DeNAの山本祐大捕手が実に良い

2021.9.18(土)

広島 2-4 DeNA マツダ

DeNAの先発はカープキラーの京山君(23)。今日もキレキレでしたねえ。

カープは彼からホームラン3発を狙う野球だからねえ。勝てるはずないよねえ。

ま、カープがホームラン頼みなのはいつものことだし、もう慣れました。

スライドの大瀬良とケガ明けのアツが3ヶ月ぶりのバッテリー。試合が壊れると思いましたが、7回1失点。甘い球もあったけど、なんだよ大瀬良とアツは呼吸ピッタリじゃないのよ。


 

カープの個人技は良い

今日も粛々と負けたので手短かに。

1回裏の野間盗塁死。最高です。もっと走れや。

1死1塁、カウント2-1で3番ですから、誰でも変化球でストライク取りに来ると思うよね。野間は良いスタートを切りました。

なのに京山のストレートが龍馬の外角に抜けて、投げやすいウエストボールになりました。野間はギリギリ2塁でタッチアウト。

このボールを投げたのはDeNAの若手捕手・山本祐大(23)。

 

カープは彼にプロ第1号も第2号も献上しています。こないだの一発は凄いバッティングでした。私は「細川か!?」と思いました。

パンチ力もあって肩も凄い。まるでカープの中村奨成みたいなキャッチャーです。育てたい。

山本君は独立リーグ→育成契約→支配下登録。応援したくなる選手です。

 

だけどもだっけーど、

カープの「個人技」は山本君に決して負けていませんでした。

1塁坂倉の決勝タイムリーエラーも攻めた守備だから最高です。

スライドの大瀬良、ケガ明けのアツ。今日はダメだろうと思いましたが、エースバッテリーの意地を見ました。

代打を出されなかった小園の意地も見た。怒りの小園。結果はピーゴロ。

林のボコボコ、塹江のボコボコは「適材適所」じゃないのです。お前らに罪はない。

 

まとめて言えば

これがいつもの佐々岡野球です。

序盤にホームラン3発打たないと勝てないのが佐々岡と河田の野球。

7回まで1対1。私は

「島内を出さずに負けるに違いない」

と思ってました。

 

もうすっかり慣れました。

明日はきっとポジティブなことを書きます。おやすみなさい。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感