DeNA国吉佑樹がヤバい!球速159km!

3/21(木)オープン戦
DeNA2-2日本ハム 横浜

この試合で9回表に登板した国吉佑樹投手が球速159kmを記録しました。
スピードガンの故障ではありません。ここ数試合で突然155km超を連発し始めました。
カープファンの皆様、この投手は非常にヤバいです。要チェックですぞ。

国吉佑樹。
名前は知ってるけどどんなピッチャーだったっけ?
ちょいとググってみますと
「196cm100kg」
デカい。顔もハーフっぽいが大阪出身。お父さんが沖縄の方。
「2009年ドラフト1位でDeNAに入団」
ふむふむ。そんな感じの大型投手だな・・・って育成ドラフトの1位でした。

熊本県の秀岳館高校から育成ドラフトでDeNAに入団。
この年は菊池雄星世代のドラフト。
DeNAの本指名1位はもちろん筒香嘉智その人。
カープの1位は今村猛。2位はプリンス堂林。
ちなみに巨人の1位が長野久義でした。

この年の育成枠でひっそりDeNAに入団した国吉佑樹。
同じ名前の斎藤佑樹より1年早くプロに入っていたのね。

んでプロ2年目の2011年に支配下登録。
尾花監督も中畑監督もその素材の良さにほれ込み先発完投型の大型エースとしての育成が始まる。
3年目の2012年には19試合に先発し4勝12敗も防御率はなかなか立派な3.67。統一球時代ではあったが。
しかし4年目は右肩の故障でわずか4試合。
以降、リリーフでちょこちょこ活躍しましたが、直近3年間は1試合、4試合、13試合とくすぶっていました。

その国吉投手。
DeNAファンの間では「もったいない」「後がない」「がけっぷち」と言われ続けた未完の大器。
まるでどこかのプリンスのよう。
奥様も元アイドルだとか。ったく2人とも野球しないで何やってんの。

その国吉がですね。今、もの凄い球を投げてるんですよ。
155kmオーバー連発。昨日はついに159km。
コレ開幕したら大騒ぎになります。
大谷翔平より出るかも。球速165km。今から心の準備しといてください。
パットン、エスコバー、山崎康晃を擁するDeNAの強力安定リリーフ陣ですが、この国吉が確実に勝ちパターンで出てきますよ。
カッコいいでしょうねえ。ピンチで出てきて160kmズバズバ。2者連続三振とか。

開幕の相手は中日ドラゴンズ。
与田監督の前で1990年の与田剛みたいな剛球を見せつけるんじゃなかろうか?国吉。

藤川球児のようなノビ上がるストレートではない。
デニス=サファテのような2階から落ちてくる角度のついた158kmです。

エグイ球です。国吉。大阪府枚方市出身。
中学時代はオール枚方ボーイズ。小園&藤原の9年先輩。

イチローが現役引退会見で
「日本の中学生の基礎的な動きはメジャーリーガーより上かもしれない」←意訳
と発言しましたが、これは枚方の話だったのです。笑
ひらかたと読みます。何度も言ってますけど。

おしまい
堂林の一発も良かったですよ
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 

ありがとうございました。


おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-がけっぷち

Copyright© カープファンの構想と妄想 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.