それでもカープが大型連勝できない理由

高橋昂也と床田寛樹がトミージョンから帰ってきた!

戸田隆矢も二軍で投げたし、前田健太も打者として試合に出続けるらしい。ソース

さあ今年も恒例の

閉幕ダッシュだ!

とカープファンの鼻息も荒い。

 

でもですね・・・

 

盛り上がってるとこ、申し訳ないんだけどさ・・・

 

今のカープに大型連勝は

期待できません。望み薄です。

残念ですが本当です。今から理由を説明します。


 

[理由1] ホームランで勝っているから

カープが連勝できない理由。

一つ目はホームランで勝っているから

実は今も春先のアホ野球と

何も変わっていないんですよね。

 

相性の良い打者をスタメンに並べて、ただ打つだけ。

送りバントを時々見せますが、今のラインナップは送りバントがヘタなヤツばかり。

5番坂倉も送りバントはヘタでした。

1番野間と2番小園も全くバントができません。

坂倉と小園は送りバントの練習をしなくてよろしい。送りバントするバッターじゃありませんから。

3番西川龍馬は意外なバント名人ですが、最近は3番に入ることが多いので、送りバントの機会は少ないでしょう。4番の誠也も敬遠されるしね。

 

春先はヒット3本で1点取れるか取れないかでしたが、最近はキクや坂倉に一発が出るので4~5点取って勝てています。

これはいつまでも続かないんですよ。特に相手がエースの場合、この野球では勝率が低い。

カープの野球は実は今でも1イニングにヒット3本集めるか、本塁打を打たないと得点できない野球です。

先週は「B濱口●、大貫●、坂本○、Sスアレス●、サイスニード○、田口○」で3勝3敗でした。言っちゃ悪いがエース格とは対戦していません。それでやっとこさ五分。

今週は「D小笠原、福谷、松葉、T西、T秋山、Gメルセデス」が予想されます。打って勝つのは困難です。

 

[理由2] 小園が打てない

二つ目の理由は小園が打てていないこと。

8月9月の打率は.171。特に9月は23打数1安打です。

小園が打てないこと自体は大した問題じゃないし、私はスタメン小園を続けたい。

ここで河田と朝山が「2番菊池」とか「2番田中広輔」に舵を切ると黄信号です。

「2番田中」は田中の状態次第でアリですが、私は小園を使いたいです。小園の打順は何番でもいいです。

問題は「2番菊池」です。

こちらは負けますよ。菊池はまた進塁打を打てなくなっていますので、2番菊池はたいへん危険です。

菊池を上位に戻す時は1番が良いと思います。2番野間。

「1番菊池、2番野間」は機能すると思いますが、

「1番野間、2番菊池」はゲッツーが増えると思います。

 

[理由3] リリーフの組み合わせが悪い

数字だけを見ているファンは栗林良吏のことを「絶対的守護神」と呼びますが、私はそうは思っていません。栗林も人の子です。

こないだ155kmを出しましたが、問題はコントロールの方です。最近ちょっとストライクボールがハッキリしてきた印象です。

もちろん栗林の抑えは継続しますが、カープが大型連勝しようと思ったら、確実に栗林が疲れるんですよね。

 

だから私は島内颯太郎に栗林をサポートしてもらいたい。佐々岡とカープファンの中で島内の序列はまだ低いですが。笑

先週は森浦と塹江も失点しましたし、ケムナとバードはまだ投げてみないとわからない感じ。

佐々岡は最近、マシンガン継投に目覚めてきましたが、アレはアホ野球です。強いチームの戦い方ではありません。下品です。連勝できません。

 

[結論] こうすれば大型連勝は可能になる

以上が大型連勝できない3つの理由。

まとめると

1..ホームランでしか得点できない

2.小園が不調

3.リリーフのバランスが悪い

 

逆に言えば、この3つの課題をクリアすれば、

大型連勝が可能になるということです。

ホームラン以外で得点するには、盗塁、進塁打、チームバッティング。ヤクルトや阪神を見習えっての。

小園の不調は「2番野間」でカバーする。野間も現在不調ですが、アイツが今一番レギュラー掴もうと必死です。私は今シーズン、野間に賭けたい

最後はリリーフ。

島内颯太郎は今月覚醒すると思います。現在でも既に勝ちパターンの一角です。この先はドンドン序列を上げて「8回の男」に収まってくれると期待しています。

アイツの課題はメンタルだけだと思うんです。8回で鍛えれば来年は栗林と抑えを争える素材です。

そしてブルペンをサポートするのは先発投手陣です。あと捕手

先発が7イニング投げるとブルペンがぐっとラクになります。

私が佐々岡野球で唯一支持しているのが

先発投手を引っ張ることでした。過去形。笑

 

昨年は先発投手によく120球以上投げさせていたのに、

今季はわずか3試合です。森下1試合、九里2試合。

別に120球未満でも先発が長いイニングを投げてくれればOKですが、中6日の先発投手が6イニングで降りれば大型連勝はできないのです。リリーフが疲れて逆転されるからです。

カープには坂倉とアツがいるので、先発投手を7回引っ張ることは十分可能だと思うのです。

去年の佐々岡の閉幕ダッシュもこの「先発投手7イニング120球」で勝ってきたものです。

 

まとめ

■カープが大型連勝する方法

・2番野間

・島内の抜擢

・先発投手が7イニング

左3枚は6イニングでもOK。三本柱が7イニング以上です。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5