今週のゲームプラン。小園の守備と1番打者に注目です!

ゴールデンウィークが開けました。

ここまでカープは20勝15敗で2位。1位は前年の覇者ヤクルト。20勝13敗。

まだ第1コーナーを回ったところですから今の順位など何の意味もありません。

だが佐々岡体制3年目で5月に貯金があるというのは初めての経験です。

中日とオリックスの主力選手がコロナ感染。お気の毒。

カープも去年の今頃はたいへんでした。誠也、キク、森下、小園、九里がコロナ陽性。彼ら抜きの交流戦は3勝12敗3分でした。

こういうことも起こるのでね。勝てる時にしっかり勝って貯金を貯めておきましょう。


 

今が勝てる時

先週は4勝2敗。だが相手は5位DeNAと6位巨人でした。しかもマツダでの6連戦でした。

これで4勝2敗はちょっぴり負けた気分です。DeNAは主力野手が半分いませんでした。巨人は先発投手がメルセデスしかいない。

カープはほとんどケガ人もなく、新外国人もアタリっぽい。

「今勝たないでいつ勝つの」って感じになってきてます。

 

今週のローテは「床田→九里→アンダーソン→大瀬良→森下→遠藤」です。

セリーグのオールスター級の6人。先発防御率は2.59。木曜と金曜が雨っぽい。

対する阪神ヤクルトのローテはおそらく、

「西勇→秋山→ガンケル→原樹理→高橋奎二→サイスニード」でしょう。昔のカープキラーが並んでいます。

昔の話とはいえ、今週の6人は先週戦った「赤星→戸郷→メルセデス→今永→上茶谷→東」よりかなり強敵です。二ケタ得点は望めないでしょう。投手戦を制したいですね。

 

小園海斗の守備力が凄い

投手戦を制するには守りを固めたいところ。

捕手は坂倉スタメンが増えていましたが、アツが日曜日の最終回に出てきてマスクをかぶりました。スタメン復帰も近いです。

 

1塁のマクブルームはハンドリングが柔らかいですが、私は彼のスローイングと体の伸びに不満があります。

スローイングはいいとして「体の伸び」は全然ダメ。身長が高くて手が長いからまだマシですが、股関節が固くて開かないため近本や中野に内野安打を打たれそうです。巨人戦で吉川尚輝に内野安打を1本打たれていますが、あれはマクブルームの体が伸びていなかったからです。

 

そして小園海斗の守備。

去年から安定感が出てきましたが、今年はさらに柔らかくなっています。上達してるという意味です。

守備範囲も少しずつ広くなってるように感じます。エラー数は36試合で3個。多くも少なくもありませんが、マツダでこの数字は立派です。

今年の小園はアホっぽいイージーミスが激減しています。

去年までの小園はボールに向かって最短距離を最高スピードで走ってました。いわゆる「ボールと衝突する」守備です。捕球地点まで全力ダッシュで捕りに行ってました。

それが今年はバウンドを見ながらゆっくり回り込んでショートバウンドを柔らかく捕球しています。宮本慎也井端弘和のようです。

坂本勇人はアバウトです。坂本は大股でのっそり捕球地点に向かいバウンドを合わせることなく、平気でハーフバウンドをハンドリングの巧みさで捕球します。

宮本と井端は細かいステップで捕球地点に柔らかく入って行き、一番安全なショートバウンドでショートゴロを捌きます。今の小園はこちらの型です。

難しい打球も今年は上手く捌けています。左打者の詰まった打球を前に突っ込んで捕ったり、右打者の強いゴロを下がって捕ったりするメリハリも上手い。

 

今年のキャンプでは小窪コーチの他に菊池涼介が小園や韮澤、二俣などに内野守備を指導する場面が毎日見られました。

その成果なのか、去年1年間の経験なのかわかりませんが、小園のショートはかなり良いです。

小園の中継プレーにはまだまだイラッと来る場面が多いですが、キクと小園のゲッツーは少しずつカッコ良くなってきてます。

 

カープの1番打者

先週5月7日のカープvsDeNA戦。

先発が森下と上茶谷。1対1のまま延長戦に突入。最後は西川龍馬の天才的サヨナラホームランで勝ったあの試合。

今週はああいう展開の投手戦が増えると思います。5月5日の背比べ。5月7日の我慢比べです。

小園とキクの二遊間がしっかり守って、相手に先に点を与えない展開に持ち込めばカープの先発投手に勝ち星も付きます。

 

カープが先制するには1番バッターがポイントだろうと思います。

開幕6連勝は1番龍馬が支えました。1番堂林も11試合連続ヒットを打ちました。

今週も基本線は1番レフト堂林だろうと思われます。

第2候補は上本崇司。1番ケンティーはもうやらないでしょう。

 

他に1軍メンバーで1番を打てそうなのは大盛と中村奨成。

2軍では野間峻祥がOPS1.000超の打棒を見せています。

だが、みんな外野手です。上本がサードで出ていますが、日曜日の試合で2失策しました。

みんなのポジションがかぶるので野間と奨成は出しづらい雰囲気になっています。

 

昨日の夕刊で新庄監督が野間峻祥のトレード獲得を画策中?と報じられました。ゲンダイですけどね。笑

現役ドラフトも始まるし、中村奨成や野間峻祥が今どういう気持ちでいるのか気になります。

15点差の試合で中村奨成は9回の守備に就かせてもらいました。佐々岡にも東出にも奨成を試合で使いたい気持ちが一応はあるようです。

 

とはいえ今日は西勇輝なので右の奨成が出ることは考えにくい。

明日は秋山。こちらは堂林が好相性。私はたまたま偶然だと思いますけどね。

明後日はガンケル。また右のサイドハンド。木曜の原樹理もシュートボーラー。右に強いタイプ。

今週は左打者のニーズが高そう。

奨成抹消の野間昇格はあるのか?

西勇輝に敢然と1番奨成で挑むのか?

勝てる時に勝つんなら、今日の1番は誰がいいんだろう? 難しいです。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感