石原貴規のリードが洗練されている

2022.6.8(水)

楽天 1x-0 広島 宮城

シビれる投手戦でした。サヨナラを打たれた松竜には何の罪もありません。

素人の方は打たれた後で「浅村を敬遠しろよ」とか言うでしょうが、高橋建はそうするかどうかを事前に指示して、バッテリーが勝負したのですからそれは見事に結果論。負け犬の遠吠えです。


 

敗因は打線

9回をゼロに抑えて10回に失点。バッテリーに責任あるはずないでしょう。

敗因は打線です。

具体名を挙げると松山竜平です。

松山「え、オレ? オレ昨日4の2なんだけど」

松山は悪くない。6番に松山を置くから打線が繋がらないのです。

 

昔、甲子園で無敗を誇っていた神奈川の明訓高校が、岩手代表の弁慶高校に敗れるという波乱が起こりました。

この時、明訓高校の土井垣監督は相手の挑発に乗せられて本来の1番打者と4番打者を入れ替えるスタメンを組んでしまったのです。

足の遅い1番山田が敬遠されて、2番3番が連打で繋ぐんですが山田は3塁ストップ。満塁。

ここで4番に座った岩鬼が三振。5番が外野フライを打ちますが山田はタッチアップできません。

 

スタメン松山ではこれと同じことが起こるのです。

松山は走者がいる場面でこそ活きる選手。返す人なのです。長野も一緒。

松山に代走を出せないとヒット3本打ってもまだ得点にならないのです。この話は今シーズンだけで10回目。昨日もしたばかりですし、佐々岡朝山が就任以来3年間ずっと言い続けております。弁慶高校の話も3回目です。

 

1戦目はまぐれで田中将大から2点取り、3点目は相手のタイムリーエラーで取りました。

まぐれの2点は1イニングに4安打しました。こんなことは滅多にありません。

だが3点目のエラーは宇草の全力疾走が呼び込んだもの。2戦目も中村奨成の全力疾走が楽天のエラーを呼びました。

楽天は一時期チームのエラー数が少ないと息巻いておりましたが、カープ戦だけで2個のエラーを記録しています。

1イニング4安打のケースも実質セカンドゴロがライトに抜けてヒットになったもの。浅村の守備範囲が狭いのです。

 

朝山はクリーンヒットと打率にこだわりすぎなのです。野球を知らないし、相手が見えていない。ヒットでしか点が入らないと思っている。分母の少ない対戦成績とデータばかり見てるアホ野郎です。

DH松山は愚策。チームも負けると私は交流戦の前から言い続けております。

DH松山は1番山田。松山をスタメンで使うならマクブルームの代わりの4番以外ありません。

二人同時スタメンは打線が詰まる。足が遅いからです。ホームランバッターがわんさかいるなら鈍足打線でも得点できますが、カープはピストル打線。1つのアウトで次の塁を取り、1つのヒットで2つ進塁できないと1点取るのに1イニング4安打が必要です。DH松山では1イニングにヒット3~4本打たないと点にならないのです。

 

石原貴規のリード

ところで昨日は非常に嬉しい希望も発見しました。

石原貴規のリードが非常に良くなりました。洗練されてきた感じです。

先週も遠藤と組んで5回3失点したんですが、私はこの時「石原のリードは悪くない」とブログに書いています。

去年までの石原はストレートと変化球を交互に投げる傾向があり、ストレートを3球続けることはたぶんシーズンで一度もなかったと思います。

石原は森下や栗林と組むことが多かったのですが、カットを3球続けることはあってもストレートを3球続けることはたぶん一度もなかったはずです。ヒマな方は調べて下さい。

 

その石原が昨日は遠藤のストレートで楽天打線をグイグイ押し込むんですよ。私は非常に嬉しかったですね。あまりに嬉しくて1回ウラ終了時にツイッターでこうつぶやきました。

結果7回100球無失点。6回の浅村にはストレート5球続けて見逃し三振。

1戦目にアツと床田が変化球主体のピッチングだったので、二人で楽天のウラをかいたのでしょう。お見事でした。100点満点で100点あげてもいいでしょう。

 

石原はこの日、浅村栄斗をストレートでグイグイ押し込んでいました。

だから10回裏の1死2塁で建さんと倉コーチが「浅村勝負」を即断しました。マウンドに集まった時、建さんが石原に「どうする?」と聞いてる雰囲気はありませんでした。たぶんベンチの決断でしょう。石原に聞いたら何と答えるか見てみたかったです。

 

そして浅村vs松本竜也のストレート勝負。1球目空振り。2球目インハイ。3球目サヨナラタイムリーでした。

私は決して悪いリードじゃないと思います。浅村を力でねじ伏せたら松竜の自信になるし、実際1球目2球目は差し込んでいました。

3球目、浅村はワンツースリーで踏み込んできましたが、過去4打席はそれで空振りを取れていました。浅村をナメるなというご意見もわかりますが、私はストレート勝負の方が悔いは残らないです。

2塁走者が西川遥輝だったので、センター野間は超前進守備。どんなセンターでもあの打球は捕れないんですが、私には野間が最初から諦めて全力疾走してないように見えました。もちろん全力で追ったって捕れない打球ですが、諦めたようなプレーはいただけないです。キャプテンでなくても許されません。

 

本日のゲームプラン

岸vs九里。

九里の相棒は奨成か、坂倉か?

DH松山はもうやめなさい。得点圏で代打松山を出しなさい。

3番奨成が牽制死と盗塁死。1戦目では送りバント失敗。中村奨成は今シーズン1軍でも2軍でも送りバントはゼロです。昨年も1軍2軍合わせて240打席立って犠打ゼロです。

私が去年「奨成を出せ、奨成を出せ」と騒いでいた時に、奨成を1軍で使っていれば昨日の奨成は牽制で死なず盗塁も成功していたはずです。送りバントはできなくてよい。鈴木誠也も送りバントはヘタでした。

 

今日も奨成は3番です。盗塁もさせてよい。

ショート上本大活躍。だが今日はショート小園です。「左投手にショート上本」も愚かな作戦です。

今シーズンはノーヒットノーランが大ブーム。調子の悪いカープも危ない。笑

だがノーヒットでも1点取ったらノーヒットノーランにはならないのです。上位打線が野間、キク、奨成。下位打線は宇草、小園、上本。こいつらが土のグラウンドで全力疾走する方が1イニングにヒット4本集めるより1点取る可能性は高いと思います。

去年までの朝山野球は「右投手に左打者、左投手に右打者」を並べる野球で打率1位の得点5位でした。

今年のカープは「2番がバント、9番がバント」で打率1位の得点1位でした。交流戦に入って去年までのアホ野球に戻り始めています。DH制度の試合ではその傾向が特に顕著です。

今日負けるとカード負け越し、借金1。

ネットの素人みたいに岸の対右が.300だとか言って、右打者を並べてヒットを打ちに行けばまた完封されますよ。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感