阪神戦3連戦が中止

今日7月9日から予定されていた広島vs阪神(マツダスタジアム)3連戦が大雨のため3試合全て中止になることが発表されました。
大英断。素晴らしい。私は激しく支持します。

テレビや新聞の報道で見ているととても野球どころじゃなさそうです。
水道が出ない、物流が滞って食品も足りない。交通も麻痺。
カープの選手やスタッフも今日からはボランティア活動なんかに参加するのかな・・・

オールスター前のこの3日間、選手を休養させてあげたいけど、広島県民の人命にも関わることですから、なんらかの支援活動に参加するのではないでしょうか。カープは市民球団ですからね・・・

そして阪神。気の毒すぎる雨天中止の数。今季これで15試合。
思えば昨年のクライマックスシリーズから阪神は雨に呪われていますね。
それなのに今回の3連戦中止を「やむを得ない」と了承。素晴らしいです。やるときゃやるやん阪神タイガース。

両球団の判断と対応は非常に適切だったと思います。
あとはセリーグとNPB。大阪ドームも使って阪神の日程を柔軟に組んでもらいたい。
今後の日程については7月19日に会議が開かれるそうですが、大丈夫なんですかね。
昨年のカープ優勝は9月18日。今年のクライマックスシリーズは10月13日に1stステージ開幕。
ふうん。セリーグはまだ10月に1試合も予定がないのか・・・
ここにマツダ3連戦を入れたらなんとかなりそうですね。大丈夫そう。
関西のマスコミは阪神9月20連戦!とかダブルヘッダー!とかワンワン騒いでますが、10月に試合したらいいだけちゃう? なにを大騒ぎしてるのかな???

とにかく広島のみならず西日本の皆さん、お大事になさってください。
そして数々の災害を乗り越えてきた私たち日本人ですから、今回も力を合わせて乗り越えましょう!

■巨人6-4広島
ついでに昨日の試合も振り返っておきますかね。
打線は見事に残塁の山!
巨人がくれた四死球は大量10個。なのにカープは4点どまり。
8回表澤村拓一vsサビエル=バティスタ
外角ストレート見逃し三振。

ひが
「えー、くそボールやん!!」

リプレイ映像

ひが
「やっぱ入ってるわ・・・審判さすがやな」

バティがベースから離れて立っているので遠く感じましたが、ホームベース上空からのリプレイ映像をみると確かにホームベース上をクロスファイヤー気味に通過していました。見事なストライクと見事なジャッジ。
だからバティスタも全く不満そうな表情をしませんでした。
ミスった時だけやいやい言わず、ナイスジャッジの時は審判も褒めてあげましょう。
この3連戦リクエストはよく覆りましたが、私はちょこちょこ「おお、審判よく見てるなあ・・・」と感心することもありましたよ。

8回澤村、9回マシソンで4点差。
昨日は2点しか奪えず4-6で負けましたが、全然追いつけますね。びびるなカープ!

岡田明丈。
立ち上がりはいつも通りな感じで、スイスイ行くかと思ったんですがね。
投手に打たれたタイムリーもいつも通りっちゃ通りな感じなんで、計算に入れてます。
問題は4回の5失点ですよね。

先頭の陽岱鋼。力あるストレートで空振り三振。いつも通り。
8番宇佐見に四球。岡田の貫禄。いつも通り。
9番今村バント失敗。まあいいでしょ。
そして1番坂本。ここが昨日の寒盛でした。一番寒く盛り下がったシーン。試合の敗因。

ストレート、スライダー、ストレート、スライダー
まったくストライクの気配のないストレートの四球。

ひが
「ああ始まったか・・・岡田の病気が・・・」

続く吉川尚輝。
「吉川はもうここしか打てない」というポイントにピンポイントで投げ込む岡田の失投コマンド能力。
非力な吉川が150kmの重い球を打つとしたら真ん中低めをレフト線に弾き返すことしかできません。
なのにそのポイントにキッチリ投げ込むオカちゃん、針の穴を通すような失投!!!

はあはあ・・・
あほやろ岡田。いい加減にしろ!怒

続くマギーはサードゴロ。西川龍馬が落球&悪送球。
・・・まあいいだろう。
おめーのヘマは計算に入れてる。記録は強襲ヒット。

四番岡本。
ここも寒かった。私は呆れましたよ、岡田のピッチングに。
この打席で前打席のレフト前ヒットの解説が入りました。
アウトコース低めのきわどいコースを下半身の粘りでレフト前にうまく運んだとかなんとか・・・

全然わかってないな・・
いいですか、私の岡本評はこうです。

「この3連戦、外角低めを全部引っ張りに来てるな。ストレートも変化球も」
「この子、こんな引っ張り専門やったかなぁ?」
「昨日はライトにいいライナーを打ってるんやけどな」

一昨日好投した野村祐輔が岡本和真に執拗に外角攻めをしたんですよ。
んで岡本はそれをひっぱるひっぱる・・・笑

「こりゃあ30打席ノーヒットになるはずだ」
と思って見ていたんですが、ついに3打席目にライトへライナーを放ちました。記録は右直。

「やばいな、岡本はなんか思い出すんとちがうか」

んで昨日の2死1塁。
内角直球、内角直球でカウント1-1。
そこから外角直球、外角変化球で1-2。
5球目。アツの構えは外角低め。んでオカちゃんいつも通り高めに抜けて右中間HR。
岡本15号。30本塁打ペース。巨人6-1広島。

なんだか吉川のも岡本のも「一番腕が伸びきって力の入るところ」へピンポイントで投げ込んじゃったように見えるんですよね。被害妄想ですかね・・・
逆コマンドというか、針の穴というか・・・

あのね、オカちゃん。
君はやっぱど真ん中でいいよ。ど真ん中中心のピッチング。

冗談で言ってんじゃないですよ。
アツもぜひ聞いてくれ。
打撃練習でバッターはど真ん中の練習をしないです。←たぶん

岡田明丈の独特のストレートはど真ん中が一番打ちにくいと思うんですよ。私は。
もちろん真ん中ばかりが続けば相手もプロですから打つでしょうけど、そもそもオカちゃんはど真ん中ばかり続くことはないでしょう。適当に散るでしょう。

昨日の岡本は内角を2球見せられた後、どんどん外角に踏み込んできました。
そこへおあつらえ向きの外角高め。コレ逆にど真ん中ならびっくりして詰まった可能性もありませんか。< br />草野球でも緊迫した場面でふっとど真ん中に来たハーフスピードのストレートに
「えっ!?なんで!?ここで!?」
って感じで手が出ない。見逃し三振!ってパターンが結構あります。

プロと草を比較しちゃいけませんが、内角高めの後の外角ストレートは事故が起きやすいってことです。昨日の岡本のHRと吉川の2ベースは事故です。言い切っちゃおう。
マギーの強襲ヒットは実力。マギーの打力と西川の守備力です。

だからアツよ。
岡田の時はコースに構えるな。内角はまだいいが、外角はダメだ。
岡田は必ず甘く入る。この前提でリードしないといけない。
岡田は甘くなっても抑える力があるんだが、それゆえ打者の振り遅れが事故に繋がるリスクがある。
ど真ん中なら振り遅れても長打にはならない。外角だから事故が起こるんだ。
岡田の時だけはピッチングの組み立てをしない方がいい。裏目に出るんだ。

津田恒美もそうでした。
小松崎善久や岩本好広に打たれたのも外角でした。
外角ストレートは間違いが起こるんです。打者が当てに来ますから。
真ん中なら打者は振りに来ます。そしたら負けないですって。岡田の球威なら。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5