パスボールとファールフライとマツダスタジアム

2022.3.29(火)

広島 3x-2 阪神 マツダ

もう少し点が取れると思ったんですが、不細工な逆転サヨナラ勝利でした。

苦戦の原因は會澤翼です。全打者にボール球から入ってテンポが悪すぎる。もう残り140試合全部坂倉でいいんじゃないか。捕手としてのケタが違いすぎます。

晒したくはないのですが、アツは3試合にスタメンして3試合連続パスボールです。公式戦での許盗塁はまだ1個ですがシート打撃、練習試合、オープン戦からアツの盗塁阻止率は0%です。坂倉も低いけど。


 

パスボール

アツはカープの選手会長を卒業し、今やNPBの選手会長です。大事な功労者でNPBのリーダー。

だが正捕手アツは正直ウンザリです。會澤ファンの方、ごめんなさいね。キャッチャー坂倉を見ちゃうと昭和のリードには戻れないのですよ。

横浜での遠藤-坂倉、塹江-坂倉、中﨑-坂倉を見ました? 炎のリードとあうんの呼吸。

時代はもう移り変わったんだなと思わざるを得ないのです。

プロ通算2勝目を挙げた矢崎拓也。彼、昨日2回から9回まで毎回肩を作ってました。こういう泥臭い仕事こそ矢崎にピッタリだと思ってました。負け試合を勝ち試合に変える敗戦処理が矢崎拓也の職場です。

その矢崎の足を引っ張るアツの3試合連続パスボール。私はこれにちょっと我慢ならないのです。

九里に対してもボール球ばかり要求して九里の1勝を消しました。マクブルームが加わったことで坂倉を休養させるかと思いましたが、アツを控えに回すことで万事解決です。

アツは抑え捕手でもいいし、代打の切り札でもよい。佐々岡が今すぐ決断できるとは思わないが、2022年は正捕手が切り替わるシーズンと見て間違いないでしょう。

 

ファールボール

そんなアツですが、矢崎が佐藤輝明に粘られている時、阪神のベンチに飛び込みそうなほどファールフライを最後まで追いかけました。実はこのシーン、横浜スタジアムでも再三見られた光景でした。

開幕戦のハマスタは3日とも春の嵐みたいな強風でした。んでサードの坂倉が3塁ファールフライを猛然と追いかけます。

私は

「おいおい、完全にスタンドだよ。危ないからそれ以上追うな!」

と何度も思いました。

すると坂倉を追い越し、今度はショート小園が出てきます。

「だから危ねえ!そこは砂かぶり席だぞ!!」

と小園を見守って結局ファール。すると小園のすぐ後ろまでレフトの西川龍馬が来てました。

 

コレ、何て言うんですかね。

ピッチャーは遠藤だったかコルニエルだったか覚えてないんですが、バック全員がね、必死こいて最後まで打球を追うんですよね。なんだか「チーム」とか「家族」とかを感じますね。

昨日もアツは矢崎のファールフライを危ないところまで追いかけました。もちろん坂倉もすぐ横まで来てました。あと20cmで届きませんでしたが、家族を感じました。

例のパスボールはこの直後です。ズッコケました。笑

 

マツダスタジアム

さて開幕前から大注目していたマツダスタジアム初戦。

お客さんは超満員かと思いきや観客28,000人でした。プレーボール直後には空席もたくさんありました。

昨日は寒かったし、年度末で忙しいし、33,000分の28,000人という数字は妥当かもしれないです。

ただ以前も言いましたが、マツダのファンは野球のツボをよく知ってます。

 

黒原がスリーボールになった時、松竜がファールで粘られている時、上本がファールで粘っている時、暖かい拍手が次々とわき起こりました。

タイミングも素晴らしい。例えば黒原が3球続けてボールが抜けた時、内野手がマウンドに声かけに行くようなタイミングで28,000人が優しく拍手してくれます。これ昨日だけじゃなくていつもなんです。

拍手は一人では出来ません。広島のファンは本当に野球のツボをよく知ってる。拍手をしているのが男性なのか女性なのか一切わかりませんが、私はマツダの拍手に女性的な印象を持ってます。それこそ母性愛で家族的な愛情。岩崎宏美、マドンナたちのララバイです。←古い

逆転サヨナラタイムリーの西川龍馬がヒーローインタビューしてる時、酔っ払ったおっさんがしきりに「りょーまー、りょーまー!」と叫んでました。カワイイけどほどほどに。

 

本日のゲームプラン

阪神には気の毒ですが今日も勝ちに行きます。とどめを刺します。

九里がアツと組んだので、今日は床田と坂倉で行きましょう。現実はアツだと思いますが、マクブルームとアツの併用にはいろいろシワが寄ります

ライト西川龍馬は実は昨日が初めてではありませんが、昨日は1塁走者マルテに2塁までタッチアップされました。昨年もライト龍馬はソフトバンクのデスパイネにホームまで走られています。やはり龍馬はレフトで使いたい。マクも肩は弱そうでした。

サードに坂倉が入るから、レフトマク、センター上本、ライト西川の弱肩外野陣となります。

実はカープはキャッチャーの肩も弱い。アツも弱いし坂倉も弱い。坂倉はイニング間のボール回しでもサードからファーストまでワンバン送球してました。痛いのか?

 

マクブルームに1安打出ましたが、まだ4番には早すぎます。いずれは松山をベンチに置いて、1塁マクブルームと行きたいところですがね。

よって本日もキャッチャー會澤、ライト龍馬となると思われます。

 

阪神はケラーをどうするか?

登録抹消もあり得るけど、ケラーのボールはけっこうよかったです。ウイニングショットがないだけでまとまってる投手ですよ。敗戦処理で矢崎的な使い方をすればケラーは光り輝けると思います。こないだ言ったばかりですが1点リードの9回をゼロで抑えるのって特別な仕事でかなりハードです。栗林でも難しい。

ケラーの後に出てきて龍馬にサヨナラタイムリー打たれた子も非常に良い。クローザー起用に大賛成です。私はオープン戦の時から言ってます。

 

阪神はリリーフが弱いです。スアレスがいたって弱いです。

阪神の先発が6イニングで下りるとカープは7~9回で一勝負できます。逆転できるという意味です。

だから伊藤君を6回で降ろしたい。

昨日、カープは6回表に8番の坂本誠志郎を申告敬遠しました。

私は「アホか、代打が出てくる!坂本で勝負しろ!」と叫びましたが、矢野は西をそのまま送りました。私はここが勝負どころだと思いましたが、矢野はダメ押し点を放棄して、球数90球の西で1点を守ろうとしました。んでリリーフが決壊。昨日教えてあげただろ、矢野。

 

今日も伊藤将司に代打を出させる展開を作りたい。

具体的に言うと先取点です。開幕4連勝のうち3試合でカープは先制できています。

先取点を床田が守っていれば、6回か7回に投手の打順で伊藤はグッバイせざるを得ません。

そうするとあとはヘボいリリーフを打って島内→栗林です。

昨日10点取ると言って3点だったので、今日は謙虚に3対0くらいで勝ちましょうか。

4番佐藤輝明で打線が切れるので阪神は非常にラクな相手です。大山が4番で佐藤が7番だとイヤなチームです。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感