監督の采配で勝った試合

2022.9.13(火) 

阪神 3-6 広島 甲子園 

昨日の試合は「佐々岡監督、采配ズバリ!」「修羅の継投!!」など、各紙が佐々岡采配に賞賛の嵐です。

私も昨日の試合は間違いなく「佐々岡監督の采配で勝った試合」だと思います。

 

岸本「たった1試合、フツウの采配決めただけやんけ。なに驚いとんねん!?」

牧 「そりゃあ驚くぜ、広島のヤツなら誰だってな・・・」

 

代走矢野はよくやった

今年のカープは残り10試合。借金6の4位。

今のチームの目標は何とか3位に入ってクライマックスシリーズに出ること。

3位阪神は借金2。4位カープとのゲーム差は2.0

この状況下で甲子園、直接対決2連戦。相手は防御率1点台の青柳。カープはキャプテン九里亜蓮。

 

序盤、阪神のエラー絡みでカープが2点を先制。

九里亜蓮は毎回のようにヒットを打たれるが粘りの投球。

しかし5回裏にゲッツーシフトの狭い二遊間を大山のボテボテが抜けました。バッテリーは完全に狙い通りのショートゴロを打たせたのですが、小園が三遊間に寄っていたことと最後のバウンドがイレギュラーしたことで、小園のダイビングは半歩届きませんでした。

ガックリ、クリ。

ここで佐々岡がスキップするように出てくる。おお!交代か!

 

私は早いと思いました。次の打者は右の原口だったのでね。今一度ゲッツー網に引っかけることができるかもしれない。

だがこの日の原口は九里亜蓮に対し2打数2安打でした。佐々岡はこの数字だけを見て交代を決断したのでしょう。九里亜蓮は4回1/3で降板。

結果を見ればこの交代は大成功。磯村のリードは原口に全球インコースストレート。レフトフライ。続く6番佐藤にも全球インコースストレート。ライトフライ。

この日の磯村は九里亜蓮にフォークとシュートばかり投げさせていたのに、森浦には一転ストレート一本勝負。面白い配球でした。

 

ただこの九里の交代は予測できました。こないだ大瀬良を引っ張って打たれたばかりなので、今日の佐々岡は早めに動くだろうと見ていました。

しかしビックリしたのが6回表の代走矢野

状況は2対1と追い上げられた直後の6回表の攻撃。無死12塁。2塁松山1塁坂倉。ピッチャー青柳、バッター6番小園。

9番森浦に代打を送れるため、6番小園にバントさせたい。しかし2塁走者は松山。小園は送りバントがヘタ。

私の采配は「6番小園に打たせて7番磯村に送りバント」でした。

しかし佐々岡の采配は「2塁松山に代走矢野。6番小園に送りバント」でした。これは驚きました。

 

小園のバントは強めのバント。1塁原口がチャージして3塁へ送球。代走矢野の足が一瞬速くセーフ!無死満塁!!

なんと、

まさかの

佐々岡采配、

ズバリ的中!

まあ私なら代走矢野を出しておいて、小園にバスターさせますけどね。笑

とにかくこれで無死満塁。ボテボテの内野ゴロで1点。羽月の左中間ツーベースで2点を追加。5対1。ともに相手の前進守備を利用した攻撃でした。

 

修羅の継投だってさ。笑

6回7回は松竜、ターリーと繋ぎます。

松竜は安定してました。1塁ベースカバーも素晴らしかった。

ターリーは相変わらず1塁ベースカバーに全く入りません。2つの一ゴロはともにベースに近いところだったので事なきを得ましたが、ターリーは糸原と近本に完全に1m以上追い越されていました。もしCSや日本シリーズに出られたら、ターリーは一塁内野安打で痛い目に遭うと思います。

 

8回表に追加点。6対1。

5点差に広がりましたが、8回裏に矢崎を投入。

矢崎がポコポコッと3安打されて6対2。4点差ですが8回なのでセーブシチュエーションではあります。

ここで佐々岡がまた動きます。8回裏1死13塁で栗林投入

これは驚いた。もし矢崎が一発打たれてもまだ1点勝ってるからです。

 

結果は犠牲フライと三振。栗林の見事な火消し。

東スポの見出しは修羅の継投。私は単に佐々岡の辛抱が足りないだけだと思いましたがね。

3点リードの9回裏はケムナでも出すのかなと思いましたが、栗林続投。2年連続30セーブ。8回1死からの打者5人をパーフェクトに抑え、球数30球を要しました。

シーズン最終盤なので栗林は当然今日も投げるでしょう。たったこれしきで栗林がケガすることはありませんが、30球の翌日は打たれないかが心配です。昨日、出す必要があったのかな? 1点差ならわかるけど4点差ありましたしね・・・

 

修羅の継投ねえ・・・

私は栗林が勿体ないと思いました。

ただ3年間ずっと無策だった佐々岡が生まれて初めて動いたことは評価します。

3年連続の閉幕ダッシュ。佐々岡は去年もシーズン終盤に栗林にセーブ数を稼がせてました。関連記事

私なら九里と矢崎は続投でした。6回の代走矢野は思い切りのいい作戦でした。あれが3得点に繋がりました。足を使った攻撃でした。

4回の攻撃は小園の足がエラーを呼び2安打で2得点。6回の攻撃は矢野の足が野選を呼び2安打で3得点です。佐々岡と朝山もようやくフツウの野球ができました。

 

まとめ

ついにカープの話をしちゃいましたが、私はこんなことで1ミリも喜んでいませんよ。

今日の森下で勝ってやっとスタートラインです。それも3位争いのスタートラインです。低次元。

今日も會澤翼がテレテレしたリードをすれば、また森下は5回か6回で100球です。すると連投のターリーや松竜が阪神に掴まります。

昨日のヒーロー磯村が2日連続でスタメンするかもしれませんけど、それならなぜアツと石原をベンチ入りさせてるんだって話。どっちか一人でいいだろ。

 

キクとマクもこの土壇場でスタメンできないなら、1週間前に抹消しろと言ったでしょうが。

だが佐々岡はアツもキクもマクもベンチで暖め続け、ベンチ実質22人で戦い続けました。昨日はこっそり中﨑翔太まで一軍に呼びました。

今日の阪神戦はアツ、キク、マクがスタメンで出ると思います。でなきゃ登録抹消しなかった意味が何もないからです。

佐々岡野球の集大成は今日の試合じゃないですかね。

予告先発は伊藤将司vs森下暢仁。優勝争いで見たかったエース対決です。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感