佐々木朗希の攻略法。新庄は知ってると思います。

2022.4.16(土)

広島 3-2 中日 マツダ

まじで中日めんどくさい。強くてしぶとい。

カープは1点リードしてるので、小刻み継投で完封して逃げ切れるのは理解可能。

だが中日は1点ビハインド。ここで出てくる投手が全員零封。なんでやねん。藤嶋、田嶋、福、祖父江からカープはダメ押し点が取れない。辛くてしんどい。お前ら、全員勝ちパターンやんか。

8回裏。ついに高橋昂也の親友・清水達也君が出てきて「しめた、ダメ押しのチャンスだ」と思えば、しみたつ君が今日のピッチャーの中で一番良かった。だからなんでやねん。どうなってんねん。

だから言っただろ。こういうチームが強いんだって。


 

 立浪監督の長所と短所

そもそも先発の岡野君がとても良かったです。1巡目はフォーク主体でカープ打線を寄せ付けませんでした。フォークも120kmと110kmの2種類ある感じでした。

2巡目に入るとカーブとストレートに切り替えましたが、こちらはヘボかった。カープ一挙3点。キクの打球が岡野の足に当たりましたが、大した影響はなかったと思います。カーブがヘボかったんですよ。

立浪監督は3回裏の2対3、1死23塁の場面で早くも岡野を交代。藤嶋を投入しました。

あたしゃイヤな予感がしたんですよねえ。藤嶋はアツと上本を切り1死23塁をゼロで切り抜けます。6回裏にもマクブルームのダメ押しタイムリーかという打球をセカンド阿部が好捕。ますます嫌な流れになっていきました・・・

立浪監督は代打策も継投策も非常に思い切りが良い。

短所としてはリップサービスが過ぎるかな。私は監督就任前から指摘してきましたが、ちょっとおしゃべりですね。ビシエドが当たってないとかウチに敗戦処理はいないとか余計なことは言わない方がいいと思います。

 

一方のカープも小刻み継投。事前のゲームプラン通りです。

島内vs大島を申告敬遠。塹江vs岡林で立浪は代打を出さない。結果サードゴロ。坂倉ナイスプレイ。

8回の中﨑はボールが高かったが顔でアリエルとビシエドを抑える。アツのリードは大瀬良で変化球を投げておいて、終盤のセットアッパーでストレート勝負する方針。私は反対ですけど結果は勝ちました。

9回栗林は圧巻でした。去年の栗林に戻ったんじゃないか。完全に圧倒してました。中日にファールすらさせませんでした。

栗林のガッツポーズは非常に絵になります。額縁に入れたい。男でも惚れます。残念ですが栗林は妻帯者です。

中日先発の岡野君もカーブはショボかったですが、気合いは良かった。先発よりリリーフがおもしろいと思います。

 

完全試合の佐々木朗希

ハイ、カープ終わり。巨人も無視。

今日は新庄剛志vs佐々木朗希の話をします。

1週間前に世界を震撼させた完全試合。佐々木朗希と松川虎生の二人合わせて38歳コンビ。

私と新庄は一人で50。二人合わせりゃ100歳コンビです。その両雄が本日デーゲームで対戦します。

会場は前回と同じZOZOマリン。強風がフォークのキレを増すんだそうです。

日本ハムの先発はエース上沢直之。ハムとしては投手戦に持ち込みたいでしょう。

 

パリーグは去年から投高打低でありまして、ここまでパリーグトップのチーム打率はなんと日本ハムの.229です。ロッテは3位で.225。カープは.260。

パリーグの野球は「ストレートvsフルスイングの真っ向勝負」というイメージでしたが、佐々木朗希君はフォークフォークで追い込んでフォークで仕留めるピッチング。完全試合を喰らったオリックスは代打の1人を除く26打者全員がストレートタイミングでフォークを空振ってました。

落合博満は4月4日に「オレなら全打席ストレートを狙う」と言ってました。サンスポ

なら落合博満も朗希&松川にパーフェクトを喰らうでしょう。ダメなのよ、それじゃ。

 

佐々木朗希攻略法

私と新庄は違います。朗希からヒットを打とうと思いません。

まず守りを固めます。エース上沢ですから、そこは申し分ないですね。

新庄は守備重視のスタメンを組みます。ロッテは足もあるし、内野安打も警戒しないといけない。だから今日はファースト清宮はないと思います。朗希を打てるはずないし守備も心配だからです。清宮がスタメンすればそれは育成と経験が目的でしょう。

 

まず日本ハムは守備を固めてロッテに簡単に先制されないこと。先制されても昨日の中日のように粘って行くこと。

走者なんか出なくても大丈夫。こちらがゼロなら100%負けません。ハムはその自信を持って戦うこと。完全試合なんか喰らっても平気です。試合に負けない方法はあるのです。

 

完全試合のダイジェストを見ると、朗希君の勝負球はほとんどフォークです。オリックスは全部これを空振ってる。

私ならハム打線に「フォークを狙え」と指示します。誰かがあれを打つと38歳コンビは苦しくなるからです。

 

私は朗希君はまだコントロールに難があると思ってます。

カウント球としてカーブとスライダーもあるらしいが、まあたぶんションベンカーブでしょう。それでカウントをズバズバ稼げるとは思えない。

朗希君はやっぱり160kmのストレートと150kmのフォークなんですよ。プロのバッターにどっちが打ちやすいと聞けばきっと160kmストレートなのでしょう。でも150kmのフォークを消さないと、また完封されますよ。

新庄は「全員でセーフティバントする」と言ってますけど、試合の序盤はフォーク狙いで行くといいと思います。打てなくてもタイミングをフォークに合わせているだけで、若いバッテリーは投げるボールに困るでしょう。松川君はそれでも強気にフォークを要求しそうですが、朗希君は細かいコントロールが乱れて四球と暴投が増えるような気がします。

 

結論

本日のゲームプラン。

ロッテは正攻法で来るでしょう。

ハムはフォーク狙いで行ってほしい。んで別に振らなくてもいいと思います。フォークのタイミングで打ちに行く。松川君が考えすぎたり、朗希君が焦ったりするとラッキーかなと。

朗希君と真っ向勝負してもいいですが、クリーンヒット打つのは非常に困難だと思います。小技で揺さぶったほうが脆いと見ます。自滅狙いです。新庄がゼロで抑えていけばロッテがエラーするし、朗希が暴投します。若いからです。

 

カープは森下。中日福谷。イケメン対決。

私は3年前のドラフトで森下より佐々木朗希に行け!と思ってました。中日の岡林も絶対カープが指名すると思ってました。

だが今では日本ナンバーワンピッチャーは森下暢仁だと思ってます。次点は由伸。

日本ハムはフォークを狙え。

広島カープは坂倉を出せ。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感