2022年の交流戦は日程に恵まれています

今日からセパ交流戦が始まります。

18試合しかないのに「ペナントレースを左右する!」だの「DHはコイツだ!」などと騒ぎがちですが、今年のカープは交流戦を特別視する必要は全くないと私は思います。

なぜかと言うと今年のチームは投手王国だからです。

いつも通り横綱相撲をやればいいと思います。大崩れすることもないですし、打線がハマれば大型連勝もできるからです。


 

サード坂倉

昨日唐突に倉コーチがまたヘンテコな構想を公表しました。

倉「坂倉将吾をサードに固定する」ニッカン

ハア・・・ため息出るわ。

3日前に私は短期的にも長期的にもキャッチャー坂倉がベストだと言ったばかりです。

 

素人の皆さんは

「イソが打って森下が抑えた!」

「アツが打ってアンディが抑えた!」

とお感じでしょうが、私の考えは違います。

私はケンティーをサードにコンバートしてでも坂倉をスタメン捕手で使えという考えです。

もうこの話はしません。既にたくさんしてきたからです。

 

とにかく5番サード坂倉は決定事項。

何やってんだよ、堂林も安部も上本も。

坂倉は掛布雅之じゃありません。古田敦也です。

 

末包昇大が登録抹消。

これもサード坂倉を受けてのもの。

末包の代わりは左打者か捕手の石原でしょう。左の代打が手薄なら昇格は宇草か安部。キャッチャー陣に代走を出したいなら石原。

 

日程の妙

私は今年の交流戦、セリーグが勝つと思ってます。

少なくともカープが最下位争いをすることは99%ないでしょう。調子最悪でも勝率5割前後はキープできると思います。

 

昨年の交流戦はコロナ禍だったので比較対象外。若手は活躍したけどね。

一昨年は交流戦がありませんでした。

2019年は移動に泣かされました。カープは木曜日に北海道で試合し、その翌日に仙台で試合をしました。んで土曜日に雨が降ったため、マツダの翌日にまた仙台に行ったりもしました。

広島→札幌、札幌→仙台、広島→仙台は飛行機が1日に2本しかありません。こんな日程での移動日ゲームなんて完全に巨人の陰謀でしょう。

 

今年も交流戦は全18試合。雨がなければ6連戦×3週間です。

日程は以下の通り。

1週目 マツダ&福岡

2週目 マツダ&マツダ

3週目 仙台&埼玉

仙台→埼玉は新幹線で3~4時間。マツダ→東京よりはるかに近いです。今年の移動ゲームは楽勝です。

贅沢を言えばパリーグ球団も移動日ナシで苦労してマツダにやって来てほしかった。

 

投高打低のパ

ロッテ戦に向けた先発予想ローテは以下。

・床田vs石川

・遠藤vs小島

・九里vs河村

3戦目の河村説人くんは私が注目している好投手です。要注意。

 

昨年からパリーグは妙に投高打低です。どこもチーム防御率が2点台で、チーム打率は.230前後。

福岡も千葉もホームランテラスを作って広い球場を箱庭化させた割に、2020年以後ホームラン数は半減しています。

45試合を消化して本塁打10本打ってるのは西武山川ただ一人。打点30も山川だけ。

 

パリーグの投手が強烈なの?

私はNOだと思います。投手力もセリーグの方が上じゃあないか。

2021年の日本シリーズではセリーグが4勝2敗と勝ち越しました。実は交流戦も49勝48敗、セが1つ勝ち越しています。

クラスター発生のカープが3勝12敗で、セリーグが勝ち越し。

今年のカープはケガ人がほぼゼロで万全の状態。もしもカープが12勝6敗で行くとしたら、セがパを大きく勝ち越すチャンスがあると思います。

 

vsロッテ

貧打と好守のパリーグにあって、その傾向が特に顕著なのがロッテではないでしょうか。

チーム打率が.215。防御率2.77。

なんかいつもヒット5~6本で2~3点しか取れないイメージ。

佐々木朗希が5勝0敗。防御率1.47。

今日先発の石川歩が3勝2敗、防御率1.97です。

 

佐々木朗希は打てない感じがしますけど、石川歩はつい「なんか打てそう」と思ってしまいます。石川の術中ですね。笑

ロッテ石川はヤクルト石川のようにゴロを打たせるタイプ。

振り回すバッターは思い通りに打たされますが、野間や西川のようなタイプはヒット打てるんじゃないですかね。

んでカープが3点取れたら、俄然優位に試合を運べると思います。

石川に打順が回れば石川は引っ込みますし、ロッテの足も使いにくくなりますからね。

 

初回先頭の野間が出塁できたら、そこで試合は決まるかもしれない。

カープも一発長打のないチームですが、送りバントと選球眼、あと高い得点圏打率で得点するチームです。

石川が立ち上がりにスキを見せてくれれば初回一気に2~3点取る確率は高い。

もし初回がゼロで終わっても、6回までに2~3点取ることはできると思います。

 

チーム防御率2点台と言っても、ロッテは結構エラーが多いです。

総失点156点はパリーグ5位。2番目に失点が多いチームです。

チーム防御率は「自責点」で計算される数字なので、守りも含めた失点率とは別ものです。ロッテの実際の失点率は3.47です。

 

ロッテは打たない。めちゃくちゃ走る。

ロッテの投手力は平均よりやや良いレベル。絶対打てない感じではありません。

守備は平均以下かも、と言うのが私の見立てです。エチェバリアとか岡とかそんな脅威に感じてません。十分2~3点は取れそうだし、2~3点あればカープは勝てると思います。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想