何か仕掛けていかないと・・・

2022.8.16(火) 

ヤクルト 5-3 阪神 神宮 

コロナ禍で7連敗を喫した高津ヤクルト。

一時は2位のチームに5.0ゲーム差まで迫られましたが、2連勝して7.0ゲーム差へと再拡大。

ヤクルトファンにしてみれば「やれやれ。これでもう大丈夫だ」という2連勝でしょう。

優勝を確信する試合と言いますか、カープファンにしてみればこの試合のようなものでしょう。

 

カープ史上最高の試合

2016.8.7(日) 

広島 8x-7 巨人 マツダ 

28年ぶり優勝を決めたシーズンの、新井貴浩の劇的サヨナラヒット。レフト松本君のエラーと言えなくもないが記録はヒット。笑

この時のカープは7月時点で2位に10.0ゲーム差を付けてたんですが、8月に4.5ゲーム差まで迫られました。

9回裏6対7。2死無走者。投手沢村、打者菊池。

この後の展開はみなさんご承知の通り、キクが同点ホームラン。丸四球。新井のサヨナラツーベース。

動画も貼っちゃおう。

アナウンサーは意外と冷静ですね。笑

現地と私はウッキャー!!でしたけどね。

この試合、負けていれば3.5ゲーム差。しかし逆転サヨナラで5.5差としました。

28年優勝していないチームにとって、この1勝は非常にデカい1勝でした。新井貴浩の伝説ガッツポーズがそのデカさを象徴しています。

 

若きカープファンの中にはこの試合を「カープ史上最高の試合」と呼ぶ人もいるでしょう。全く否定しません。

ただ私はやっぱり1979年の「江夏の21球」ですかねえ。漫画でも恥ずかしいレベルの奇跡でした。

 

采配の力

昨日のヤクルトはT青柳にいつも通り負けてても別に優勝できると思うんですが、高津監督は動いてきました

阪神青柳は今シーズン防御率1.39、12勝1敗。1人で貯金10。佐々岡真司は一人で借金10。

ヤクルトと2位DeNAは7.0ゲーム差。

ヤクルトはまだ全然慌てなくていいと思うんですが、一時期は2位に15.0ゲーム差だったのが今は7.0ゲーム差なので多少雰囲気が落ち着かないのでしょう。

3番山田哲人を1番にしたり、1番塩見を3番に回したり。

昨日は青柳対策で、塩見と山田をベンチに置いたりしました。

 

その結果、塩見と山田の代役でスタメンした丸山と元山がヒットを打ち、苦手の青柳を攻略。

高津監督は「苦肉の策。何かを仕掛けていかないと」と語りましたが、結果はデカい白星となりました。

 

河田監督代行

2022.8.16(火)

広島 5-0 中日 マツダ 

んでやっとこさ昨日のカープです。

佐々岡監督以下、キク、小園ら主力が大量コロナ。

動かざるを得なくなったカープは1番に堂林、2番に羽月、8番に矢野。 

 

素敵じゃありませんか。カープも仕掛けてますよ。私にはチャンスと希望しか見えません。

東出コーチが河田監督代行とベンチでたくさんおしゃべりしてましたね。2023年の「ポスト佐々岡」がちょっぴり見えて楽しかったです。

ケガ人が出ると寂しい一方で、楽しみもあります。

キク、ゾノ、野間のトリプル離脱は若手にとっては大チャンス。何かを仕掛けていかないとアピールできないぞ。

 

あとは安部友裕。

がけっぷちだぞ。暴れろ。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-名勝負列伝