[現実対談] 緒方孝市vsフマキラー

日経ビジネスに連載中の

緒方孝市の「負けから学ぶ経営論」

をご存じでしょうか?

あまり知られていませんが、緒方孝市は監督時代からオフシーズンになると異業種交流に力を入れています。経営者や宗教家、格闘家などと交流しています。監督を退いた現在も異業種交流に力を入れています。野球以外の世界を学んでいます。

上記記事で緒方は殺虫剤でおなじみ「フマキラー」の大下社長と対談しています。

現在のフマキラー本社は東京ですが、発祥地は広島市安佐南区祇園。明日広島新庄高校に挑戦する祇園北高校の近くです。創業者が祇園のご出身だったとか。

そして現在のフマキラー工場は廿日市市梅原。カープの大野寮から車で5分の距離です。


 

カープはメーカー型

フマキラーの大下社長はこうおっしゃっています。

「商社では商品が売れなくなったら別の商品を探します。でもメーカーはそうはいきません。商品の売れ行きが落ちたら苦しみながらカバーしようとしますし、新しい商品を生み出そうと必死に考えます」

まるで巨人とカープのようなお話ですね。

選手をポイポイ入れ替える商社型の巨人。

育てた選手がモノになるまでガマンを続けるカープ。

大下社長は創業者のお孫さんで三代目。二代目のお父さんから

「商社で3年間修行して来い。ただし商社に5年いたらメーカー経営は務まらない」

とクギを刺されたそうです。巨人に在籍していいのは3年以内。5年経つともう選手育成はできないよと、先代はそうおっしゃりたかったのでしょう。うんうん、よく分かります。

緒方孝市と大下社長

全部の商社が悪いってんじゃありませんよ。

利益最優先で取引先をホイホイ変更することが巨人みたいで節操がないと言いたいのです。

 

矢崎拓也の能力

2021.7.30(金) 練習試合

広島 5-10 ロッテ マツダ

矢崎拓也が5回6失点。

高橋昂也も4回4失点。

佐々岡監督はいつものように選手に辛辣なコメントを残しました。

佐々岡の無責任で愛のないコメントは一軍コーチ時代の2019年からでした。以来3年間ずっと治ることはありません。

カープは選手を育てないと勝てない球団です。メーカー型。

佐々岡監督はダメな選手にダメと言います。

そしてダメじゃない選手にもダメと言います。

 

昨日のヤサタクは4回まで無失点でした。

5回に四球と暴投で一挙3失点。逆転。ここで代えずに続投させてスリーランを被弾しました。

私はキャンプから「矢崎がイイ」と言い続けてきましたが、それは敗戦処理で使えるという意味です。打順一回り2~3イニングなら抑えられるという意味です。

5月28日のマリンスタジアムで先発した試合も4回まではツーランだけの2失点で踏ん張っていました。昨日も4回までは無失点でした。

矢崎は毎回80球で掴まります。見かけほどスタミナもないし、抑え方も1種類だけなので先発投手としての引き出しが少ない。

ただし連投は利くし、精神的にもタフ。5点負けてても試合を諦めない男です。

佐々岡は先発させた以上、5回は投げてもらいたいと思ったのでしょう。親心かもしれませんが、結果はカラ回りです。一軍の矢崎は80球で掴まります。去年からずっとです。しかし80球まではストライク先行で投げられます。適材適所に配置すれば大きな戦力です。しかし佐々岡のオツムではそこまで頭が回りません。

 

高橋昂也の能力

前田健太や北別府学に匹敵するエースになると思ってました。高橋昂也。

昨日も一球だけを見れば「おお!」と唸る球があります。

しかその球が続かない。2球に1球は逆球で球威がありません。

昨日は4回4失点。自責は3かな?

不運な打球も多かったですが、昂也君は守備がマズい。6/13のオリックス戦で3回8失点しましたが、あの時も自分で投ゴロを処理できず野選と内野安打にして傷口を広げました。

 

現在22歳。大卒ルーキーと同じ年。トミージョンあがり。

まだ「大エース」を諦める時期ではありませんが、今年はちょっと無理かもね。まっすぐは確かに力強くなりましたけど、制球は相変わらずアバウトです。

私が惚れた昂也君は右打者のインローにズバッと投げ込めるコマンド力がありました。18歳19歳の時ですよ。

 

佐々岡真司の能力

佐々岡のコメントには本当に救いがない。選手もファンも誰一人得しません。

緒方孝市が名将だったかというと、案外そうでもありません。笑 日本シリーズでもガンコだったし、中﨑と今村をぶっ壊した罪は重いです。ジャクソン、ヘーゲンズもポイ捨て。

しかし一応、チームに勝ちをもたらしました。古葉監督でもリーグ優勝は4回です。緒方は3回。

3連覇の時の裏話を緒方は1冊の本にまとめました。

「赤の継承」緒方孝市

今年1月に発行された緒方本。ご覧になった方も多いでしょうね。

amazonのレビューで絶賛の嵐。「カープファン必読!」

ハイハイ。わかりましたよ。今から読んでみますよ。

 

緒方に復帰してほしいとは思いませんが、佐々岡と朝山には早々にいなくなってもらいたいです。

頑張ってる矢崎とケガ上がりのプロスペクトにあっさり「ダメ」と発言する指揮官。いや無能な傍観者。

昨日の佐々岡は「6回2失点」でゲームを作れる先発投手を探していました。佐々岡の期待値にハマらない選手は全部ダメ。使えない。

私なら「3回1失点」の矢崎を活かす方法を考えます。原辰徳もこちらの型です。

それに大道と玉村も安定なんかしていませんよ。二人はこの1ヶ月間で先発調整が進むでしょうが、計算に入れるのはまだ早いです。

矢崎の力は一軍に必要ですよ。大道と玉村が打たれた時に第2先発・矢崎を出すのです。

ブルペンは8人から9人へ。

田中か安部を落とせばその枠は空きます。もうすぐアツも帰ってきます。長野か奨成を落とすことになるでしょう。

 

今日は18時からスコットが先発。NPBの最後の登板になるかもしれない。そのつもりで応援します、

お昼12時には森下が先発。しっかり完封してほしいです。ショートの坂本がしっかり守ってくれればいいんですけどね。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-妄想

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5