横浜高校と柳沢慎吾の話

2022.3.12(土)

広島 1-4 日本ハム マツダ

昨日の試合は一切振り返りません。アホすぎてイヤ。笑

これまでと同じことを何度も言いたくありません。オープン戦だから自由に打ってるだけなのでしょう。公式戦でも同じことやったら私の順位予想はピタリと当たります。ちなみに佐々岡のアホすぎる談話もこちらにメモしておきます。サンスポです。


 

横浜高校OB

今日も唐突に横浜高校の話をします。

日本ハムって横浜高校の子が多いじゃないですか。2012年夏の甲子園で桐光学園の2年生左腕・松井裕樹くんが「1試合22奪三振」の快記録を打ち立てましたが、実は翌年の夏は県大会で横浜高校に敗れています。

2013年のドラフト会議で5球団が競合した高校3年生の松井裕樹くんを倒したのが横浜高校の淺間、高濱(弟)の2年生コンビでした。スコア

2013年神奈川県大会準々決勝。高濱が同点ソロ、淺間が逆転ツーランを打ちました。特に淺間のは「左打者が松井を打てるのか!?しかもまだ2年生?」とたいへんビックリしたことを覚えています。

ちなみに松井に投げ勝った横浜高校のエースが今阪神にいる伊藤将司です。こちらも2年生でした。

高濱も淺間もプロで伸び悩んでますが今年こそ3割打ってほしいですね。高濱()は去年現役を引退しました。

昨日ホームランを打たれた万波中正も私がほしかった選手です。彼、パワーだけじゃなく足も速く強肩です。3年夏に打撃不振でプロの評価が下がったため、私が5位くらいで獲れないかなと企んでいたらハムが4位で指名しました。

横浜高校OBの現役プロ選手は現在18人だそうです。日本ハムが5人、DeNAは3人+筒香嘉智。カープはゼロ人。最後の横浜OBは下水流昂かと思います。高橋建も横浜高校。

 

横浜高校の緒方漣

と、ここまで話を広げておきながら、来週18日に開幕するセンバツに横浜高校は出場しません。

神奈川県は激戦区なんですよ・・・と思ったら神奈川勢は全滅でした。今年は東京から2校も出るのね。なになに・・・國學院久我山と二松学舎大が出るのか。河内貴哉と鈴木誠也ですね。森笠繁と永井敦士とも言います。

 

横浜高校は去年の夏、選手権に出場しました。

1回戦で広島新庄高校と対戦し、劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めています。

 

2021.8.11(水)

広島新庄 2-3x 横浜 甲子園

9回裏2点をリードされた横浜高校の攻撃。0対2。2死12塁。

ここで打席に向かったのが緒方漣おがたれんくん。右投げ右打ち。1番ショート。

私はたまたまこの試合をテレビで見ていました。スコアを見ると劇的な逆転サヨナラホームランのようですが、そこまで「死闘」という感じではなく、広島新庄の花田君もドラフト候補の割には「もう一つだなあ」という印象で、横浜も新庄も決め手に欠ける展開でした。

私は強いチームが嫌いなので、横浜高校とか智辯和歌山はあまり応援しません。この試合も広島新庄を応援していたのですが、横浜高校の1番打者がちっこい右打者でけっこうイケメンなんですよ。その選手が緒方漣くん。なんと1年生でした。高校1年生で横浜高校の1番ショート背番号6。荒木大輔みたいですね。荒木のライバル愛甲猛も横浜OB。

注目して見てたのですが、まあ高1にしては上手いかなというレベルでした。決して大会ナンバーワンショートという感じまではいかない。それでも十分大したものですけどね。

打撃もまあまあ。1年生にしては大したものですが、打率4割打てるかと言ったら、去年の夏はそうでもなかった。9回裏に逆転スリーランを打ったのは緒方漣ですけどね。ランニングスコアはこちらでご覧になれます。

春には見られませんが、今年の夏、また桐光学園や東海大相模を破って甲子園に出られるといいですね。緒方漣くんは2年の夏に上本博紀(広陵)や堂林翔太(中京)のように甲子園で打率5割を打てるかもしれないです。

 

ちなみにこの試合で6回0失点のピッチングを見せた広島新庄の花田くん。広島ではけっこうドラフト候補で有名だったため、私はこの試合を見てたのです。まあ右投げで140kmそこそこ。左の好打者で足も普通。ドラフト会議直前予想で私は広島新庄の子は要らないとつぶやいています。その後、花田くんは巨人から7位指名されました。おめでとう。頑張って。花田くんはバッターのほうがいいと思います。

 

松坂大輔と柳沢慎吾

最後。

横浜高校と言えば忘れちゃいけないのが松坂大輔。フィーバーしました。

松坂の話は省略。有名すぎるからもういいですね。1998年の夏。東出世代も今年42歳ですよ。

 

もう一人。横浜高校と言えば忘れちゃいけないのがこの人。

 

 

 

ウーーー、ウーーー、ウーーー!

あばよ!

の柳沢慎吾さん。

なんで横浜高校?

慎吾ちゃんと言えば横浜高校のモノマネでしょうが!!

 

 

この甲子園モノマネの初出は私の記憶では「小堺一機のごきげんよう」だったような気がします。タモリさんの「笑っていいとも!」の次の番組。平日13時から13時30分。まだサイコロトークになる前。

このモノマネの歴史は30年近くに及び、バリエーションも非常に豊富。たぶんフルバージョンは2時間以上あると思われます。笑

対戦校も多彩。PL学園、大阪桐蔭、智辯和歌山など、その時代時代の強豪校が代わる代わる登場します。しかしモノマネの主役はいつも必ず横浜高校です。甲子園モノマネはいつも必ず「横浜高校vs○○高校」。聞けば慎吾ちゃんは小田原出身だそうです。納得。笑

横浜高校の他にもう1個、どんなバージョンにも必ず組み込まれるモノマネが「試合の土壇場で野球中継が総合テレビから教育テレビに切り替わる場面」です。鉄板ネタ。

このモノマネを活かした横浜スタジアムでの長すぎる始球式も超有名です。乙坂はいなくなったけど今年も見られるのかな。

松坂も球界の宝ですから西武ドームだけじゃなく、ハマスタに出張して始球式くらいやってもいいと思いますよ。慎吾ちゃんとの共演はNGでしょうけど。笑

以上、カープファンによる横浜高校の話でした。

オープン戦で淺間と万波にちょろっと打たれただけで、私の話はここまで膨らむのです。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-赤辞苑