規定投球回数と規定打席を同時到達する大谷翔平

2022.9.4(日) 

アナハイム 2x-1 ヒューストン アナハイム 

大谷翔平が8回1失点の好投で規定投球回数に到達。いきなりアリーグの防御率5位に躍り出ました。ERA2.58

この日は打線の援護なく勝ち星こそ付きませんでしたが、今季の大谷翔平はここまで11勝8敗。打率.266、30本塁打、82打点、11盗塁。

アメリカンリーグMVPを獲得した昨年を上回る好成績を残しています。すごすぎる。大谷の全盛期はじゃないですかね。

 

ヤツは本物だ

私、5年前に「大谷翔平は最多勝と本塁打王の二冠王を同時獲得してもらいたい」と発言しました。関連記事

いやホントに近いとこまで来ましたね。28歳の若さで。しかも2年連続で。

昨年が9勝&43本塁打。今季がここまで11勝&30本塁打。これはもうマグレじゃありません。完全に実力です。

大谷翔平の比較対象は常にベーブルースで鈴木誠也など眼中にない感じ。ちくしょう・・・メラメラメラメラ・・・

大谷が何かやる度、いつも「ベーブ=ルース以来100年ぶり」という枕詞が付きますが、10勝&30発は史上初の快挙。んで「規定投球回数&規定打席同時到達」も史上初の快挙です。

 

私は小学生のころ「夏はカープの選手で冬は日産自動車の選手」というのが夢でした。

日産自動車っていうのはJリーグ発足前のサッカー日本リーグの強豪チームです。木村和司と水沼貴史に憧れていたんですよ。胸くそ悪い読売クラブに対抗できるのは日産だけだったのでね。

ワールドカップなんて夢のまた夢で元日に開催される天皇杯に勝つことが小学生の私の夢でした。この時代に「ワールドカップ」だとか「ブラジル」だとか口に出せるのは漫画の主人公だけでしたよ。

でも大谷翔平は現実の世界でそれぐらい凄いことを一人でやっている。すごすぎる・・・

 

1年生「すごすぎる・・・あの人が本当に5年前までNPBにいたんですか、先輩?」

3年生「もちろんだ。5年前までオレ達と同じユニフォームでプレーしてたんだぜ」

1年生「僕、NPBに入ってよかった・・・」

 

怒りの誠也

同級生の鈴木誠也は今、何を思うのかねぇ・・・

他人を意識するタイプではありませんが、村上がNPBで三冠王、大谷はMLBで新記録。

怒ってるのか達観してるのかわかりませんが、私は誠也はたぶん怒ってると思いますねえ。私にはわかるんですよ。

 

誰に怒ってるかというともちろん自分です。ケガした原因も自分にありますしね。

来年の誠也は何かやってくれるんじゃないですかね。WBCよりMLBを優先するんじゃないですかね。

誠也は複数年契約にあぐらをかくような人間じゃないし、丸や九里、大瀬良みたいに必死こいて全試合に命を懸ける男です。今年の屈辱を来年返す男ですよ。

 

ライバルの大谷翔平はちょっと先に行ってしまいましたけど、鈴木誠也も大谷に負けない男だと思っています。

誠也は大谷をも超える器だ。俺はそう信じている。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感