油断して5.5ゲーム差。「捕手坂倉」で反撃はできないのか?

2021.10.13(水)

広島 3-9 DeNA マツダ

床田vs大貫で負けるとは想定外でした。

完全に油断があったと思います。反省しよう。

初回のキレキレ床田を見て、

「今日も完封だ、イエーイ♡」と思ったら、1イニング7失点の大炎上。痛恨の一敗となりました。


 

床田の投球を解説

初回の床田は球威もコントロールも良かったんですよね。

んでスイスイ投げてたんですが、3回表に8番戸柱に初ヒットを許します。1死1塁。

9番大貫が送りバント。キャッチャー正面。

アツが拾って2塁送球。難しいショートバウンドになります。小園は安全第一の両手キャッチ。1塁に転送するが間一髪でセーフ。アツは床田か小園に「ごめん」と声をかけてました。

 

んで2死1塁。得点は0対0。打者は1番桑原。

全く慌てる必要のない場面ですが、ここでアツの悪いクセが出ます。

 

「コースに構えすぎて、ピッチャーの球数がかさむクセ」です。

 

桑原に粘られしぶとくセンター前に運ばれます。一発はないんだから初球から打たせる球でいいのに。

2番の知野君。3年目の22歳。ボールからボールになるツーシームを振ってくれて三振。チェンジ。

ラッキー。助かるわ。

この子、今日の打線のだね。カモっちゃおう。

 

3回裏、カープ先制。小園の叩きつけた打球がスリーベース。

4回表は林の好守備と、久しぶりに投げたパームボールで三者凡退。

 

4回裏に床田がレフト前ヒットで出塁します。んでコレが完全に裏目に出る。

宇草も初球を叩いてツーベース。1死23塁。

小園が粘って6球目のクソボール。1メートルくらい高めに外れている高めの釣り球を空振りして三振。キャッチャーはジャンプして捕球したほどで、球場はどよめきました。

「小園って、あのタマを振るんだ」

衝撃的な三振でした。このタマを振って小園が空振り三振したのは私が見ただけでも今季3度目です。阪神、阪神、DeNA。8月か9月の中日戦でもこの球で攻められていました。振りませんでしたけど。

3塁走者の床田に大ダメージを与えたと思います。2死23塁。

 

それでも龍馬vs大貫なら何とかしてくれるだろうと思ったら、

龍馬も1メートル高めの釣り球を空振り三振。床田ゲンナリ。スリーアウトチェンジ。

小園の釣り球はバッテリーが意図した釣り球。龍馬への釣り球は抜けダマでした。

二人ともカウント3-2でした。どちらか一人が見逃せば、2死満塁で鈴木誠也でした。

 

雨が降ってくる

5回表が一挙7失点したイニングです。

この5回表だけ、けっこう強い雨が降りました。

十月のこういう雨を時雨と呼びます。「しぐれ」素敵な日本語ですねえ。夏なら「夕立」

 

先頭打者を切ったんですが、8番と代打に軽く合わされ連続ヒット。1死12塁。

ここで1番桑原。アツはまた全部外角低めに構えます。ツーシーム、ツーシーム。

桑原はストライクをカット、クサいとこはしっかり見逃します。

「會澤さん、その球はさっきもじっくり見させてもらったので、ボク絶対振りませんよ」

桑原四球。1死満塁。

 

打者は知野。

「イヤ助かった。一息付けるわ。あわよくばゲッツーだ」

私はこう思いました。

「初球スライダー投げときゃ、あとはまっすぐでもツーシームでもどちらでも三振さw」

とも。

 

カキーン!

初球をキレイにレフト前ヒットされました。スライダーでした。

3番佐野は深めのセンターフライ。2塁走者桑原の三進は止めました。しかし小園の中継はやはり未熟でした。

4番牧。低く鋭いレフトライナーでした。龍馬落球。照明が目に入ったようでした。しかし捕ってほしかった、ベテランなんだから。前日も龍馬はレフトフライを落としています。前日の九里亜蓮が打たれたヒットはその1本だけでした。

その後は変化球を多投してゴロヒットと四球、四球。5失点して投手交代をすると、時雨が止みました。

 

捕手坂倉で反撃できないのか?

私も油断してましたが、小園海斗も油断しています。

「若者らしくて良い」と見てきましたが、「思い切りの良さ」と「大雑把さ」が混じり合っています。

高めのボール球を振ることと、カットプレーの位置取りが悪いことがどうにも引っかかります。

 

1回裏の無死1塁でも、私は送りバントして欲しかったです。

ベンチのサインが「打て」だったのでしょう。だから打ってセンターフライ。

ランナーを進められなかった反省から、2打席目は叩きつけてスリーベース。

これはベンチの「エンドラン」のサインでしょう。エンドランなら小園は引っ張ってくれるだろうと期待して。

 

プロ3年目とはいえ、小園が一軍でスタメン出場するのはもう150試合くらいじゃないか?

完全に一軍レギュラー選手ですよ。サインがなくても自分の判断で進塁打やセーフティをやってくれよ。

1回表の床田のタマを見たら、1回裏の先制点がとてつもなく大きな1点になると感じてほしかったぜ。

 

あとは坂倉です。

毎度言ってますが、カープが追いかける展開になると坂倉を捕手に入れて、安部か堂林を一塁に入れます。

目的は「打って追いつく」ためですね。

ならなんでこれを最初からやらないの?アツの方が守れると思ってんでしょうね。

それから床田の乱調は時雨のせいもあるけれど、中7日登板の影響は無かったか?

ここから先は6連戦がないので、どのみち中5日のローテです。個人記録のためにおかしな変更はしなくてよい。

 

■CS進出ライン

巨人が引き分けでゲーム差は5.5に広がりました。

今日は大瀬良vsロメロ。

1日空いて明後日が森下vs高橋。前回と同じ。

巨人が2勝5敗で勝率.491

カープが9勝1敗で勝率.492です。

巨人が3勝4敗なら勝率5割。62勝62敗。

カープが10勝0敗で勝率5割。66勝66敗。

 

「同率ならば勝ち星の多い広島が3位」という理解で良いのでしょうか?自信ありません。

この先わずか10試合。「9回裏同点の栗林」も解禁します。

捕手坂倉で戦えないものか? 残り10試合全部。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-がけっぷち

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5