1番柳田悠岐と11番達孝太君のハナシ

2021.7.16(金)

全パ 4-5 全セ メット

前日から公表されていたことですけど1番センターに柳田悠岐が入るんですね。ちなみにセリーグも1番ショート坂本。

アナハイムではトラウトや大谷が1番に入ることもある。知ってるよ。

セリーグは1番坂本、2番佐藤輝明で8番菊池涼介、9番近本。

原の日本語と采配は草野球のキャッチャーみたいですね。「ミットも無い」という意味です。みっともないんだよ。


 

勝利への執念?笑

原辰徳はオールスターの9回表に送りバントをして「勝利への執念」とか言ってますけど、それもおかしな話なのです。みんなダマされんなよ。

1番坂本、4番岡本、8番菊池、9番近本は狂ってる打順です。何が「勝利への執念」だよ。アホじゃないのか。笑

一昨日の公式戦で原辰徳は投手を9人も使って総力戦。んで11失点。大爆笑。キャンプの前には「選手13人くらいで勝ちたい」と言ってた原辰徳。「絶対ムリだw」が東出世代。事実80試合を消化して巨人が13人以内で収まった試合はゼロです。ざまあ見ろ、口先野郎。原の野球は行き当たりばったりで選手ポイ捨て野球なのですよ。

オールスターで送りバント。工藤も工藤で申告敬遠。中途半端なんですよ。真剣勝負と言いながら選手は真剣にやってないしね。

私は試合を見ていません。スポーツニュースでダイジェストを見ただけです。1番打者を坂本・柳田にしておいて、終盤に送りバントや敬遠策を取る野球を「真剣勝負」とは1ミリも思わないです。ましてや勝利への執念なんて言えるはずありません。辞退者続出で何が執念だよ。中村悠平はバント名人。それをオールスターで披露するのも悪くはない。しかし勝ったから「執念見せましたw」はまさに結果論。いかにも原らしいバカボンボンであります。采配はまあいいが原の発言がルンバでマンボ。

「1番坂本、4番岡本は勝利への執念じゃない」という意味です。選手のプライド、巨人のメンツ。こんなの1円の価値もありません。クソ食らえです。オールスターはあくまでお祭り。個人vs個人でいいんじゃないですかね。

 

背番号11のエース

次は高校野球の話をします。

こないだのドラフト構想の記事で私のドラ1は天理高校・達孝太だと書きました。

その達君が夏は背番号11で登録されたとちょっぴり話題になりました。関西の話ね。

3年前、浦和学院の渡邉勇太朗(現西武)がエースなのに背番号11を付けたことも話題となりました。エースなのに1番を付けないというのは私の記憶の中では初めての出来事でした。

一番近い事例は天理高校の南(1番)・谷口(10番)でしょうか。PL学園の野村(1番)、橋本(10番)でしょうか。

谷口と橋本の方が明らかに球は速かったですが、先発するのは決まって南と野村でした。だから先発投手が1番でクローザーが10番というのはわからない話でもありません。実際1位指名されたのは谷口と橋本で、南は4位、野村は3位でした。

高校2年生の田中将大は背番号11でした。3年生の先発が松橋君だったからです。

 

ま、どうでもいい話です。背番号で野球するわけじゃありませんから。

打順で文句言うヤツは多いです。6番7番に落とされるとふてくされるヤツはよくいます。

私は打順にあまりこだわりはありません。しかし背番号にはちょっと文句言ったことがあります。背番号7をもらった時に7の「フォント」がヤクルトのフォントでして、「コレは橋上の7だ!野村謙二郎の7じゃない!」とゴネたことがあります。意味わかります?橋上の7。今で言うと内川の7がイヤで、堂林の7がイイという意味。

 

ホントごめんなさい。くそどうでもいい話で。笑

まあ天理の達は11番だがエースですという意味です。実はちょっとケガもしています。その意味もあって11番です。

言うまでもなく天理高校は森浦大輔の母校。カープは達を指名してほしいが達君はプロ志望届を提出せず「いきなりメジャー」が目標らしい。大谷翔平も菊池雄星もそんなこと言ってましたので、ちょっとカープのスケールに合わない選手かもしれないです。

石原貴規は天理高校ではなく創志学園(岡山)。なんと阪神・西純矢の先輩。こないだフレッシュオールスターでバッテリー組みました。楽天の高田萌生が石原の高校のチームメイトだった話は何度か書きました。あの頃は高田が大エースでしたが今じゃ立場は逆転しましたね。石原は天理大学に進学し、森浦とコンビを組みました。ちゃんちゃん。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感