安倍晋三銃撃事件は阻止できたのか?もし金八先生が山上君の担任だったら・・・

2022.8.25(木) 

ヤクルト 2-3 広島 神宮 

今日も野球の話はしません。試合見てないし。

それよか昨日、安倍晋三銃撃事件の責任を取る形で、警察庁長官と奈良県警の本部長が辞職すると発表されました。

今朝の朝日新聞には警察庁の「結果を阻止できた可能性が高い」というコメントが掲載されました。朝日新聞

これって、どうですかねぇ・・・?

私は結局阻止できなかったような気がしますけどね・・・

警察庁の発表を野球に例えると

「あの時代打を出しとけば」

とか

「ピッチャーを代えとけば」

に似てると思います。そうです。いわゆる一つの結果論です。

以下、安倍氏銃撃事件について私の見解を語ります。ちょっぴり問題発言ですが、怒っちゃやーよ。

 

結果は変わらない

警察庁や奈良県警は大いに反省し、再発防止に全力で取り組まないといけません。そんなことカープファンに言われるまでもないでしょう。

長官と本部長の辞任は個人的に「必要ない」と思いますが、世間の90%は辞任しなければ納得できないでしょう。

安倍氏のSPが批判される理由は、銃撃事件の一部始終がネットやテレビで人目に晒されたからです。

SPの動きが遅い。安倍氏に乗りかかるべきだった。あそこでなぜストレートなんだ、オレならフォークだ!

ネット民は終わったことをやいやい批判するのが大好きです。

 

私のブログでは極力「あの時は〇〇すべきだった」と書かないようにしています。終わってからそんなこと言ったって「後のフェスティバル」だからです。

こないだ私の島内颯太郎が村上宗隆に場外ホームラン打たれた時も私は「インハイまっすぐにも一理ある」とキャッチャー會澤の配球を肯定しています。アツの全てを否定しているわけではないんですよ。

安倍氏が凶弾に倒れたことは断固許せない殺人事件です。

しかし奈良県警のSPも全力で仕事したと思いますよ。

ネット民の「なんでああしなかった?」「なぜそんなところにいた?」という問いに私はこう答えたいと思います。

「SPは本部長の指示通りベストポジションで守っていたからだよ!」と。

 

私は野球の専門家であり、警備の専門家ではありません。素人です。

被害者にかける言葉は見つかりませんが、SPの皆さんにはよくやったと言ってあげたい心境です。

沿道の市民まで巻き込まれたわけではないからですよ。

 

以下はちょっと問題発言です。

そもそも安倍さんは現職の総理大臣ではありません。そして立候補者でもありません。

安倍さんは「元総理」であり応援演説の立場です。現職時代と同じ手厚い警備は難しい状況だったと思います。

山上容疑者の犯行は言ってみれば「無差別テロ」みたいなもの。警察の警備が行き届かない部分はどうしたって残ると私は思います。

 

身を守るものは武器なのか?法律なのか?

今さら何を言っても事件を元に戻すことはできません。

再発防止に向けた警察庁の配置転換や法整備も始まりました。当然の対応だと思います。

ただ私は不良中学生を校則で取り締まることがキライでして、山上容疑者のような人物を生み出さないような社会にしていきたいと思うんですよね。

 

アメリカ合衆国のいくつかの州で銃の所持が認められているのは護身のためです。

日本にも監視カメラが増えましたし、それによって痴漢や万引きは減ったかもしれません。

だが何か殺伐とした感じがするんですよね。自分の身を武器や道具で守るというのがね。

私たちの世代は3年B組金八先生を見て育ちましたので、加藤優を「腐ったミカン」と言って放り出した荒谷二中のようなやり方はどうも抵抗を感じるのです。

 

もし1980年の桜中学に中学生の山上君がいたら金八先生はどう対処しましたかね?

金八先生は加藤君の所属する不良グループの本部「スナックZ」に乗り込み、リーダーの岸森敏雄に向かって

「悪いけど加藤をオレに預けてくれないか。頼む、この通りだ!!!!」

と言って土下座をしました。金八先生は不良たちを対等の人間とみなし、話し合いによる解決を図ったのです。

 

この当時は実際に日本全国で暴走族や校内暴力がはびこっていた時代でした。カープは2年連続日本一。

中学校の校則を厳しくしたり、警察沙汰の事件も珍しくありませんでした。

学校関係者にとって断腸の思いだったと思います。私の言ってることは理想論です。

それでも今回のような悲しい事件が起こる度、小学校の校門が施錠されたり、街の監視カメラが増え続けると私はどうにもやるせない気持ちになるのです。

 

結論

結論。

私は奈良県警のSPは仕事を全うしたと思ってますし、防ぎようのない事件だったと思います。

事実、山上容疑者は事件後にこう語っています。

「統一教会の会長を狙ったがガードが固かった」

「岡山でも安倍氏を狙ったがガードが固かった」

もし奈良でも安倍氏のガードが固ければ、山上容疑者は別の場所で別の人間を殺害していた可能性が高いのです。

 

山上容疑者のような不幸な男は結局「無差別テロ野郎」なのです。

加藤君が荒谷二中で暴れた時、荒谷二中は警察に出動依頼を要請し、金八先生とPTAは加藤たちをかばいました。

山上は相談できる相手がいなかったのではないでしょうか。不良の中学生と同じ理屈じゃないでしょうか。

安倍さんが殺害されたのは全く理不尽な暴力ですが、私たちだっていつ交通事故で死ぬかわかりません。それを機械や法律で守るのは限界があると言いたいのです。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-妄想