林晃汰の指輪について解説します。

2021.8.28(土)

広島 7-6 阪神 マツダ

阪神タイガースは明後日の火曜日から、甲子園球場で対中日3連戦を迎えます。

ホントに良かったねえ。一時は雨天中止の連続

「夏の甲子園が決勝戦まで開催できないかも」

ってとこまで追い詰められましたから。

阪神の矢野監督は「俺らがガマンするから、高校生を優先してやってくれ」と男気発言をしましたが、話はそう単純ではありません。矢野の気持ちは嬉しいけどね。

とにかく本日、2度目の智辯同士の決勝戦。林と小林がいるので私は何となく和歌山よりです。イチローも和歌山より。


 

試合は見てません

私、智辯和歌山と日大三高と大阪桐蔭があまり好きではありません。

なぜかと言うと強いからです。めっちゃ打ちまくるからです。

トランプでも麻雀でも、最初の手札が強すぎてもつまんないじゃないですか。ああいう感じです。

「どうにかして上手い方法を見つけ出し、接戦をモノにする」のが私のスタイルです。私の好きな高校は1位広商、2位都城です。

 

さて昨日のカープ。智辯和歌山のようにホームラン連発。7対6。ルーズベルトなワッショイベースボール。実はあまりじっくり見てません。スミマセン。

勝ったから一応嬉しいんですけど、明日の秋山にも同じ野球ができるのか?

大山とマルテのいない阪神に6失点もして、右打者相手にバードを出して、今日も大丈夫なの?と私は問いたい。※参考記事「バードは右打者に強そう

 

林晃汰の指輪について

林晃汰の指輪がテレビに映ったシーンは見てました。3回か4回でしたね。

その瞬間、

今日のブログに絶対書こう

と思いました。

 

林は智辯和歌山高校の出身。

3年前のセンバツで智辯和歌山は準優勝。惜しくも決勝で根尾昂率いる大阪桐蔭に敗れました。

夏の甲子園にも出場しましたが、智辯和歌山は近江高校に1回戦負けでした。私は報徳学園の小園海斗君に夢中だったので、他の子のことはあまりよく覚えていません。興南の宮城君もなかなか良かったです。

 

さて、その林君が昨日の試合中に指輪を付けていましたね。

私の知る限り、試合中に指輪を付けているカープ選手は3人です。大瀬良、誠也、小園。林は4人目。他にもいたら教えてちょ。龍馬とキクはしていない。栗林は怪しいな・・・

スポーツの世界で、選手が結婚指輪をはめてプレーすることは「百害あって一利なし」だと思います。古くさくてごめんなさい。

だって危なくありません?

サッカー選手でも指輪を付けながらプレーしてる人が多い。

まあ薬指の殺傷能力なんてほぼゼロですから大した危険度はない。スパイクの方がよっぽど危険ですね。サッカー界ではネックレス禁止です。

 

林の指輪は何なんでしょう?

いつから付けてたんでしょう?

テレビに映ったのは昨日が初めてだと思います。

まあ普通に考えると結婚ですかね。正確には婚約か?

結婚式はオフとしても、「入籍&同居」はすぐできます。林が彼女に家に転がり込むパターン。

小園とリサちゃんの時にも言いましたが、カープの寮から彼女の部屋に転がり込んで、野球の練習は十分にできるのかねえ? 寮にいれば夜も素振りができると思うんですが。

 

林晃汰の打撃とカープの守備固めについて

その林ですが、昨日は2安打1本塁打。

しかし8月の打率は.196 空振りも増えてます。

7月までは右足に「壁」があって、外スラやフォークボールをガマンすることができてました。だから林は左投手にも強かった。

しかし後半戦の林は「右の壁」が崩れています。昨日の本塁打も打球は鋭いですが、壁が崩されて体が開いています。「林は復調していない」と私は思います。

 

そしてシリーズ企画にしようかと検討している大問題。

カープの守備固めがどんくさい件。指摘したい箇所は3つも4つもある。

1つ目は「抑え捕手・石原」

愚かだと思います。百害あって一利なし。

坂倉を引っ込めて石原。第3捕手が中村奨成。

石原にアクシデントがあった時、坂倉を一塁に残していなければ中村奨成を出すしかありません。

そして石原にアクシデントがなかった場合、中村奨成を試合に使えません。

普通アクシデントは起こりません。だから普通、中村奨成を試合に出せません。これが愚かだと言うのです。

ベンチに残しておく控え捕手が石原貴規であるべきで、カープは中村奨成を試合に出すべきです。百歩譲って代打中村。千歩譲って代走中村。

 

愚かな守備固め2つ目。

「3塁林、1塁安部」です。

どうですか、お客さん?

「1塁林、3塁安部」にしたくないですか?

まあ林の守備は成長しています。3塁林、1塁安部はまあまあ許容範囲。

 

「3塁三好、1塁安部」は完全に許容範囲。こちらはOK。田中広輔もOK。

イラッとくるのが

「3塁上本、1塁安部」です。これは納得できません。

安部は今季3塁を24試合、2塁を9試合、1塁を9試合守っています。ソース

安部の「サードでの衰え」を感じていますし、「ファーストの安定感」も認めます。

安部の1塁守備固めに反対なわけではありません。「3塁上本の守備固め」に反対します。ちなみに「レフト上本」も大嫌いです。まだチョーさんの方が上ですよ。

点差が開いてりゃOKです。

1点差で上本を守備固めに使うとミスしますよ。いかにも佐々岡のやりそうな愚策です。

セカンド上本ももはや怪しい。サード、ショート、外野は完全にダメ。肩も弱いです。

上本は強打者であって決してユーティリティープレーヤーではありません。堂林の方がよっぽどユーティリティーですよ。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5