油断と欺瞞

2022.5.19(木)

巨人 2-1 広島 東京D

マスコミはウソをついています。本当はカープが巨人を3タテしたのです。

貯金を3つ稼いで広島市民に還元しようとしたら、うっかり間違えて巨人の口座に振り込んだだけなのです。

それを巨人がつべこべ言って返さない。要するにゴネているのです。


 

敗因は小園と坂倉

1試合だけを見ると敗因は小園と坂倉。

小園は4タコ。坂倉は2死球。

私は小園をリードオフマンとして使いたいが、東出は3番や5番でポイントゲッターに置きたい。

東出の理想もわかるが、カープにはポイントゲッターが3人いて、1番2番の出塁率が低い。

東出の理想はおそらく小園個人の将来を考えてのこと。だが今はチームの利益を最優先してもらいたい。小園に最も多くの打席を与えたいのが私の考え。

昨日の試合の敗因は小園です。4タコでチャンスにも凡退。

菅野の球が遅くて強引に引っ張り込んでしまいました。心は熱く、頭は冷静に。大勢のフォークも上手く拾ったんですが野手の正面でした。

守備はまあ仕方ない。一旦グラブに入ったんですが、吉川の打球はタイミングが合ってない分、不規則なナックル回転がかかっていました。名手小園でも弾いてしまいました。

 

もう一つの敗因は坂倉。

九里をしっかりリードして7回2失点。

並みの捕手なら及第点ですが、坂倉がこれではダメ。

昨日はちょっと三振を取り過ぎました。10個。序盤からもっと早めに打たせていけば7回の九里はゼロで抑えられました。いくらクソせまい東京ドームとはいえ坂倉のリードは臆病でした。

今日は打撃にもダメ出しします。2死球は仕方ありませんが、大勢のフォークを2球空振ったのはいけません。大城と大勢に勇気を与えました。

坂倉がやられると相手が勢いづくので、たとえツーストライクの前でもアホな空振りは厳禁です。

 

何度も書いてますが、カープの勝敗を左右する男は坂倉と九里で、最近は小園も含めます。

カープが負ければコイツらの責任。8番矢野が3タコでもそこは問題にならないのです。

8回表、矢野に代打を出さず、そのまま打席に送った作戦は正しい。左の代打は残っていなかったし、矢野は菅野のタマを2打席見ていたので、右サイドハンドの菅野に対する代打長野や代打上本よりはスタメン矢野の方が高確率だったと思います。

 

3連戦で見れば

3連戦で見ればやはり佐々岡が巨人をなめていたことが敗因でしたかね。

初戦の遠藤続投。

栗林がコンディション不良だったと言いましたが、あれも佐々岡のウソです。

たぶん目先の1勝より「遠藤完封」が先にありました。巨人の攻撃は2番からなのに。

栗林を準備させていなかったのは栗林節約のため。同点までは遠藤というプランだったのでしょう。コンディション不良と言い訳したのは佐々岡のウソです。

 

あれでカープが意気消沈したと言うより、巨人が図に乗りましたね。

これでカープに3タテはなくなった。わーい、恥をかかずに済んだと思ったことでしょう。

山崎と菅野のプレッシャーも軽くなりました。打たれても俺のせいじゃないとばかりにストライク先行できました。

 

私は1番小園で戦えと月曜日から言っています。

昨日は密かに「中村奨成を菅野にぶつけろ!」と思っていました。すると奨成は登録抹消されました。

私の考えと佐々岡、東出の考えはずいぶん違います。

 

今日は移動ゲームで苦手の中日戦。

大瀬良vs大野です。またキャッチャーがアツでサードが坂倉なのでしょう。私の考えとは違います。

もっとキャッチャー坂倉を前面に出して、ショート小園も1番打席の多い打順にどーんと置きましょう。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感