會澤はいったいどうしたんだ?

2022.9.29(木) 

広島 4-5 ヤクルト マツダ 

4点リードからの逆転負け。

残り3試合を3勝だとか最低でも2勝1敗だとかみんな言ってたけど、私は1勝2敗で御の字だろうと読んでました。

だって監督が佐々岡なんだもん。キャッチャーが會澤なんだもん。

それにしてもアツはいったいどうしたんだ? 病気になっちゃったのか? 

配球がアホすぎる。森下にも大瀬良にも変化球ばっか投げさせて、アツは病気なのか? 完全に頭がおかしい。別人です。

私はずっとアツは坂倉の控え捕手としてチームに必要だと言い続けてきましたが、ひょっとするとアツはチームに必要ないかもしれない。チームリーダーがあれではいない方がマシです。

今日はアツを徹底的に非難します。私は激怒しています。

 

アツは戦っていない

6回裏の無死12塁で送りバントでゲッツー喰らったことは許します。

ストライク入らない木澤君に初球正直な送りバント。

これはアツの責任でもありますが、佐々岡の責任が大きい。

ストライク入らなくてあっぷあっぷの木澤君。立ってりゃフォアボールくれるのに「無死12塁」という「昔の名前」に名前負けした佐々岡。

佐々岡「だって打たせてゲッツーなら・・・」

アホ野郎。打たせてゲッツーなら2死3塁。お前は送りバントでゲッツー喰らって2死2塁じゃないか。

 

まあ弱気の佐々岡らしい作戦だったのでコレはまだ許せる。

ちなみに佐々岡は逆転された7回裏の無死1塁でも菊池に送りバントさせとる。

ストライク入らない木澤君に送りバントで3つもアウトをプレゼントしました。ヤクルトの若いバッテリーは「ラッキー♡」と思ったでしょうね。

 

私が怒っているのはアツのリードです。主に配球。

まあ今日もいつものように立ち上がりからチェンジアップ中心。ボール球先行。

投手石川にも四球を出し、極めつけは2死12塁で3番の宮本にストレートの四球。次は村上宗隆ですよ。今日もしっかり村上の前の打者に3四球を与えたアツ。

こういう野球をしているチームが勝てるはずありません。野球の教科書の1ページ目の第1章に書かれてあることです。

昨日のヤクルトは山田、オスナ、サンタナ、中村悠平がいませんでした。優勝決めて休養モード。三冠王と60本塁打を狙う村上はお疲れモード。

そんなヤクルトに4点差をひっくり返されたのです。

 

敗因はアツの変化球主体のリードです。

確かにヤクルトは全員がストレート狙いでした。森下のストレートもキレは良くなかったです。

だが変化球もイマイチでした。私は森下の3年間で森下の変化球がコーナーにズバズバ決まる試合を一度も見たことがないと思います。案外森下はコントロール抜群ではありません。

アツは投手の持ち味を殺す天才です。なんでや? 以前はこんなんじゃなかった。

どうしたんだ、アツ? 昨日の森下は7割変化球やったぞ。森下の持ち味を殺して、また今日も5回100球3四球。アツの試合はいつもこうなります。だから私はカープを応援できない。

 

ヤクルトは4点負けててヒットエンドランをしてきました。5回表のキブレハンの打席で。

アツは全く無警戒でした。まあ私も無警戒でしたけど。

この時、イヤな予感がしましたねえ。もしかしたら負けるかも。足を使われると本当にイヤな気持ちにさせられます。

この後体調不良の塩見君にサードゴロを打たれます。坂倉がよく追いつきましたが抜けててもおかしくないようなゴロでした。4対1。

続く2番山崎がカットボールをライト前。2死12塁。

3番は宮本丈。山田哲人は休養。

私が大激怒した場面がここです。

宮本は左打者。森下はあと一人抑えれば勝ち投手。

九里の時は代えたよね。テレビには準備完了してる森浦が映りました。

 

だが森下は続投します。まあ続投も悪くはありません。

問題はこの宮本に変化球を投げまくったこと。一発のないバッターに今日も変化球を投げるアツ。その前の山崎にも変化球を打たれたばかり。

この宮本にはまさかのストレートの四球です。ストレート投げて四球ではなく4球変化球投げての四球。2死満塁。

んで次打者が村上である。アホやろ。アホとしか言いようがないやろ。

 

結果は村上空振り三振。最後は真ん中ストレート。

村上が普通の状態なら場外まで満塁ホームランされてるような甘い球でした。結果オーライ。

村上の前の打者を四球で出すなとあれほど言ってるのに、直前の打者に四球を出してどうするんや。ど真ん中に構えて打たせていかんかい。

 

そもそもアツのミットの構え方も全くなってません。

アツは投手に向けてミットを構えません。「打たれても俺の責任じゃないよ」と言わんばかりに中途半端にもぞもぞするばかり。これは今シーズンずっとです。

いったいどうしたんだ、會澤翼は? 昔の強気のアツとはまったくの別人です。

試合中にマウンドに向かうこともほとんどありません。ベンチで投手と会話することもほとんどありません。 

どうしたんや? 若手投手から嫌われてるのか?

 

とにかくアツは敵と戦っていません。変化球で逃げてばかり。

味方投手とも会話してないし、誰と戦ってるのかわかりません。

 

残り2試合のゲームプラン

ターリーが逆転スリーランを喰らって逆転負け。

まあ結果は仕方ないんですが、遠藤と森翔平もブルペンにいたんですよね。どうなればこの二人が試合に出るのでしょう? 森下が1回で降板したケース?

石原貴規と三好匠もベンチ入りしてます。この二人もアツとキクがケガした時のメンバー。

こういう「保険」みたいな選手を佐々岡はずーーーーっとベンチに置き続けていますが、これでは相手が26人で戦ってるのにこっちは22人で戦ってるようなもので、私は「接戦を落とすよー」と常々言い続けてきました。 

 

残り2試合もおそらくこの26人で戦うのでしょう。

残り2試合、ベンチに入るコルニエル、遠藤、森、石原貴規の4人にはおそらく出番が一切無いでしょう。置き物。枠の無駄遣い。

坂倉が緊急捕手を務められるので、私なら田中広輔、安部友裕、長野久義、末包昇大を一軍に呼びます。今日です。宇草でも奨成でもいいです。

リリーフ投手は7人で良い。負けてても9回は栗林。敗戦処理のコルニエルは必要ないし、遠藤と森はどちらか一人で良い。石原貴規は絶対出番がありません。

だからバッターをたくさんベンチに入れなさい。接戦を落とすよっていつも言ってるでしょうが。

 

昨日は勝ちゲームをベンチワークで落とした典型的な試合。

松山が9回までレフトを守り、アツに代走も出せない展開。負けるのは必然でした。

栗林や矢崎にイニング跨ぎをさせたくないから7回ケムナとターリーでした。これはこれで悪くない作戦です。

悪いのは森下をリードできないアツを先発させたこと。

石川雅規に長いイニングを投げられたこと。

一番悪いのはストライク入らない木澤を相手に2イニングで2個も送りバントをしたことです! アウトを木澤に無料でプレゼントしたことです!!

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感