カープの新戦力も分析します。

2022.5.3(火)

広島 12-3 巨人 マツダ

今日は巨人をいじめません。私は弱いチームに勝って喜ぶサディストではございません。

今日は巨人のいいところを褒めてあげます。だから俺についてこい、若き巨人ファンたちよ。

前半は巨人の良いところ、後半はカープ新戦力の分析です。


 

巨人の良いところ

赤星君。

昨日、赤星君の弱点を公表したんですが、案の定でした。初回に一挙6失点。

ただ赤星君のいいところはここからで、2回も3回も下を向かずに最後まで投げ抜きました。

もちろん12対0となった時点でカープ打線が手を抜いていたところはあります。しかし3回12失点なのにマウンドに立ち続けた赤星の根性は素晴らしい。

原監督はマシンガン継投をしたかったに違いありませんが、6連戦の初戦からそんなことをやっていると週末はたいへんなことになります。ピッチャー増田で代走ウィーラーです。

なんとか3回を12失点で凌いだ赤星は立派です。あと最後まで帰らなかった巨人軍の私設応援団も立派だと思いました。私なら4回で帰ってます。

 

大江竜聖。

彼も立派でした。3イニングを無失点。カープ打線のやる気がなかったとはいえ、大江君のストレートには目を見張るものがありました。

彼も坂倉世代の23歳。鈴木誠也の後輩。カープにいれば今頃先発ローテで遠藤並みの活躍ができていたでしょう。だが2年前、原のオモチャにされてサイドスロー転向。スライダーはションベンですがストレートはさすがにいいものを持っている。なんでリリーフさせてんのかね。

以上、巨人の良いところの全てでした。他に何かある?

 

カープ新戦力

カープも通常運行で特にいいところは少ないです。

昨日のヒーローはケンティーと矢野。おめでとう。

ケンティーは第1打席でいきなりタイムリー。良かったねえ、巨人バッテリーがアホでねえ。2塁へ走ったのは好走塁でなく暴走です。だが私は容認します。暴走すればエラーが起きる。それが野球です。

昨日巨人が5失策したのは天然芝のせいだけはなく、カープが常に全力疾走していたからです。基本中の基本です。走れば相手がミスするのが野球です。坂倉の三ゴロはヒットにしていただきたい。

 

矢野は守備が良い。センター前タイムリーも立派ですが、昨日はサードゴロ5つを危なげなく全部アウトにしました。難しい打球も3つくらいありましたよ。

矢野は二軍でもあまりサードを守っていませんが、よく足が動いていて野球センスの高さを感じましたし、ヒーローインタビューでもガッツを感じました。調子に乗りやすいケンティーと闘志を内に秘める矢野。二人は一軍に必要な戦力になりました。

 

他にも昨日はカープの新戦力が躍動しました。

韮澤雄也がキクの休養のため急遽一軍登録。んでまさかのプロ初打席が巡ってきました。

私、ずっとニラは一軍で.250打てると感じています。昨日もストライクが来ればいい当たりを打てたと思います。だがストライクは来なかった。プロ初打席は代打で四球。

ニラのこの四球はたいへん立派です。10点勝ってる8回でプロ初打席。普通は打ちたくなるものですが、フォアザチームでしっかり見た。私と東出はニラのこういう姿を高く評価します。個を捨ててしっかりボール球を見逃す姿勢。20歳で普通できないです。またカープは性格のいい子を獲りました。

 

新戦力の最後はニック=ターリー。

彼はダメですね。一軍では通用しません。

悪いところはたくさんありますが、一番悪いのは守備の意識がゼロなこと

最初のバッターがファーストゴロを打ったのですが、ターリーはベースカバーに走りませんでした。

ターリーは投げ終わった後、体が3塁側に流れるタイプ。だからまあ1度くらいならこういうこともあるかなと思っていたら、次の打者にライト前ヒットを打たれた時もベースカバーに走りませんでした。

おっちゃんはこういうとこを見ています。巨人の赤星がエラー絡みで10点取られてるのに巨人の内野手は誰も赤星のところへ行かないとことかね。

ターリーは気持ちよく投げて守備をしないタイプ。一人で野球をするタイプで戸郷翔征タイプです。球は速かったけどカープでは成功しないタイプだと私は思います。

 

カープのレギュラーたち

床田。中5日で7回3失点。

全体的には良かったです。疲れなど微塵も感じませんでした。

ポランコとウォーカーに被弾したのは坂倉のリードでベンチの采配です。床田のせいではありません。

昨日の坂倉はポランコとウォーカーにあまりインコースを投げませんでした。なぜかと言うとインコースを打てないことが既にわかりきっているからです。

腕の伸びる場所なら長打が出る。ならどこまで当たるのかどこまで伸びるのかをチェックしてました。坂倉の頭脳ならさすがだし、ベンチの指示なら当然です。10点差ありましたから。んでポランコもウォーカーも気持ちよく外角の球に腕を伸ばしてホームラン。計算通りでした。

 

カープは今年、高級なホークアイという道具を買いました。昨日もテレビにチラッと映りました。バックスクリーンてっぺんにあるホークアイ。ポランコとウォーカー、あと岡本和真の幼稚な打撃などすぐ分析できるんじゃないですかね。

 

小園海斗。4打数3安打。

月曜日にも休日出勤したらしいです。そこで朝山東出の他に龍馬と松山も小園にアドバイスしてくれたとか。カープは暖かいチームだねえ。

でもそんなアドバイスより、昨日は赤星君だったことで小園が生きたと思います。

赤星君のようなストライクゾーンでゴロを打たせるタイプを小園は得意としています。解説のノムケンは「前の壁ができて軸足で回転できてる」と言いましたが、それはザ・結果論です。前からやってるっての。

私に言わせれば小園はまだ当て逃げ打法です。篠塚打ち。私の愛する小園の打撃ではありません。「ライトに1本引っ張ったじゃん!」と言われましても、あれは赤星君のカットボール。小園の大好物で打って当然の球でございます。大江のスライダーにはしっかり見逃し三振しています。

 

捕手坂倉。

ポランコとウォーカーに球数を使った理由は先述しました。

だが全体的にこの3試合、坂倉らしいリードが見られません。

インコースも使うには使っていますが、大半のインコースはボール要求です。

いったいどうしたのか?

この3日間で組んだ相手は森下、玉村、床田です。

今日の床田は特にボール先行を好むタイプに見えました。坂倉よりも床田を優先した配球に見えました。

まあ今日は12点差あったので通常と同じ分析はできません。床田と坂倉のコンビは新鮮でしたが、12点差の試合は計算に入れられないです。

 

本日のゲームプラン

九里vs戸郷。

私はアンダーソンだと思いましたが中5日は九里亜蓮でした。

ケンティーは今日も先発の可能性が高いと思います。キクが2番に戻るなら7番小園で8番サード上本でしょうか。

戸郷君も大江竜聖と同じく好素材だったんですが、原の促成栽培で大きく育つ前に出荷されてしまいました。もったいないねえ・・・

マクブルームも戸郷君とは3試合目です。今日は四球かホームランじゃないですかね。

九里も心配ないでしょう。今日はポランコにもウォーカーにも内角をガンガン攻めるでしょう。

マツダスタジアムのデーゲームは最高です。シカゴのリグレーフィールドに似ています。ドーム球場は哀れです。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感