私が最も高評価を与えるカープの若手選手

2022.8.27(土) 

広島 6-4 巨人 マツダ 

コロナ陽性でチームを離脱していたメンバーが帰ってき始めました。

今日ベンチ入りしたのは佐々岡真司、菊池涼介、小園海斗の3人。野間と上本も一軍帯同はしているらしい。

CSに向けて主力メンバーの復帰は頼もしい。

だが大盛、矢野、羽月ら若手が一軍でチャンスを掴みかけていて、私は複雑な気分です。昨日小園とキクに代わって韮澤と三好が登録抹消されています。

キクに至っては初日からさっそくヒーローインタビューです。今日は羽月がスタメン落ちするのかねえ・・・

 

遠藤淳志

今日はレギュラーに変わって試合に出てた若手の評価を発表します。

昨日は遠藤とアツが先発で、遠藤のまっすぐはキレキレ。アツの要求は変化球中心で、まあいつも通りの感じかなという立ち上がりでした。中田翔に一発は打たれましたが4回終わって60球という球数もアツにしては少なめで順調でした。

4回裏、1対2でしたが遠藤の調子が良さげなことと、相手投手が若手の直江君ということもあって私は

「このまま1点差で遠藤が抑えていけば、巨人はどこかでエラーしてくれるだろうなあ」

と思って左うちわで見てました。私はデータなど見ないで投手の球やキャッチャーのリードを見てます。

 

4回裏にさっそく逆転しちゃったので感動も薄いのですが、直江君が6回7回まで粘ってても結果はカープの勝ちだったでしょうね。理由は遠藤淳志が良かったからですよ。私は援護点次第では遠藤が完投するかもと思ってました。

しかし7回90球あたりから突如遠藤が崩れます。

アツのリードにも問題があったのですが、1死から代打ナカジにセンター前ヒットを許します。これはかなり勿体ない出塁でした。2球で追い込めてたので。

1死1塁で7番若林。この3連戦で何気にヒットをよく打ってます。

初球のチェンジアップが高めに抜けたが見逃してワンストライク。

2球目はアツがインハイに構えてそこにキレイなまっすぐが行きました。また2球で0-2。追い込みました。解説の木村昇吾も「まだまっすぐで押せてますね」とのこと。

3球目もアツはインハイまっすぐ。しかしものすごくシュート回転して真ん中高めに入りました。結果はショートフライでしたがヒヤッとする一球でした。

 

実はこの1球が101球目だったので、高橋建はブルペンに電話をかけました。

内容はおそらく「同点のランナーが出たらターリーで行くよ」だったと思います。

と同時にこの時、スルスルッとサードから坂倉将吾が出て来て遠藤と5秒くらい話したんですよね。

この内容はわかりませんねえ。私なら「ストレートの球威が落ちてきてるぞ。適当に投げるなよ」とストレートなことを言いますが、プロのキャッチャーはなんと声かけるんですかねえ・・・

私の中で遠藤淳志はもう若手ではないんですよね。現在23歳で村上宗隆と同い年なんですけどね。

遠藤は黒原拓未とも同い年ですがもう一軍で通算30試合以上先発しています。酸いも甘いもわかってる人です。

24歳の坂倉はなんて声をかけたのかねえ。聞いてみたいねえ。アツは続く大城にもまっすぐ攻めで内野ゴロを打たせてました。これもいいリードですよ。

 

島内颯太郎と松本竜也

主力のコロナ禍で二遊間を守ったのが羽月、矢野、韮澤ら。

投手では7回の男・矢崎拓也の穴を埋めたのが松本竜也でした。

投げっぷりが良くて私も好きですよ。

だが8回を任せられるかと聞かれたら私はまだそこまで信頼していません。

顔と気合いはいいんですが、やはり球威と制球にバラツキがある。いい時はいいが悪い時は悪いと言うか。

 

私の信頼度は栗林=島内颯太郎>森浦>ケムナ=塹江>松本>ターリー=コルニエルです。菊池ヤスは2ヶ月見てないのでわかりません。

昨日DeNA戦で村上宗隆が5打数5安打してるんですが、村上は先日島内のインハイ150kmを打ったことで完全に自信を付けました。んでDeNAも村上のインハイを攻めにくくなったと思います。

