伸びしろの8回!

2022.5.15(日)

広島 5-5 ヤクルト マツダ

gonさん、こんにちは。暖かいコメントありがとうございます。

「魔の8回」じゃなくて「伸びしろの8回」ですか。

いいですねえ。とっても素敵です。

完全におっしゃる通りですね。カープファンならこうでないといけません。


 

育成のカープ

カープは育てて勝つチームです。

8回の男も育てないといけません。

昨日は6回表にアンダーソンがノックアウトされると、そこから

6回塹江→7回矢崎→8回ケムナ→9回栗林→10回森浦→11回薮田→12回ターリーでヤクルト打線をシャットアウトしました。

カープファンのみなさまにとって、栗林と森浦のイニング以外は

サプライズ登板の連続

だったのではないでしょうか。

 

同点に追いついた直後の7回矢崎、11回表の薮田、12回表のターリー。

軽くビックリしませんでした?

私は7回矢崎と11回の薮田は「うむ。当然だ」と思いました。12回のターリーにはとてもビックリしましたが。笑

 

私のプランでは9回10回が栗林のイニング跨ぎ。11回島内、12回森浦でした。

佐々岡は栗林を9回で引っ込めて、10回森浦、11回薮田を出しました。

正直、私には薮田を延長戦に登板させる勇気はありませんでした。理由は失点する可能性が高いからです。

だが佐々岡は栗林のイニング跨ぎを避けて、薮田を登板させました。ここは意見の別れるところですね。

【意見A】勝負勘のない監督だな

【意見B】新戦力にチャンスを与えているな

 

試合展開

前日接戦を逆転負けしているので、私の中で昨日の試合はけっこう必勝体制でした。

アンダーソンvs石川でしたしね。序盤で得点して悠々と逃げ切りたかったです。

ところがアンダーソンが意外な乱調で、立ち上がりに伏兵・村上宗隆に一発を打たれる。

42歳の石川雅規はまーた牽制使ったりクイック使ったりで、小園や堂林を手玉に取る。

イヤな流れで0対2。試合は膠着状態に入ります。

 

石川は5回になると肩で息をし始めました。

交代されるとイヤだなと思ってましたが、高津は石川に情けをかけ5回裏も続投。勝利投手の権利ってやつですね。高津はチームの勝利ではなく個人記録に走りましたね。キラーン

ホームテレビのアナウンサーが嬉しげに「石川雅規はカープに5年間勝っていません!」を繰り返していましたが、私のイメージではけっこう石川に苦しめられてる印象です。3回50球とか4回60球までならけっこう苦しめられてます。石川雅規はよく頑張ってますよ。

 

巨人は毎週日曜日になると先発投手を早いイニングで降板させて、リリーフ投手を6人も7人も使います。

原と桑田は明日が月曜日だからそういう継投をするのでしょう。コイツらいっぺん奇跡の連打で同点に追いついて延長戦に入ってもらいたいな。どういう試合になるのかな。笑

 

高津が明らかに疲れてる石川を引っ張った理由はいくつも考えられますが、そこは省略します。

事実としてはケンティーのプロ初HRとキクのタイムリーでカープ3得点。3対2。逆転成功。

 

粘投していたアンダーソンですが、6回表にヤクルトの連打を浴びて3失点。

ヤクルトの下位打線は徹底して反対方向にゴロを転がしてきます。カープが1個アウトを取る間にヤクルトの走者は必ず1個進塁します。ウゼえ。村上はスカタンですがヤクルトの下位打線は粘っこいです。

 

8番キャッチャー内山壮真君。19歳。石川星稜高校出身で奥川、山瀬と一緒に甲子園準優勝。内山君はこの時2年生でショートを守っていました。

この子がプロに入って捕手にコンバート。当然、時間がかかるだろうと思っていたのですが、今季ここまで早くも11試合にスタメン出場。ヤクルトには日本シリーズMVPのムーチョと私が押してる古賀雄大(23)をもいる中でです。

内山君の打率は1割台でデータ的には全然大したことないのですが、キャッチングがなかなかしっかりしていて配球も悪くありません。ベテランの石川雅規と組み、延長戦になってもムーチョや古賀に代わることなく、最後までマスクをかぶりストライク先行でカープを苦しめました。

この子のリードも令和的ですね。坂倉タイプです。延長戦でワンバウンドをバシバシ止めてました。1個でもそらしてくれてたらカープはサヨナラ勝ちできてました。内山君は1球もそらしませんでした。

 

