松田元オーナーと逆指名ドラフトの話

今朝のサンスポに松田元オーナー(71)の代表会見が掲載されました。

オーナーいわく

「新監督はまだ決まっていない」

「少なくともクライマックスシリーズには行ってほしい」

とのこと。

私は松田耕平さんも、息子の元さんもけっこう好きでした。元さんがドラフト会議に首を突っ込んでくるところも好きで、帝京コンビの吉田圭と松本高明を指名したのは松田オーナーの指示だったと言われています。

オーナーの「新監督がまだ」発言はウソかもしれない。現在水面下で調整中なので「まだ」としか言えない。

だがさすがに「CSに行きたい」はダメだろ。笑

私は1週間前から「CSには行きたくない」と言っております。私が目指すのは優勝だからです。

 

カープ暗黒時代と逆指名ドラフト

巨人、ダイエー、西武が作ったドラフト逆指名制度(1993~2007)。

あの頃、金満球団はドラフト1位をクジ引きすることなく、裏金をバラ撒いて自由に獲得することができました。

それも二人も同時にです。巨人はクジ引きせずに上原、二岡。ダイエーはクジ引きせずに井口、松中。

その頃のカープは実質3巡目からドラフト会議に参加するようなものでした。カープは裏金を払えなかったからです。2004年にカープが一場靖弘に支払った裏金はわずか2,000円でした。笑

一場にも失笑されたでしょう。本当はタクシー代だったんですが、当時は裏金扱いされて恥ずかしかったです。笑

 

とにかく育成球団のカープはドラフト逆指名制度の影響をまともに受けて、1998~2012年まで15年連続Bクラスが続きます。これがいわゆる暗黒時代。カープが弱かった原因はカープのせいではなく、巨人の陰謀によるものだったのです。

1993年にはFA制度もスタートしていますが、FAはカープに大したダメージとはなりませんでした。痛かったのは完全にドラフト逆指名です。二岡智宏木村雄太への恨みは死ぬまで忘れません。あと昭和53年の木田勇。メラメラメラ・・・

 

逆指名時代にカープが1位指名してきた選手は例えば東出輝裕であり、例えば白濱裕太であります。カープはこの戦力でペタジーニやラミレス、ガッツ小笠原、高橋由伸、阿部慎之助のいる巨人と戦っていたのです。今がどんなに幸せか実感できるでしょうが。笑

黒田博樹や永川勝浩のように逆指名でカープに入団してくれる選手は稀でした。

この頃から若き松田元オーナー(当時代行)はドラフト会議に口を出し始めたと記憶しています。

とにかくカープは15年連続Bクラス。3番天谷。抑え澤崎。新井貴浩と栗原健太が出てくるまでは本当に苦しかったです。

2004年の一場事件以降もドラフト逆指名制度は2007年まで継続されました。

後に朝日新聞によって、巨人が当時大学生だった阿部慎之助、二岡智宏、高橋由伸らへえげつない契約金(裏金)を支払っていたことも発覚しました。

 

カープのAクラス率

話を松田オーナーに戻します。「せめてCS」発言について。

実はカープのAクラス率はそんなに高くありません

2008年ドラフト正常化。2009年マツダスタジアム会場。

2008年の正常化ドラフト以後に入団してきた今村猛、中﨑翔太、菊池涼介らが台頭してきた2013年に、やっとカープは15年連続Bクラスに終止符を打ちました。

2013年、カープ初めてのクライマックスリーズ。梵英心タイムリースリーベース。

翌2014年もクライマックスシリーズ。20歳の鈴木誠也が能見篤史の前に空振り三振に倒れました。

 

2015年は緒方がドジって4位転落。

だが2016~2018年はご存じセリーグ3連覇。

そして2019年以降は佐々岡が加わって4年連続Bクラスです。

 

つまりカープって2013年から2022年までの10年間で5回しかAクラスに入ってません。Aクラス率50%。

しかも日本シリーズに進んだのはたったの2回。そりゃ監督やオーナーが「CSに行きたい」と言い出す気持ちもちょっぴりわかる。

だけどやっぱ佐々岡には優勝を目指して戦ってほしかったし、オーナーの弱気な会見も情けない。

 

私は松田オーナーが30年前に高橋慶彦をトレードに出したことなど何とも思っていませんが、2年前に慶彦をカープに戻さなかったことについては「ケツの穴が小さいな」と思っています。

松田オーナーもそろそろ引退の時期かなあ。

甥っ子の松田一宏さんは確か東出世代なんですよね。現在42歳。

オーナーが入れ替わるのはまだちょっと早いのかな。今の松田元オーナーは実は2代目ではなく3代目のカープオーナーです。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-赤辞苑