雨にまつわるエトセトラ。森下暢仁vs村上宗隆も。

カープは2試合続けて雨天中止。

チームが絶好調でやりたかった。アンダーソンと大瀬良の登板が流れて残念。相手の調子も悪かった。

だが屋外球場を本拠地に持つ球団にとって雨天中止は宿命。青空と芝生の上で野球をしたければ、雨天中止も受け容れる他ありません。

大瀬良大地が昨日、月間MVP獲得と第1子誕生を同時発表。よかったじゃん、大瀬良。先発が流れたおかげで早く家に帰れました。大瀬良にとっては最高のお天気でした。


 

雨にまつわるエトセトラ

「お天気が悪い」ってのは都会の便利さを享受している人間のセリフでありまして、農業に携わる方や我々の命を支えてくれている山の緑たちにとって雨は「恵みの雨」でしかありません。

毎日晴れだと飲み水が枯れて、お野菜の値段も高騰します。雨は必要なものなのです。雨が降ったら「ありがたいねえ」って感謝するくらいの気持ちでいましょう。

 

「五月雨」という言葉がありますね。さみだれと読みます。

これは「5月の雨」という意味ではありません。「6~7月の梅雨の雨」という意味です。これ実話。

五月は旧暦の五月であって、旧暦の五月は新暦の6~7月にあたります。だから五月雨=梅雨の雨。

「さみだれ式」は梅雨のように間断なく延々と続く様子を指す言葉です。

 

PUFFYでも歌うか。

近頃、私たちはいい感じ。

先発6本柱が完成して、カープがこの先どう戦うのか気にしていたら、高橋建コーチは

「しばらく8回の男は日替わり。競争」

と発言しました。スポニチ

私もそれでいいと思います。日替わりと言った意味は「相手打線との相性を見極めて」という意味でしょう。8回に限らず7回の投手も日変わると思います。いいと思います。

素人さんが「カープの8回の失点が今季30点で最多だw」って言いますけど、それはある試合で1イニング9失点しただけの話。8回21失点なら割とオーソドックスな数字です。だからデータってアホすぎて相手していられないのです。

 

続きまして8回のリリーフと同じくらい鍵を握るのが1番打者です。

私は今週初めに

「今週のキーマンはショート小園と1番打者だ」

と発言しました。関連記事

東出輝裕は昨日の原樹理に対して大盛穂を1番起用する予定だったと明かしました。スポニチ

カープは2~5番がしっかり固定されており、相性や調子によって1番打者を競争させる方針。

こちらも素晴らしいと思います。今は堂林がトップランナーで2位グループがケンティーと大盛。二軍の野間と宇草も候補ですし、ダークホースに安部友裕。1番サード安部はおもしろいと思います。

 

悪いわね、ありがとね。

まだまだここからがいいところです。

 

森下暢仁vs村上宗隆

結局大瀬良は来週の金曜日に中2週間で先発します。その間ゆっくり休んで息子さんとイチャイチャできます。

日曜日は予定通りアンダーソン

そして本日の先発は森下暢仁vs原樹理です。

へえ。高橋奎二をスライドさせてまで原樹理をスライド先発させるんだね。

原樹理の信頼は厚いんだね。日曜のサイスニードを信頼できないなら、原樹理が日曜に回れば済む話ですからね。それとも日曜日はもともと高橋奎二の予定だったのかな?

とにかくこれで大盛穂にチャンスが残りました

昨日、日本ハムの新庄監督がいいこと言ってたんですよ。

「短いパットは一生入らない」スポニチ

ゴルフのパットで短いパットは一生入らない。

野球のバットも振らないと一生当たらない。そういう意味でしょう。

大盛がオープン戦で見せてた謎の長打力を今日あたり発揮してほしいですね。

 

とはいえ原樹理には前回8回2失点の投球を許しています。

先発森下とキャチャーの頑張りが基本線でしょう。私は今日のスタメンマスクは坂倉だと思います。センター大盛、ライト堂林。サード上本。キャッチャーがアツの場合は上本がベンチ。

 

ヤクルトの誰が当たってるのかはまったく知りません。

山田は侮れないが、村上宗隆は問題ないでしょう。

巨人のヘボいピッチャーから満塁ホームラン打って数字を稼いでいるだけ。中身のないデータです。

坂倉と森下は一去年からずっと村上のインコース高めにストレートを投げ続けています。だけど村上がそれを打ったことは一度もありません。

村上が森下のインハイを打ったことは

一度もありませんよ!

 

そういうことにしておけば、これから先もいい感じです。

本当に実話です。村上は3年間で森下のインハイを打ったことは一度もありません。

まあ村上でなくても、みんな打てないんだけどさ。笑

村上はバットが下から出てきます。その打ち方のおかげで村上はアウトコースをレフトスタンドに放り込めます。インコースの打ち方も同じです。稀にインローはバット軌道がボールに合うこともありますが、インハイに下からバットを出せば高確率で空振りします。当たってもファール。もし真芯で捉えたら100%ファールです。

インハイを引っ張るにはバットをかぶせて上から叩かないといけませんが、村上はそれを2年間ずっとできていません。たぶん練習もしていないのでしょう。インハイを捨てているのか、アウトコースと同じようにセンターから左へ打とうとしているのか。

 

とにかく森下と坂倉は今日も村上のインハイを攻め続けます。

村上もそのことをよく知っています。

そして坂倉も村上が知ってることを知っています。

そういう状況での今日の森下vs村上。今日もまた圧勝しますけど、まあ見ていて下さい。

それで~は~、さよなら~♪

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感