守備もイイ

3連覇を果たしたカープ。
そのストロングポイントは

・・・・・

たくさんありますね。

しかし中でも特に守備力はセリーグで突出してると思います。



二遊間は世界のタナキク。
外野には野間と誠也。
捕手も盗塁阻止率こそ低いものの、アツとウータンのコンビはAランクの守備だと思いますよ。

小園海斗と曽根海成は守備機会が少なく、まだ真の実力を評価をするのは難しい。
関係者の話ではかなり高評価ですけどね。

地味な1塁守備も私は岩本貴裕を高く買っておりますし、松山竜平とバティスタも去年急成長しました。
堂林も1塁をそつなくこなし、たぶん3塁も問題なく守れると思ってます。
高橋大樹、下水流昂、堂林もプロで十分「上手い部類の外野手」と見ています。

カープの伝統なんですかね。
守備もしっかりと鍛えることは。

んで、このキャンプで私がさらなる守備力の向上を期待している選手が3人。

安部、西川、坂倉。

そうだ、船越も入れとこう。4人。

安部友裕の守備範囲はタナキク級です。タテにもヨコにも広大。
課題はスローイング。
安部の送球が安定すればフルシーズン「サード安部」を固定してもいいくらい。
安部は守備だけでもお金が取れます。もの凄い反応力です。安部。

すると西川龍馬はどこを守ればいいのやら・・・ますますわかんない。苦笑
龍馬のグラブさばきは柔らかいんです。捕球は上手くやれるはず。
龍馬はおそらく今季もポジションをコロコロ変えられるでしょう。
ならばいっそのこと龍馬の目標は「エラーをしない!」じゃなくて、
エラーをしてもめげない!
でいいんじゃないか。
ビビらず守備で攻めてくれ。
あとはバットで返してくれ。

んで最後にキャッチャー。
坂倉はシート打撃やブルペンでも捕手として活躍してます。一軍キャンプ。
ポロポロやってるシーンもちょいちょい見かけますが、実践ではどうなるでしょうか。
昨年の盗塁阻止率はG小林.341、T梅野.320、C會澤.245。
パリーグに比べてセリーグは情けない成績です。←キャッチャーだけの責任じゃないけど。
秋のキャンプから船越も強肩をかわれて捕手に復帰。
坂倉と船越が一軍で使えるようになればますますカープは強いんです。

今キャンプでは安部と龍馬と坂倉と船越の守備にも注目してください!!

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 

ありがとうございました。 

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

Copyright© カープファンの構想と妄想 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.