巨人に辛勝!上本崇司がもぎ取った打球には「3位」と書いてありました

2021.10.16(土)

巨人 7-8 広島 東京D

さすがの私もシビれました。手に汗握りました。

8対0の楽勝ムードが一打逆転サヨナラの大ピンチ!

バッターは中田翔。ピッチャーは栗林。

今シーズンを賭けた対決は非常に象徴的な対決でした。

これぞ、まさに、

原辰徳vs佐々岡真司の代理戦争だ!と私は思いました。


 

カープの伝統

税金みてーなもんだ。

これから15ゲーム差をひっくり返そうってんだ。

7失点ぐらい計算に入れてる。

つっただろ、ど素人。

 

ホントはかなりヒヤヒヤしましたけどね。笑

9回裏の上本崇司の大ファインプレイ。

賛否両論あると思います。

 

私は今日は賛成です。

河田雄祐がカープの外野守備コーチに就任した2017年。

3点リードの守り。9回表1死12塁。ピッチャー今村が打たれたポテンヒットにライト誠也が突っ込んで2点タイムリー三塁打にしたことがあるんですよ。これをきっかけにカープは同点とされ、延長戦で負けました。

試合後に河田雄祐は鈴木誠也に向かって「次も突っ込め!」とかばったんですよ。

このエピソードは有名です。覚えていらっしゃる方も多いでしょう。

 

上本崇司は3点リードの9回裏、レフト前の打球に突っ込みました。今シーズン2回目です。1回目はこちら

セオリーなら安全第一です。しかしセオリー通りおとなしく戦ってきたカープがこの3年間ではなかったか。

25年間ずっと挑戦者だったカープが、いつの間にか王者気分じゃなかったか。

 

3連覇は見事でした。

そして忘れよう。

巨人に10連敗を喰わせましたが、まだまだオレ達はスタートラインに立ったばかりです。

税金は支払いました。原と佐々岡の代理戦争にもインコースストレートで勝利しました。

 

上本崇司が掴んだあの打球。あのボール。

崇司が掴んだあのボールには

「3位」

と書かれてありました。だって私、見たんだもん。

 

崇司がもぎ取ったものは3位です。CSです。

チャレンジ精神と失敗を恐れない若さこそ「カープの伝統」であるべきです。

 

誠也交代もいいんですよ。

スクイズ失敗もいいじゃない。

上本崇司がミスを恐れず突っ込んだ。

これで追うカープは盛り上がると思います。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感