昨日の5打数5安打でヤクルトの優勝は決まったんじゃないですかね。最高の勝ち方でしょう。

村上の三冠王が決まったとはまだ言いません。いくら何でも今のペースで村上が打ち続けることはない。60本塁打の可能性もあるけど三冠王確定と言うのはまだ早い。

 

とにかく私の信頼度は松本より島内がかなり上です。松本が無失点で抑えたとか8月の防御率がとか言われましても、今の島内のストレートはシュート回転してませんから抑える可能性は高いです。

島内は村上に場外ホームランを1発打たれただけですよ。しかも失投ではありません。私は矢崎が戻るまで7回8回は森浦島内に託したいですね。

森浦は今ちょっとチェンジアップが抜けてますけど、好調時もよく抜けてました。森浦はあんなもんです。投げてるうちに治りますよ。

 

羽月と韮澤

続いて羽月評。

羽月はちょっとアピール失敗でしたかね。守備範囲の広さを見せることはできましたが、打撃でアピールならず。

羽月は追い込まれた後で粘っこい打撃を見せるのですが、ツーストライク行くまでの甘い球もファールしてました。勿体ない。

追い込まれてからファールで粘ったり、三遊間に転がしたりするのは上手いので、今後はカウント球を痛烈に仕留める打撃に磨きをかけてほしいですね。

 

韮澤は抹消されちゃったんですが、一軍に爪痕をしっかり残しました。

セカンドの守備は非常に良い。ショートはいまいち。一軍でレギュラーを目指すならサードやファーストの練習もした方がいい。U18ではいろいろあったけどカープのファーストは案外チャンスありますよ。

 

大盛と矢野

大盛穂。秋山翔吾と野間峻祥の不在でアピールに大成功。

ただ私の評価はそれほど高くありません。やっぱ初戦9回の送りバント失敗ですね。

三塁打をいくら打っても、接戦時に送りバントを決めてほしいところです。

ただ高橋慶彦や野村謙二郎も送りバントは下手くそでした。大盛が3割30盗塁できるならバント下手も許せるようになります。

これで3試合先発して1本塁打と3三塁打。守備でも毎日1つ2つ進塁を防いでいます。昨日も坂本の左中間をシングルで止めたし、一昨日は矢野と二人でウィーラーを殺しました。守備はさすがです。秋山野間より上です。キッパリ。

 

矢野雅哉。

ここまで名前を書いた若手の中で私の評価は矢野がトップです。

2本塁打は要らないが、打撃と守備がとても良い。

矢野の守備はまあ誰が見ても非常に良いですね。左右の守備範囲は小園より広いし、大盛と一緒にウィーラーを殺したプレーは圧巻でした。こちらになります。

ウィーラーの走塁とヘッドスライディングも素晴らしい走りでした。

ただそれを上回ったのが大盛と矢野の中継プレーです。

私は去年から小園の中継プレーに苦言を呈していて、このウィーラーをアウトにしたプレーは小園にできたかな?と考えずにはいられません。

今年の小園は去年に比べて打球と衝突しなくなり安定感が増しました。エラーの数が増えてるのはたまたまです。

盗塁のタッチもだいぶ上手くなりました。ただ中継プレーで無駄な動きが多いのは相変わらずです。

 

矢野は盗塁タッチも中継プレーも上手いです。

初戦の解説をした緒方孝市は「矢野の守備は小園より上」とちょっぴり問題発言をしました。私の評価は「単純にそうとばかりは言い切れない」です。

小園にも良いところが多いし、たぶんキクとのコンビネーションは矢野より一日の長があるでしょう。

ただそれにしてもね、私は矢野雅哉をレギュラーで使いたくなってきましたね。

 

小園に代えてショートスタメンとはいきませんが、會澤翼に代えてサードスタメンなら面白いと思います。

なんで坂倉がサードを守ってるんだ?という話です。

8番サードで矢野雅哉を育てるのは面白いと思います。今は打率2割ですけど、1軍で試合に出てれば日本ハムの中島卓也みたいにならないかなと思います。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感