2018ドラフト構想vol2~右投げ左打ちについて

ドラフト構想vol1
「今年のドラフト1位では二遊間の高校生、2位に即戦力投手がほしい」と書きました。
名前を出すと報徳・小園君と富士大学の鈴木翔天君。この二人は実際にカープのスカウト会議で名前の挙がっている選手です。

ドラフト会議まではまだ2ヶ月あるので状況は今後も変わるでしょうが、カープは高校生の小園君の一本釣りを狙いそうな気がします。苑田さんがマスコミに「小園、小園」といつもの誠意宣言めいた発言を繰り返しておりますから。笑

実際、タナキクの後継者がほしいのも事実。
今年は根尾、小園といった超高校級ショートが二人いて一人のスターに指名が集中することもなさそう。
小園狙いは悪くないと思いますし、私も小園君で行ってほしいと考えています。今のところは。

ところでこの小園君で気になるところが一つ出てきました。
それは彼も「右投げ左打ち」であること。

■右投げ左打ちの弱点
最近の高校野球を見ていて、大袈裟に言えばスタメン野手の半分くらいが「右投げ左打ち」のイメージです。
いや野手だけでなく投手まで右投げ左打ち。相手投手に右肩を晒してまで左打席に立つ時代。昭和時代には考えられないことでした。
カープのレギュラーでもタナ、マル、松山、安部、野間、龍馬。
若手のホープには坂倉、曽根。

ちなみに現在のセパ打率ベストテンの中に右投げ左打ちは8人。
セの丸佳浩、青木宣親、松山竜平(!)
パは柳田悠岐、近藤健介、秋山翔吾、吉田正尚、森友哉、
意外と少ないですね。ちょっと前まで阿部慎之助、福留孝介、糸井嘉男、鳥谷敬とかがいたので打率10傑の半分は右投げ左打ちだったイメージです。

一方本塁打のベストテン。
この中に右投げ左打ちは4人しかいません。
セの丸佳浩、筒香嘉智
パの柳田悠岐、吉田正尚

何が言いたいかというと基本的に右投げ左打ちは「アベレージ打者タイプ」が多いということです。
これは事実でしょう。
一説によると少年野球のうちから「安打が出やすい」「一塁に近い」などの理由で右利きの子を左打ちに転向させるそうです。
そうするといわゆる「当て逃げ」という打ち方で簡単にヒットが打てます。
しかしですね、最近は「右投げ左打ち打者」の多さに警鐘を鳴らす野球関係者も増えてきました。
いわく「NPBの歴史の中で右投げ左打ちの本塁打王は掛布雅之、松井秀喜、小笠原道大、筒香嘉智の4人しかいない」というのです。外国人は6人います。

本塁打王を獲ることが必ずしも強打者の条件ではありません。
しかし誰しもなんとなく「右投げ左打ちは、右投げ右打ちや左投げ左打ちに比べパワーが落ちる」という印象をお持ちなのではないでしょうか。
「松井秀喜は別格だ!」
とおっしゃる方もいるかもしれませんが、私はもし松井が右投げ右打ちだったらどうだったかの方が気になります。

右投げ左打ちなのにノックは右打ちという人は結構います。野村謙二郎に阿部慎之助。
たぶん私が知らないだけでもっといるはずです。とても難しいです。右利きの左打ちノックは。

んで本題。
小園君は1位候補で間違いありません。賛成です。
しかし小園君も右投げ左打ち。
さらにカープの25歳以下の内野陣は青木陸と育成の木村以外すべて右投げ左打ちです。

これが何を意味するか・・・
ハッキリ言いましょう。
強烈な左投手とか強烈な右のカットボーラーを打てないチームになると思うんです。
やっぱりね、右投げ左打ちはパワーが落ちるんですよ。
アベレージは稼げるかもしれない。でも力強さはどうしたって落ちると思うんです。

「丸やギータはそうじゃない!」
っておっしゃる方もいると思いますが、この二人が全盛期に海を渡ったとしてメジャーで通用すると思いますか? ん?大谷?誰それ?
メジャーでは松井秀喜でさえ30本塁打を一度しか打てませんでした。
イチローはアベレージヒッターでした。
20代の清原和博ならあるいは通用したかもしれません。←妄想

なんとなく右投げ左打ちはパワー不足かなと思います。
もちろん小園君はパワーを武器にするタイプじゃありません。
塁に出るタイプ。当て逃げ打法・・・ウェルカムです。

しかし「右投げ右打ちの正統派スラッガー」もまた今季のドラフトでは狙いたいポイント。
小園君をくじで外したら即戦力投手に行ってもいい。
花咲徳栄の野村君(右投げ右打ち)が残っていればハズレ1位で行ってもいいと思います。
そして大阪桐蔭の四番・藤原君。彼は左投げ左打ちです。彼も俊足アベレージタイプですがホームランを打てると思うなあ・・・
藤原君はハズレ1位には残らないと思うんですが、他球団が小園フィーバーに酔うようならばこっそり藤原君の単独指名も面白い!とか思った次第。

右投げ右打ちのサード美間と梵を放出して左の代打がいない現状のカープ。
なんかいまいちバランスが悪いですね。

つづく・・・最後は投手編です。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5