います。笑 矢崎はキャンプからずっとコントロールいいんですよ。中村祐太の可能性もあります。

玉村昇悟君が一軍合流。私は矢崎のほうが「優先度」が高く、矢崎(or祐太)をDeNA、玉村を巨人に当てると思いましたが、佐々岡は逆で来ました。おそらく矢崎のほうが「信頼度」が高いのでしょう。上位の巨人に矢崎を当てる模様です。

西日本は明日28日(水)の夜が雨予報です。床田をスライドさせたら玉村は一旦由宇にとんぼ帰りでしょうか。玉村が巨人戦の頭に投げるなら、そのまま甲子園にも帯同します。

 

カープが守って走り始めた

今日からのDeNA3連戦は右右左。

本来なら相手先発投手の利き腕など、カープのスタメンと一切無関係であるべきですが、2019年以降のカープは相手投手が右か左かで大きくスタメン構成が変わっていました。だから4位でだから5位でした。打つだけのアホ野球。

しかし昨日の巨人戦で、ついに朝山東洋が目覚めたのですよ。

左の今村相手に左の小園と羽月を先発起用しました。んで大量9得点を奪いました。

「誠也と龍馬の打順を入れ替えたからだ」というご意見もあるでしょうが、私はそこはたいした変化じゃないと思います。

「守れて走れる選手をスタメンで使った」ことが大きいと思います。朝山の英断を絶賛します。昨日も言いましたけど。

 

1週間前のカープは左投手のS田口に対して「8番ショート三好」を先発させてます。

んで1対2。相手よりたくさんヒットを打って惜敗。森下見殺し。

三好がダメと言うんじゃありません。「左に右」が愚かで無策、思考停止だと言うのです。考える野球ではないということ。

翌日も8安打1得点。下位打線は鈍足右打線でした。長野會澤クロン田中。

 

これじゃいけないと気が付いた朝山。

「打てないのなら速い選手を使ってみるか!」

小園海斗(20)が一軍昇格。即先発。第1打席でタイムリー。

羽月隆太郎(20)は先発5試合中4試合でマルチヒット。残る1試合も2四球と1振り逃げ。

こいつを2番で使わないでどうする?って数字を残しています。

 

この二人は守備も個性的。

小園の守備は4試合で早くも1失策。巨人戦の亀井の2塁打も実質エラー。キクとのコンビプレイでは小園が早くベースカバーに入りすぎて、丸を併殺に取れないプレーがありました。中継プレーにも課題が山積み。

ただ日曜日の試合を救ったのは小園だし、田中なら取れないゲッツーを取ったりしたプレーもありました。ミスも多いが小園の守備は華があります。守備範囲が広くエラーの多い遊撃手はカープの伝統ですよ。笑

 

羽月の外野守備はとても上手い。名手の予感。センスありますね。

肩も強く足も速い。守備範囲は非常に広い。安定感も感じます。長野や野間みたいにフライを低い位置で捕球しない。羽月は基本に忠実。

育てたいです。外野の羽月。

捕手は日替わりですが、ショート小園、セカンド菊池、んでセンター羽月隆太郎。いいセンターラインじゃありませんか。

 

DeNA戦は2勝0敗、阪神巨人は2勝1敗

絶不調のどん底DeNA。現在4勝19敗。

三浦大輔が気の毒だと思ってましたが、外国人をぶっつけ出場させたりして案外愚将の予感ですね。

順位表でDeNAの勝率がどこに出てんのかなと探してもなかなか見つかりません。だって勝率.174。2割台も滅多に見られません。私、勝率1割台を初めて見ました。楽天の初年度でさえ.281でした。

昔阪神のジェフ=ウイリアムスが50イニング1失点とかで防御率0.18という異次元レベルの成績で走っていた時期がありましたが、それ以来ですね。「こんな数字見たことねえよ」と思ったのは。

 

雨もあってDeNA戦3連勝は不可能。2勝0敗でフィニッシュ。

甲子園の阪神戦。前回は0勝2敗1雨でしたが、今回は2勝1敗を目指したい。西と秋山が出てこないというのもありますが、それよりもカープ打線が守って走れるのが大きいです。藤浪、新人、外国人。みんな機動力に弱そうな気がしませんか?梅野一人じゃ盗塁は刺せません。2勝1敗十分可能。

そして巨人。

ぶつ切り補強の開幕です。レフトとファーストの外国人。岡本和真の打撃が「とても問題あり」なので4番も含めて打順が変わりそう。丸か松原がベンチスタート。ファーストの香月君は既にグッバイ。ありがたい。

サンチェス、畠は完全に機動力に弱い投手。カープ先発が矢崎と森下なら必勝。

高橋君には去年カープ戦でいい投球をされました。大道とも仲良し。

高橋vs床田を拾えれば3勝0敗。できなければ2勝1敗です。

よって9連戦は8試合、6勝2敗か7勝1敗です。わーい、小園と羽月で優勝だあ!

#取らぬ狸の皮算用

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5