2019年の鈴木誠也に期待すること

2019年カープ展望シリーズ。
第2回目は鈴木誠也。

もちろん主砲ですから期待大なんですけど、

皆さんちょっと油断していませんか?

なんか誠也のことを3割30本100打点レベルの打者だと思っていませんか???


鈴木誠也の過去成績
2015年 97試合 .275 5本  25打点(20歳)
2016年  129試合 .335  29本  95打点(21歳)
2017年  115試合 .300  26本  90打点(22歳)
2018年  124試合 .320  30本  94打点(23歳)

OPS1.000越えも当たり前になってきた鈴木誠也ではありますが、
まだ1度も143試合に出場したことがないのであります。

まあ全ては2017年の全力プレーによる骨折が原因なんですけどね。
2017年はあのケガの日まで全試合に出場していましたから。WBCの後でです。立派です。

どっからどう見てもケガに強そうな鉄人・鈴木誠也ですので、ボルトを抜いた来シーズンはたぶん140試合以上出場してくれるでしょう。
広いマツダスタジアムではありますが、全ての数字においてキャリアハイを目指してほしい。

ライバルは

<1>10年目の松井秀喜(28歳)
140試合 打率.334 50本 107打点 114四球
得点112 出塁率.461 長打率.692

<2>7年目の落合博満(32歳)
130試合 打率.367 52本 146打点 101四球
得点118 出塁率.481 長打率.763 三振40(!)

この2人。
バースは四球が少ないし、松中は本塁打が少ない。

ん?
何の話かとおっしゃる?

三冠王ですよ。三冠王。

3つ獲るんですよ。

落合が常々言ってました。
最初から3つ狙わないヤツに三冠王は獲れないって。

10年目の松井は「狙う」と言って開幕。二冠に終わりました。打率が2位。
9月までは1位だったんですよ、打率も。
福留孝介(25歳)が猛烈に追い上げてきて惜しくも三冠を逃した松井。ホント惜しかったんですよ。
しかしシーズン最終戦で五十嵐亮太(23歳)から50号を放ち大台到達。

スッキリ誠也君も狙っちゃおう。三冠王。

2018年の個人成績から一番「伸びしろ」を感じるのが床田寛樹なんですよ。
プラス143イニングとプラス10勝を期待しています。
第2位が誠也。プラス20本、プラス40打点を期待しています。
これだけ個人成績を伸ばせる野手は他にいない。
あ、いたわ。高橋大樹への期待値もプラス20本、プラス70打点でした。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5