ゴールデングラブ賞 ポジション別/球団別考察

今日はプロ野球のゴールデングラブ賞にまつわるエトセトラを書きます。

なぜなら2021年はゴールデングラブ賞生誕50周年メモリアルイヤーだからです。

50年の歴史で最多受賞回数を誇る人は誰か?

ミスタープロ野球・長嶋茂雄はゴールデングラブ賞を何回受賞しているか?

カープは過去に何人の受賞者がいたのか?などなど。

ハッキリ言ってとてもオモシロいです。この記事はバズると思います。笑


 

最多受賞者は福本豊!

ゴールデングラブ賞(以下GG賞)の最多受賞者は福本豊さんです。12回。

1位の人は有名です。

では2位は誰でしょう?

これは案外知られていません。比較的最近の人です。2人います。

答えは・・・

 

最後に書きます。笑

3位は山本浩二の10回です。石毛、駒田、新庄、古田、宮本慎也も10回。

日米通算ではイチローの17回が最多です。

 

ONは受賞回数が少ない

NPBの記録という記録にほとんど全部顔を出す王貞治さん。

しかしGG賞の世界では王さんは案外地味な存在です。

 

一体なぜ?

王さんは守備がヘタだったの?

それには理由があります。

 

その理由は

 

GG賞が制度化されたのが1972年だからです。当時王さん32歳。長嶋さんは37歳。GG賞の表彰はここから始まったのです。

だから王さんは9年連続9回受賞。ミスターは2年連続2回の受賞。

長嶋茂雄はGG賞を2回しか獲得していないのです。

1950年からGG賞があればミスターは17年連続17回受賞していたかもしれない。

福本豊は12回でなく14回になっていたでしょう。

 

刺殺と補殺

GG賞の常連・菊池涼介。2020年まで8年連続8度の受賞。

菊池涼介が記録したシーズン補殺数535は現在の日本記録です。2位はショートの源田で526。

そして外野手の刺殺数の日本記録を誰が持ってるかご存じですか?

刺殺数とはフライを捕るかベースを踏んでアウトにした数。ランナーなしの内野ゴロでアウトを取った時は一塁手に刺殺が記録され、三振の時は捕手に刺殺が記録されます。

 

外野手の刺殺数はほとんど全てが外野フライをノーバン捕球した回数です。バックホームでアウトにした時は「補殺」が記録されます。

すなわち外野手の刺殺数の多さは「守備範囲の広さ」を示す一つの目安となるのです。

外野手の刺殺数の日本記録保持者は一体誰か?

 

それは、

 

巨人の、

 

青田昇さんです。意外。笑

青田さんは4番川上の前を打つ3番センターでした。

1948年に記録したシーズン刺殺数は脅威の391。当時は140試合制でした。

一般的に「外野手がシーズン300刺殺を記録すれば超一流」と言われており、青田さんは4回もシーズン300刺殺を記録しています。福本7回、山本浩二で5回です。この人たちの時代は130試合制でした。カープでは他に長嶋清幸が2回、緒方孝市が1回。前田智徳、丸佳浩は0回です。それほど外野手の300刺殺は「高い壁」なのです。秋山幸二3回、飯田哲也1回、新庄剛志0回です。意外。

もし青田さんの時代にGG賞があれば・・・というお話でした。

ちなみに一塁手の刺殺数はシーズンで1000個くらいです。キャッチャーが800~900個。青田さんの「センターで400刺殺」がいかに破天荒な数字か想像できますね。

 

各ポジション別最多受賞者

次にポジション別の最多受賞者。

これは自分で数えたので間違ってるかもしれません。間違ってたら教えて下さい。

 

■投手

桑田真澄西本聖の8回。松坂大輔は7回。惜しかった。

 

■捕手

古田敦也・・・ではありません。伊東勤の11回です。古田は10回。

 

■一塁手

駒田徳広の10回。巨人で4回、横浜で6回。FAして良かったです。笑

王貞治は32歳から引退する40歳まで9年連続9回受賞。さすがです。

 

■二塁手

辻発彦菊池涼介の8回。キクは今年、単独トップに立ちます。

 

■三塁手

松田宣浩の8回。2位が中村紀洋の7回。

掛布雅之は6回です。33歳で引退したのが残念でした。石毛宏典は三塁で5回、ショートで5回の合計10回GG賞。

 

■遊撃手

山下大輔の8回。8年連続8回です。牛若丸・吉田義男は0回。1969年に引退したからです。

2位タイが阪急の大橋穣と中日の井端弘和で7回。宮本慎也はショートで6回、三塁で4回でした。

ショートは激戦区。かつては鳥谷敬vs坂本勇人、小坂誠vs松井稼頭央、宮本慎也vs井端弘和、今宮健太vs源田壮亮など、彼らは同じ時代で競い合っていたため、山下大輔に追いつくことはできませんでした。

 

■外野手

福本豊の12回。秋山幸二が11回。山本浩二と新庄剛志が10回です。イチローはNPBで7回、MLBで10回GG賞です。

 

球団別受賞者数

最後に球団別の受賞者数。

49年間にわたり、2つのリーグ、9個のポジションでGG賞が選ばれてきました。

49×2×9=882人。稀に一つのポジションに2人選ばれるシーズンがあったため、実際のGG受賞者はのべ887人います。(2人受賞が6度、該当無しが1度)

これを球団別にするとこうなります。

■球団別GG受賞者数

巨人124 西武104 オリ  96

ハム  88 広島  80 ソフ  69

ヤク  67 中日  65 阪神  61

千葉  52 横浜  46 楽天  12

近鉄  23

カープは5位。大健闘です。

1972年スタートですから黎明期の弱小時代を含みません。だとすればカープ伝統の固い守りはそこそこ正当評価されていると思われます。旧市民球場のデコボコグラウンドも割り引いてあげたい。笑

 

1990年前後の西武の黄金期はスゴかった。1992年にはGG賞9人中8人が西武です。ちなみに同年のベストナインも10人中8人が西武。

オリックスも1978年の阪急時代に9人中8人をやってます。イチロー時代のオリックスは外野が鉄壁でした。

カープ以上に健闘が光るのは日本ハムです。昭和時代は高代延博、古屋英夫、島田誠らが常連で、平成に入ると広瀬哲朗、片岡篤史、田中幸雄、金子誠、田中賢介ら内野が充実。新庄・糸井時代には外野が鉄壁でした。

 

情けないのが中日阪神。いくら土のグラウンドでももっとGG賞を取らないといけません。

同じく一リーグ時代からの名門南海(ソフトバンク)はGG創設と同時に暗黒時代に突入しました。平成元年にデコボコの大阪球場から福岡の人工芝に移転し、ようやく盛り返し始めました。

巨人はズル。人気投票で有利だからです。実質的な受賞者は半分くらいでしょう。特に投手部門では49人中34人が巨人です。んなワケねーだろ。あり得ません。

 

まとめと答え

最初のクイズの答え。

GG賞受賞回数2位の人は秋山幸二と伊東勤でした。ともに11回です。立派。

現役選手でポジション別最多に届きそうなのは菊池涼介(8回)と大島洋平(8回)くらい。松田宣浩(8回)は既に三塁手で史上最多です。

通算12回の福本さんに追いつけそうなのはキクくらいでしょうか。足も痛いし山田哲人も上手いけど、何とかあと5回獲得してキクが福本豊を超えてほしいものです。

第50回GG賞の発表は2021年12月15日(水)です。

参考記事:2021ベストナイン考察

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-赤辞苑

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5