今年の初夢は野間峻祥。田村俊介は再来年。

2022.7.30(土) 

東邦 4-7 愛工大名電 岡崎 

今年のドラフトは不作だ不作だと言われておりますが、試合を見ていればちゃんとしっかり好選手は存在します。

愛工大名電の背番号1、有馬投手はしなやかな投球フォームからキレのいい140km台ストレートを内外角に投げ分けます。

「なかなかいいやん」

タイプ的には中日ドラゴンズの岡田俊哉投手を彷彿とさせる投手です。

プロ野球という感じではありませんが、1番センター加藤君と2番サード大森君も攻守共に素晴らしい粘りを持った選手です。応援したくなるなあ。

名電は2年連続の甲子園出場が決定。どの子も口を揃えて「去年は田村さん(現カープ)に連れてってもらった甲子園。今年は自分たちの力で甲子園に行きたい」と言います。応援したくなるでしょうが。笑

東邦の背番号1もいいタマを投げていましたが、ちょっとフォームが野手投げで安定感に欠けるかな。私は指名しませんが、そこを「伸びしろ」と捉える球団があってもいいと思います。

 

中日は楽しみだ

2022.7.30(土) 

広島 0-3 中日 マツダ 

まだ天理高校の南沢投手についても語りたいのですが、カープの話も少しやりましょう。

大瀬良とアンダーソンで最下位中日に2連敗。アツがあんだけ外角変化球ばかり投げさせるとそりゃ誰でも打たれますよ。

スタメンは5番長野、6番松山、7番小園、8番會澤。ヒットを量産できるメンバーですね。ただし1点取るのに4安打が必要な走力です。松山の一塁守備も2試合連続で不要な1失点を中日にプレゼントしています。

高校野球には明日がありません。一つのミスや一つの進塁が勝敗を分けます。

プロ野球は負けても明日があります。佐々岡は今日もたくさんヒット打てばいいんじゃないですかね。ノムスケvs松葉です。

 

中日は楽しみです。小笠原慎之介投手に岡林と土田。残り40試合が楽しみですねえ。

私が惚れたレビーラ選手もいきなり場外弾とヒーローインタビュー。世間は「デスパイネ2世」とか言ってるけど、体格もスイングも完全にタイロン=ウッズです。中日黄金期の四番打者。

立浪は今日、右投手のノムスケに対してガルシアとレビーラのどっちを使うのかねえ? ノムケンと朝山なら左打者のガルシアを出すだろうけど、私なら右の大砲レビーラを毎日使いますね。

朝山は相手先発が右のスライダー投手だからと、タイロン=ウッズを下げて左打者を出すようなものです。ヒットをたくさん打って得点にならないアホ野球です。

 

野間峻祥と上本崇司

2軍では西川龍馬上本崇司が実戦復帰。

2人とも来週の横浜遠征に帯同できるか、というところまで迫ってきているそうですが、私は無理をしなくていいと思います。

理由は秋山翔吾の調子が上がってきているからです。

昨日一昨日と試合を見ていて秋山はかなり本調子ですね。エンジン全開という意味です。

 

カープが秋山を獲得して外野のポジションは完全に埋まりました。

だから私はカープへの興味を完全に失ってしまったのですが、それもこれも秋山が本物の実力者だからであります。丸や坂倉以上に打席での確実性は上だと思います。

宇草や奨成が太刀打ちできないのは当然です。西川龍馬が秋山に次いで外野手2位の打力でしょう。

んで3位は野間峻祥であります。秋山の足元には及びませんが、龍馬の足元には届いてきた感じがします。

ハッキリ言って野間の確実性は上本崇司の上です。守備走塁も若い頃より落ちてはいますが、上本よりは全体的に安定しているでしょう。

 

私が今季のMVP候補に挙げていたのは野間峻祥です。

素人のみなさまは野間の走り打ちと宇草の走り打ちの区別が付かないでしょうが、私には付くのです。

野間は球数を投げさせ、四球とファールを稼ぎ、フライではなくゴロアウトを目指しております。

最近ちょっとヒットを狙いすぎてフライアウトが増えていますが、野間はヒット3本で1点打線の中でほぼ唯一進塁打を打てる選手です。上本も頑張っていて似たような繋ぎの打者ですが、カープが秋山を獲得したため、上本はもう外野でスタメンはできなくなりました。外野レギュラーは秋山、龍馬、野間でガッチリ固まったと思います。

 

秋山は今後3~4年間が全盛期で、打順3番か4番でガンガンヒットを打つでしょう。

龍馬も長期離脱のため今年FA権を取得できなくなりました。来年も確実にカープ残留です。外野のポジションも確実に龍馬のもの。

野間はケガが多いですが、今はレギュラー獲得の大チャンスなので少々のケガではリタイアしないでしょう。

だから残念ですが上本はまた控えです。中村奨成は控えの控え。カープ一軍での出番は秋山引退か龍馬FAの日までありません。7月31日の今日はトレードの期限日です。

 

田村俊介

秋山が200安打ペースで打ち続ける限り、カープのセンターは不動でしょう。

私は秋山のセンター守備を見ていると緒方孝市選手を思い出します。背格好と背番号が似てるからです。

秋山の壁は高すぎます。競争できるレベルじゃない。ヒットに関してたくさんの日本記録保持者ですが、秋山はそれだけじゃありません。昨日はしっかりと2四球を選び、進塁打も打てます。

野間はだいぶいいセンを行っていますが、まだ普通の1番打者レベル。3割打てるかどうかで首位打者争いまではできない。

34歳の秋山、30歳の野間、28歳の龍馬。

ここに続くのは宇草や奨成だと思っていたのですが、龍馬や秋山が衰える頃にはこいつらも30歳近くになってるんですよね。大盛と正隨は完全にチャンスが消えましたかね。内野手の羽月がレフト守ったりしてるくらいですからね。

盤石のカープ外野陣に割って入れるとしたら、それは現在18歳の田村俊介君くらいですかねえ。 

アベレージタイプの今の3人に対し、四番打者タイプの田村君。割って入るとしたらこういう選手じゃなかろうか。

西川龍馬をファーストに押しやるくらいの打力と守備力をもった外野手ならば、ワンチャンス不動の3人を崩せるかもしれない。

それが今年というわけにはいかないだろうけど、再来年あたりは見られるかもしれません。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想