佐々岡野球は先発投手を引っ張るのです

2022.4.1(金)

中日 3-2 広島 ナゴド

これぞエース対決・・・と言いたいところですが、大野も大瀬良も本調子の5割くらいの出来だったんじゃないでしょうか。

二人とも球威制球が甘かった。しかしそれでも大野が8回2失点。大瀬良が8回3失点。顔と意地で試合を作りました。

大瀬良を7回で代えて8回島内、9回栗林なら逃げ切れていたでしょうね。でも佐々岡はあえてそれをしないのですよ。佐々岡嫌いの私ですが、この1点だけは佐々岡と心が通じ合っています。中6日の3億円プレーヤーが7回100球では冗談じゃありません。9回135球は投げてもらいたい。毎週ですよ。


 

中日はこうすれば勝てる

中日は強いです。守りが固いから。

高橋周平のいない今、内野守備力がちょっと落ちるかなと思いきや、石川昂弥のサードが案外上手い。まだ1試合見ただけだけど。セカンド阿部も変わらず堅実。

ショート京田は昨日ちょっと雑でした。坂倉の「投ゴロ→大野2塁へ悪送球」はせめて一つはアウトにしてあげないと。確かに逆を突かれた形ですが、京田なら1個はアウトにできたと思います。ゲッツーを焦る気持ちもわかるけど、若手じゃないんだからもう少し頭使ってプレーしてほしいです。準備と想定をしていない。「ボールはここに来るもの」と決め付けた幼いプレーでした。おかげでカープの2得点に繋がりました。

 

新人鵜飼君は8回裏に同点タイムリー。初のお立ち台では張り切りすぎて羽月隆太郎みたいでした。レオ=ゴメスみたいなバッティングの割にアホっぽいキャラ。女性にモテると思います。ギャップってやつです。

 

立浪和義は案外マジメに監督やってますね。理論派かと思ったらかなり情熱派。試合中「まばたき」をあんまりしないんですよ。だから迫力があるし、嬉しい時に泣いているように見えます。単に乾いて目が赤いだけなんですけどね。

中日もリードされてるのに大野雄大を8回表まで引っ張りました。セリーグの監督として大正解です。巨人・原辰徳は先発を早い回で降ろして毎週マシンガン継投です。とても幼い野球です。テレビゲーム感覚。DH制度のある国へ引っ越せばいいと思います。

 

中日が一気に強くなる短期的なプランはビシエドをスタメンから外すことです。

カープ戦の前から思ってました。ビシエドが調子悪いなあ・・・って。

試合後に立浪監督がビシエドのことを聞かれて、「うちの四番は彼しかいない」と言いました。その通りです。彼しかいない。

だけどそこに落とし穴がある。取っ払えない常識の壁、バカの壁。

私は昨年の前半、鈴木誠也が絶不調の時、「誠也を外せ」と言いました。

いないと思って戦えばなんとかなるものです。

「主砲やエースは不調でも試合に出続けるもの」も一理あります。だがカープは田中広輔や衣笠祥雄で散々苦しみました。

本来のビシエドは大瀬良の真ん中高めに来るカットボールが大好物です。それをチャンスで2打席連続ポップフライ。そりゃあベンチで暴れますよ。紳士ビシエドでも。

私が監督ならビシエドをスタメンから外します。代打待機。4番はマスター阿部。

1塁は知らん。石垣でいいんじゃない?

 

カープはまずまず

カープはもったいない試合を落としましたが、継投に入れば島内と栗林が連投になります。近年のカープは金曜日がほとんど移動日ゲームで土曜日がほとんどデーゲームです。

つまり金曜日はなるべくリリーフ投手を使いたくないわけです。

 

想像してくださいよ。

木曜日20時からカープは1点差を守るため、塹江、島内、中﨑、栗林が登板。21時に試合終了。

彼らは23時か24時に帰宅して奥さんとイチャイチャする間もなく就寝。

金曜日は9時か10時の新幹線で名古屋入り。14時にユニフォームで試合前練習。

18時プレーボールで20時には肩を作ります。21時に試合終了。コロナ禍で出歩くことも許されず、23時にホテルで就寝。

土曜日は9時にグラウンド入り。10時にユニフォームで試合前練習。14時プレーボール。

 

リリーフ投手がマツダのナイターで3連投するだけでも負担が大きいのに、金曜日を跨ぐ連投はさらに厳しいのです。

だから大瀬良は意地の続投。抑えてほしかったね、開幕投手なら。

私は開幕投手を森下で行けと考えていましたが、大瀬良と決めた佐々岡監督。だから金曜日に大瀬良を引っ張る作戦は正しいし、今後も毎週続きます。続けないといけないです。カープの開幕投手は毎週8~9イニング投げないといけないの。

そのためにキャッチャーの仕事も重要です。アツが序盤からカットボールを多用したから8回に掴まりました。フォークは昨日少なめでした。使い物にならないのでしょうか。苦し紛れにチェンジアップ投げたりしてましたが、そういう「小手先ピッチング」に逃げちゃダメだと思います。やはり正捕手は坂倉将吾であるべきです。

 

攻撃では野間がブレーキでしたね。良いとこナシ。守備でも足を引っ張りました。動きがまだ鈍いですね。私のイチオシなんですが、やはりどこかコンディション不良の様子。野手キャプテンですが一軍では使いどころが難しいですね。

9回表無死1塁。その野間に代打松山。その初球に代走曽根がスタート。カンペキな2盗。福地寿樹かと思いました。野間にはもう代走の仕事も残っていません。がけっぷち・・・

 

チーム全体としてはまずまずでした。

顔とストレートでゴリゴリ押してくる大野雄大。

カープも6連勝で気が緩んだわけではないでしょうが、地元でゼロ勝のドラゴンズの意地がカープの精神を上回ったという感じでしょうか。球場はスッカスカですが、選手たちは燃えていた。いいチームを作ったよ立浪も。カープとの差は新外国人がいるかいないか、だけでしょうね。

 

本日のゲームプラン。

今日は笠原vs森下。また投手戦でしょう。カープは笠原が苦手なんですよ。

笠原に好投されればカープは苦しい。勝っても負けても2対1とかになるでしょう。

森下は大丈夫だろう。先週も本来の球威でしたし。ヘタすりゃ完封も狙えそう。

やはり先に点を取りたいですね。1回表は1番からなのでここでなんとか1死2塁か1死1塁を作りたい。昨日はキクと龍馬がノーヒットで苦しんだのです。

上本崇司は大野と柳に手こずりますが、笠原は打てるでしょう。また西川龍馬に打点が付く展開もあり得ます。

順当に行けば3対0かそれ以上の大差で勝てます。

笠原が打てなければエラーした方が負けるという展開になると思います。

ライデル=マルティネスは完全におかしいですね。150kmしか出てません。10km遅い。中日のダイフクマルはみな不調です。ここもつけ込むところですね。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感