2022年の島内颯太郎は背番号が変わるのか?

期待の選手シリーズ第2回は島内颯太郎を解説します。

と、本題の前に業務連絡を1つ。

今朝の中国新聞に河田雄祐が「中村奨成に期待する」と発言しているらしいので詳細が分かる方、ぜひ教えて下さい。

では島内話を始めます。


 

大瀬良と島内と今村

第1回で取り上げた選手が大瀬良でしたが、大瀬良と島内の「共通点」をご存じでしょうか?

それは同じ「九州共立大学出身」ということです。

今でこそ知名度の高い学校ですが、1998年まではそれほどでもありませんでした。

全国的に名前が知れ渡ったきっかけは沖縄水産高校の新垣渚がオリックスの1位指名を拒否って進学したのが九州共立大学だったから。この時、島内は2歳でした。

 

島内と大瀬良は5歳違いなので同じチームでプレーした経験はありません。

2018年のドラフト会議で4球団競合の小園海斗を見事に引き当て、興奮さめやらぬカープのテーブルはひっそりと2位島内、3位林晃汰を立て続けに指名する。この年のカープのウエーバー順位は12番目、13番目でした。

この時、悔し涙を見せたのが名城大学の山内壮馬と栗林良吏でした。

島内は入団会見で堂々と「カボチャが嫌いです」と謎のカミングアウト。栗林はまだこの時のことを根に持っている。←ウソです

島内は入団から3年連続でBクラスを経験。島内颯太郎はカープ優勝を知らないのです。指導者は3年間ずっと佐々岡真司でした。

 

そんな島内が2021年にようやく浮上のきっかけをつかみました。

チェンジアップでストライクが取れるようになり成績が安定。9月10月の被打率は栗林よりも低かった。

私は8月に5点ビハインドの場面で敗戦処理をしていた島内颯太郎を見て

「こいつがカープのエースだ」

と絶賛しています。ソース

同じ頃、カープの編成部では苦渋の決断で一人のV3戦士のクビを決めました。

その選手は今村猛でした。

 

島内のボール

同学年の栗林と島内。

強気の栗林と弱気の島内。島内の方が入団が先ですが、今ではすっかり立場が逆転し、栗林が島内をいじる日々のようです。

だがついに島内もカープの勝ちパターンを担える立場に上がってきました。

奪三振率では栗林の方が上ですが、ストレートの球威では島内の方が上です。

データが好きな方はトラックマンで回転数でも調べなさい。私と坂倉はバッターの反応を見ている。

栗林の三振は打者が前に出されて「泳ぐ三振」です。

島内の三振は打者が押し込まれて「詰まる三振」です。

フォークのある栗林の方が打者を押し込めそうなものですが、私の観察したところではまっすぐしかない島内の方が栗林より打者を押し込めていました。

理由はリリースポイントだと思います。栗林は高いリリースポイントから投げてくる、島内は打者の近くでコンパクトに腕を振るので打者のタイミングが遅れる感じでしょうかね。

 

プロ野球戦力外通告

ところで最近「戦力外予想の是非」が話題ですが、私は今後も戦力外予想を継続しますよ。だってこれをやらないとドラフトの話ができないんだもん。

昨年、島内と新人3人が台頭したことで、カープのリリーフ陣は層が厚くなりました。となるとしわ寄せは故障に苦しむベテラン勢に向く。

今村猛と大瀬良大地は言わずと知れた大親友の間柄。言っちゃなんだが大瀬良の後輩が大瀬良の親友にとどめを刺す形になりました。ディス・イズ・プロ野球。よくある話。

 

高橋慶彦今井譲二に引導を渡したのが野村謙二郎でした。

天谷宗一郎は野間峻祥を見て「何一つ勝てない」と思ったらしい。高橋大樹も誠也に対してそんなことを言ってました。

カープに3連覇をもたらした今村猛を引退に追い込んだのは、優勝を知らない島内です。世代交代?猛は30歳で島内は25歳ですよ。

今年の活躍次第では島内はまだまだ先輩をクビに追い込むかもしれません。ケムナと塹江も先輩をどんどん追い込みそう。

現在の島内の背番号は43。今年のオフに若い番号に変わるかもしれませんね。何番だろう?コワいコワい・・・

昨秋にトミージョン手術を受けた岡田明丈は現在も支配下登録選手です。よそのチームなら間違いなく育成契約ですけどね。カープは何考えてんでしょう?戸田隆矢は育成契約にしてましたよ。

私は島内の背番号43もカッコいいと思います。ずっと続けてほしいくらいです。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想