伸びしろの8回

カープ打線は6回裏にも反撃します。

スタメン磯村に代打松山を送って同点タイムリーツーベース。1塁走者坂倉も激走。

ただしいくら松山でもあれは3塁へ行けたと思います。ふざけてんじゃねえぞ。

1塁走者坂倉はギリギリのタイミングでホームイン。松山が3塁を狙ってアウトになれば坂倉は確実にホームインです。松山は2塁で止まり、ボサッとホームクロスプレーを見ていました。

 

ここで勝ち越し走者の松山に代走田中。

9番塹江への代打は會澤翼。

私はアツを代打に出すなら、サードを守れる田中を出すのは筋違いだと思いました。奨成か大盛でいいじゃんと。

代打アツはセンターフライ。

ここで佐々岡はアツを引っ込めて、坂倉にマスクをかぶらせます。サードに田中。

「そっちで来たか・・・驚愕・・・」

これでカープのベンチには捕手が中村奨成一人しかいなくなりました。坂倉がケガしたらどうすんねん・・・

 

んでここからが例の矢崎以下の継投です。ヤクルトを完封。

引っ張ったのはキャッチャー坂倉です。坂倉は山田にも村上にもミットを真ん中に構えました。

坂倉がなぜこんな大胆なリードをできるかと言うと一発打たれても1点だからです。ヤクルトは先攻。1点あげてもオッケーなのです。四球が最悪。球数も増えるし2~3失点に繋がります。

 

7回表、矢崎&坂倉は山田哲人に対し、カウント3-1から真ん中ストレートを2球続けました。さすがです。ソロホームランを打たれることを怖がっていません。

村上は泳がせてセンターフライ。

5番の宮本君は痛烈なピッチャー返し。だが小園海斗が超絶美技でスリーアウトチェンジ。

な、ストライク投げたら味方が守ってくれるでしょうが。

私には小園海斗が菊池涼介に見えました。キク2号が爆誕です。いつもムスッとしている矢崎もさすがに笑顔で小園に最敬礼!してました。

伸びてるぜ、7回の男が・・・

 

8回表のケムナ誠は三者凡退。

9回表の栗林良吏も三者凡退。

10回の森浦は先頭山田に四球。ナイスボールですよ。審判がちょっと辛かった。村上はまた腰砕け。

11回は薮田。ちょっと球場がどよめきましたが、この時点で残ってる投手は薮田、島内、ターリーです。7番からの11回に薮田。1番からの12回に島内というのは当然のプランでしょう。

薮田も四球を出しますが、やっぱり審判が辛いです。ど真ん中のカーブもボール宣告。

2人走者を出してカープキラーの山崎。またも痛烈なピッチャー返し。ヤクルト打線のこの攻撃、ホンマにイヤ。

私は「小園!」と叫びましたが、その前に薮田がナイスキャッチ。そうなんです。ピッチャーも9番目の野手なんです。これも超絶美技でした。守り勝つ野球です。

 

んでいよいよ伸びしろの12回。

島内vs山田村上か・・・

と思ったらまさかのニック=ターリー。私は負けを覚悟しました。だってストライク入んないんだもん。笑

山田にも2-0。村上にも2-0。

ふう・・・1点や2点で済めばいいな・・・

と思っていたら村上が三振ゲッツー。ほんまアホで助かりますわ。笑

実はターリーは前回、前々回よりまっすぐがキレていました。その分村上を押し込めました。

代打塩見も三振。体調不良で塩見は守備に就きませんでした。

 

田中広輔

延長12回裏。

小園がクリーンヒット。ケンティーはラッキーヒット。

ここで田中広輔。前の2打席はいずれもチャンスでボール球を振って空振り三振。

だがここでも審判にボールくさいのをストライクと言われてねえ、広輔のストライクゾーンは微妙に狂っていたんですよ。

マクガフに三振。田中広輔チャンスで3打席連続三振。SNSがちょっと炎上。

しゃあないでしょう。こんな日もある。広輔は当たってないわけではありません。次は打ちますよ。

 

12回裏2死12塁。

ここで9番ターリーに代打・中村奨成。ベンチには末包も残ってるんですが、失投を投げないマクガフに対しては中村奨成の方が高確率でしょう。

その奨成はインハイのツーシームを強振!

バットへし折られてサードフライ。試合終了。4時間の死闘は5対5の引き分けでした。

 

ヤクルトは強いね。

村上なんか飾りです。守備と走塁、ストライク先行の投手力が良い。

カープも見習いましょう。火曜日からは巨人戦です。一気に3タテ狙わず謙虚に一つ一つ取りに行きましょう。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感