Aジグザグにこだわる

2018年12月6日

A.ジグザグにこだわる

一理も二理もあるんですよ、ジグザグ打線には。
特に対左投手に効果が高いですね。

パリーグにはH嘉弥真、F宮西、M松永などめんどくさいリリーフが多い。
セリーグではBエスコバーくらいか。
Cフランスアは味方だし、D岩瀬とG山口鉄は引退しましたし。
あたしゃT岩崎、D岡田も好きです。


ジグザグを組むには「コンビ」を4つ作ることかなと思います。
まず最初に思いつくコンビは当然「タナキク」ですね。左右の順。
次に思いつくのは「誠也松山」です。昨年の4番5番。しかしこちらは右左の順。
ここなんですよね。丸が抜けたからガラガラポンしないといけないのは。

ジグザグにこだわらないなら
1番田中
2番菊池
3番誠也
4番松山
と打順を1個上げてもおもしろいんです。
誠也の足が使えてつながりもある。

ジグザグ打線の「3番松山4番誠也」が一番無難ですが、こうなると「松山の足」が気になる。
3番打者の足が遅いってことです。

ここでまた質問です。

3番打者の足の速さにこだわるか、こだわらないか?

A.こだわる(足が速い方が良い)

B.こだわらない(遅くても気にならない)

さあどっち?
上のAかBかどちらかをクリックしてください。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-未分類

Copyright© カープファンの構想と妄想 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.