過去のV戦士と未来のV戦士を比較。高橋昂也はギアを上げられる人。

2021.5.14(金)

広島 9-2 DeNA マツダ

久しぶりの勝利。月半ばにして今月2勝目。4敗2分。

課題の得点は9得点。ほんのり「個」が「線」になりました。

だが相手が弱すぎる。阪神なら20点取ってるぜ。


 

V3戦士の輝き

昨日は4番一塁松山竜平。途中出場遊撃田中。

私の嫌う「遅い布陣」ですが、さすがV3戦士。とても良い仕事をしました。

この二人は「次打者に繋ごう」という意識がとても強かった。さすがです。昔よく見た光景でした。

 

羽月、小園、大盛らが積極的に初球攻撃を仕掛けるのに対して、田中松山はしっかり四球をゲットしました。

しっかり打ちに行った中でクサいコースを見逃しました。とても高評価で大人の野球。河田がスタメンで使いたがる理由。

安部もキクも四球を取ってるんですが、ボール球を振って三振もしています。この二人は積極的にヒットを打つタイプ。

タナマツアツは繋げるタイプ。マルと誠也もそうでしたね。

田中は休み休み使えば「いいスパイス」になりそうです。早く二軍に落としてサード練習をさせるべし。ショートの名手でしたが、足の痛い広輔をショートでスタメンさせるとまた疲れます。巨人の坂本、あいつも足が一歩も動きません。見てて気の毒になります。

坂本も田中もまだバットは一流です。坂本は一塁に、田中は三塁にコンバートしましょう。ショート小園は一軍でどんどん動きが良くなってます。今小園をサードに回しちゃダメ。今が一番ショートを上手くなる時。

 

誠也と龍馬は昨日もタコ。

龍馬が送りバントしました。良い作戦だと思います。

誠也が1死3塁でまた三振。ボール球しか投げないロメロのボール球を追い掛けました。重症です。

龍馬もまた全打席腰砕けのゴロ。こちらも重症。

 

令和のV3戦士たち

若ゴイも躍動しました。

ヒーローインタビューは高橋昂也と小園海斗。緊急事態宣言に気を使っておとなしめのインタビュー。

小園は3打数1安打ですが3打点。しかも3点タイムリーではなく1点タイムリー、犠飛、押し出しと3度の得点機で3度の得点。素晴らしい。得点圏打率10割。打点の鬼。笑

小園は打撃も良いが守備が良い。足が動くし肩がスゴい。一軍で出場し続けることでどんどん上手くなってます。目に見えて成長しています。ずっとショートで使いましょう。仲間にかける声も大きくなってますし、ゼスチャーもどんどん大きくなってます。サインの切れも良い。昨日の小園は若かりし野村謙二郎のようでした。24歳のV戦士。チームリーダー。グラウンドのビールかけ。笑

小園は田中広輔とは違う「動」のリーダーですね。ヒーローインタビューは大人しい。リサちゃんネタをぶっ込めや、海斗。

 

高橋昂也はクールに2勝目。ホントはアイドル好きのくせに。笑

大道森浦と同い年。佐藤輝明、牧秀悟、みんなライバルさ♪

往年の150kmが影を潜めたと思っていましたが、勝負どころでは出ますね。150kmが。

昨日も決して最高の調子ではありませんでしたが、6回表の佐野ソト牧は力でねじ伏せました。これが昂也君のピッチング。昂也君にも大瀬良や森下のような「ギア」がある。だからファンが「今日はタマが遅いな。大丈夫かな?」と思っても昂也君は大丈夫なのです。

 

スタメンマスクの石原貴規は変化球が多すぎた。チームが連敗中で連日の貧打。トモキはおそらく「1点もあげたくない」と考えたのでしょう。しかしチームの勝敗は誠也と龍馬が考える仕事。しかも相手のロメロはガッタガタ。いつでも点が取れそうな投手でした。トモキはもうちょっと高橋昂也のことを考えてあげなさい。「真っ直ぐをもっと投げさせろ」という意味です。

昨日はカットボールが50%、カーブフォークが各10%。ストレートは30%位でした。これじゃダメ。ストレート中心で行きなさい。ソトにもオースティンにも真っ直ぐです。玉村昇悟の時はできてたじゃないの。

確かに昨日の昂也君のストレートは暴れてました。しかしカットも暴れてました。笑 んなことわかってますけど、それでも昂也は真っ直ぐが生命線の投手なんですよ。

 

羽月。

2点タイムリーはソトのトンネルで実質一塁ゴロ。たいしたことはない。

しかも昨日は何度もボール球を振りました。松山と田中の姿勢を見習いなさい。打撃は反省。

守備は容認。むしろ褒めます。エラーした後も守備が積極的だったから。羽月のそういうとこが一番スキ。笑 野村謙二郎もそうだったなあ。30年前のV戦士です。

 

大盛。

8回裏2死1塁で初球をクリーンヒット。でもダメ。粘っていけば確実に四球を取れる場面でした。次打者はクロン。

ハッキリ言って個人プレーです。昨日までの個の打線。これは大盛が悪いんじゃなくて河田と朝山が悪い。打率とかの数字で選手を評価するから選手はこういう個人プレーに走ります。

大盛の前の堂林もカウント3-0から三振。ファール打てば100%四球を取れました。まだ甘い。

 

昨日のカープは11安打9得点です。さらにベイは9四球と2失策もくれました。

ハッキリ言って非効率。もっと四球を取れたし、もっと相手を苦しめることができました。優しくて甘すぎ。正直でアホ。

カープはこの日も11残塁。DeNAは自力優勝が消えました。どちらも弱すぎ。カープのアホ野球は昨日までとあまり変わっていませんよ。

 

コルニエル

リードしている7回にコルニエルを登板させました。

良いことですね。これが昨日の最大の収穫。

大道が不安定になって来たのでコルニエルにチャンス到来。

フィールディングもクイックモーションも悪くありませんよ。ミスしてもいいんだ、盗塁されてもいいんだって気持ちで投げればよいセットアッパーになれるでしょう。

永川勝浩もよく赤星や鈴木尚広に盗塁されましたが、後続を抑えました。コルニエルもこれでいいんですよ。

 

大道にはリフレッシュ休暇を与えよう。登板間隔が空いてるように見えますが、大道は毎日ブルペンで働いているのです。やっぱ新人にリリーフは過酷です。壊れる前に抹消。

森浦は復調。森浦はもう少し一軍で頑張る。

カイル=バードは大道と入れ替えましょう。大道より高橋みっきーを残しましょう。

ロングリリーフがほしいなら矢崎拓也。昨日ファームで7回1失点。

ずっと言ってるでしょう。矢崎は一軍のロングリリーフにうってつけだって。

 

これでコルニエル、塹江、栗林のパターンが完成。敗戦処理はヤスとみっきー。

コルニエルと塹江の順番は臨機応変に頼むよ。

こないだの中日戦で私が激怒したのは判でついたようにベンチが「8回塹江」と決め付けたからですよ。

 

阪神とのゲーム差は依然10ゲーム。

30年前は10ゲーム差を逆転しましたよ。

小園が野村に、コルニエルが石貫宏臣に似てきましたよ。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5