カープ中村健人、末包昇大、マクブルームの映像チェック

映像チェックシリーズ第4弾。

ドラフト3位中村健人、ドラフト6位末包昇大、新外国人のライアン=マクブルームです。

いきなり結論を書くと3人がNPBで打てるかどうかは

サッパリわからないです。

私はヒットの映像だけを見て「コイツは良い、コイツは悪い」はわかりません。

私は普段「見逃し方と凡打の仕方」でバッターの良い悪いを見ているからです。


 

中村健人

ドラフト3位の中村健人。24歳。右投げ右打ちのセンター。ライトも守れる。

中京高校→慶応大学→トヨタ自動車。

中京と言えば堂林磯村、慶応と言えば矢崎拓也、トヨタと言えば河合と栗林。河合って堂林の親友の完治のことです。

名門を渡り歩いてやっとこさドラフト3位。外野手だからドラフト順位は下位になりがちですが、それでも私の第一印象は「左投手対策の控え野手」です。

中村健人は24歳。森下、宇草、石原と同期。慶応時代に明治の森下からホームランを打ったことが自慢。

ただ大学日本代表で外野を守ったのはレフト宇草とライト柳町。センターはヤクルトの丸山。四番はDeNAの牧。

 

高校生のドラフト3位~4位にはロマンを感じますが、社会人の3位4位はどこか中途半端な感じがします。下水流レベルと言いますか。

捕手や二遊間は大卒社会人の活躍した例が豊富です。源田壮亮とか田中広輔。一塁や外野の強打者タイプはあまり例がありません。DeNA宮崎くらいか。

中村健人がいいヤツってことと、当たれば飛ぶってことは上の映像でわかりました。

ただ肝心の「当たるかどうか」がまだわかりません。私は凡打の映像が見たいのです。

守備は上手い。他の映像で見ました。センター守備は堅実です。ライトは知らん。

 

末包昇大

ドラフト6位の末包昇大。25歳。右投げ右打ちの外野手。

高松商業→東洋大学→大阪ガス。

末包は栗林世代。正隨、大盛、島内と同学年。あと高松出身の塹江敦哉もタメ。うどん県つながり。

マジメな中村健人に比べ、末包はキャラが濃い。大卒社会人のドラフト3位はロマンがないと言いましたが、6位まで来ると逆にロマンを感じます。新井貴浩レベルと言いますか。

東洋大学で甲斐野や上茶谷とチームメイトでした。

この子は足も肩もあるそうですが、あまり三拍子揃えず一芸に秀でてもらいたいですね。

その一芸はもちろんバット。三振かホームランでもいいし、チャンスに強いクラッチヒッターでもよい。末包の足と肩なんぞに頼りたくありません。足と肩は他のヤツに任せて、末包はバット一本で勝負してもらいたい。ライバルは同級生の正随優弥です。正随vs末包。競争に負けた方がクビになります。それがプロ野球の世界です。

 

ライアン=マクブルーム

29歳のアメリカ人。左投げ右打ちの一塁手兼ライト。メインは一塁。

今季3Aで112試合32本塁打。打率は.261。

記録を見ると三振がめちゃくちゃ多い。打席数の3分の1が三振。

映像を見てもあまり打ちそうな感じがしない。

私はマクブルームよりクロンの方が打つと思います。

カープに来てくれるから応援はしますけどね。

マクブルームがNPBで30HRしても私は四番起用に反対です。荒っぽそうだからです。龍馬と坂倉の間に置くと打線が切れそうです。

体格は2015年に緒方孝市とケンカしたヘスス=グスマンに似ています。グスマンは私の好きな打ち方でした。マクブルームはあまり好きではありません。グスマンの方がマクブルームよりスイングがシャープでした。

マクブルームはけっこう足が速いです。一塁守備の評価も高い。ここらへんについては末包と同様「オマケ」です。マクブルームもまずはバット一本です。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5