33江藤智 [広島東洋カープOB]

江藤智 (えとうあきら)

1970年生まれ。内野手。右投げ右打ち。

1988年ドラフト5位でカープ入団。関東高。背番号51→33

通算1834試合、1559安打、364本塁打、1020打点、打率.268。本塁打王2回、打点王1回、最高出塁率1回。

もくじ
■アマチュア時代
■大下剛史との攻防
■松井秀喜との攻防
■プレースタイル
■FA移籍と引退後


 

アマチュア時代

江藤智は私立関東高校出身。あまり野球の強い学校ではありません。甲子園出場経験もナシ。

野球部は弱いのですが江藤の2学年先輩にMr.Childrenの桜井和寿がいます。ミスチルの4人中3人が関東高校です。

甲子園で有名なのは関東一高。中村祐太、オコエ瑠偉など。

しかし江藤は大型捕手としてそれなりに有名でした。Wikipediaによると「東の江藤、西の谷繁と呼ばれた」とありますが、そんなの私は一度も聞いた覚えがありません。江の川高校の谷繁元信は甲子園のスーパースター。江藤の方はプロに入れば打者転向だろうと言われてました。

江藤の翌年に「東の仁平、西の元木」と呼ばれていたのはよく覚えています。

ちなみに私は甲子園の二軍戦で江藤がスタメンマスクを被った試合を見たことがあります。1990年です。

 

大下剛史との攻防

江藤は1988年のドラフト5位でプロ入り。1位は野村謙二郎。新監督山本浩二(42)の初仕事がこのドラフト会議でした。

野村はポスト高橋慶彦で、江藤はポスト山本浩二でありポスト衣笠まで期待されていました。ずばり四番でサードです。

んで山本浩二が連れて来た新ヘッドコーチが大下剛史(44)でした。

野村謙二郎と江藤智は「鬼軍曹・被害者の会」の第一期生だったのです。笑

鬼軍曹のシゴキはそれはそれは強烈でした。元号が平成に変わってもカープの練習は昭和のままでした。令和時代なら完全に社会問題レベルの体罰でした。緒方孝市と前田智徳は外野手だったため多少マシでした。大下の鬼ノックを浴びたのは主に江藤と野村でした。

江藤は毎日大下に泣かされていました。証言多数。ネットで拾ってください。

大下の最大の名言は

江藤はワシのノックを受けるとケガが治るんじゃ

です。プロ11年目だった江藤はそれを聞いてFA移籍を決断したとかしないとか。←ウソです

 

松井秀喜との攻防

江藤は3年目の1991年に打率.215、11本塁打で頭角を現します。江藤はこの年、チームの本塁打王でした。2位は野村の10本。んでチームはリーグ優勝しています。ただし江藤はシーズン終盤に二軍降格。日本シリーズにも「思い出代打」で1打席立っただけでした。

1992年に89試合で打率.283、16本塁打。レギュラー定着。

1993年には初の本塁打王を獲得。「高卒5年目以内の本塁打王」は1962年の王貞治(4年目)以来でした。後にT-岡田と山田哲人も5年目で本塁打王を獲得しました。

1994年には打率2位。1995年には2度目の本塁打王と打点王の二冠を獲得。

 

この頃のプロ野球は1993年に導入された「ドラフト逆指名制度」によって、大学社会人のスター選手を巨人、西武、ダイエーに全てかっさらわれていました。カープはそんなチームに三村敏之監督の掲げるトータルベースボールで立ち向かっていました。

1996年には大ケガの前田智徳が一軍復帰し、新外国人のルイス=ロペスが大当たり。緒方孝市と金本知憲が成長し、捕手の西山秀二まで打率3割の活躍。いわゆるビッグレッドマシン打線が完成した年です。この打線の四番が江藤でした。

私は「今年優勝できないと、あと10年は優勝できない」と思いました。

1996年の江藤はキャリアハイに近いペースで本塁打を量産。8月に本塁打王のトップを走っていた巨人の松井秀喜は「今はトップだけど、どうせ最後は江藤さんですよ」と自虐ネタを吐いたほどです。

しかし8月29日の広島市民球場、巨人戦で江藤の選手生命が暗転します。

仁志敏久の鋭いサードゴロが大きくイレギュラーし、江藤の顔面を直撃。右眼窩がんか骨折という重症でシーズンを棒に振りました。あたしゃ今でもこのケガの名前を覚えていますよ。

カープも江藤抜きで頑張りましたが、巨人にメークドラマを許しました。

 

プレースタイル

江藤は「ホームランアーチスト」とよく言われました。

田淵幸一のように高くて美しい放物線を描くホームラン。打った後のフォロースルーを上へ高く取る選手が多い中、江藤のフォロースルーは脇を締めているので下を向きます。そしてベルトの高さから一回転するバット投げの美しさも「アーチスト」のそれでした。

守備も上手かった。大下の鬼ノックのおかげ。笑 試合終盤には守備固めの高信二がサードに回り、江藤がファーストに回るのが定番でした。

足も遅くありません。油断してると盗塁します。四球も多く出塁率も高いです。本塁打王の割に三振も少なく「四球>三振」のシーズンも何度かあります。

三振かホームランかだけでなく、得点機に右中間方向へ軽打するのも江藤の特長でした。しかし同時期に活躍した前田智徳の天才的なバッティングと常に比較され、チャンスに弱いとレッテルを貼られることも多かったです。

 

私は荒っぽい江藤より、前田智徳の方が先に30本塁打するだろうと思ってました。んで江藤は将来40本塁打するだろうと。

しかし江藤の打撃は意外と完成度が高かった。眼窩骨折まで3年連続OPS1.000超です。

月間16本塁打と1試合10打点も当時のセリーグ記録でした。

 

江藤はカープの10年間で1000本安打250発。FA後の10年間で500安打100発です。

同じ「鬼軍曹被害者の会」の野村、前田、金本、新井は2000本安打達成。

当時のカープファンなら誰もが

「もしも江藤がカープに残っていたら・・・」

と妄想したに違いありません。※参考記事「江藤智vs前田智徳

移籍したものの、確かに江藤は「山本浩二の次の四番打者」でした。

 

FA移籍と引退後

2000年、巨人にFA移籍。

ズームイン朝で「いい人江藤」と呼ばれたり、優勝決定試合で同点満塁HRを打ったりと、そこそこ活躍しました。

移籍1年目のオープン戦でカープと初対戦した時、達川監督は江藤に内角攻めを指示しました。投げた新人・苫米地鉄人(18)は「もう味方じゃないから」と涼しい顔でした。

江藤の抜けたカープはサードに2年目の新井貴浩を抜擢。新井は後に本塁打王やMVPを獲得しました。

2006年、江藤は人的補償で西武へ移籍。二軍暮らしが長かったですが、西武でも選手や監督から「江藤さん」と呼ばれて愛されました。

2009年、江藤は現役引退を発表。20年間背番号はずっと33番でした。

2011年、カープは新人・菊池涼介に背番号33を与えました。キクは江藤と同じ東京都東大和市の出身でした。

2015年、レギュラーを獲得したキクは、オフに若い背番号への変更を打診されましたが「尊敬する江藤さんの番号がいい」と断りました。

選手名鑑もくじ

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-選手名鑑

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5