2022カープドラフト予想「私の1位は門別啓人」

遅くなりましたが、今日はカープのドラフト予想2022を書きます。

ここ数年は「予想」と言うより私の「願望」ばかりを書いていますが、けっこう的中してるドラフト予想もあるんですよ。笑

去年は「森木大智に行け。競合も少ない」と書いていますし、一昨年は「牧秀悟はドラ1競合レベル。カープは小林樹斗を狙え!」とも言っています。スゴイでしょ。笑

3年前の私のお薦め選手は「岡林勇希、鈴木寛人、玉村昇悟」の3人でした。

今年の予想もかなり長文です。

前半でカープの補強ポイントを書いて、後半に実際に指名されそうな選手の名前を書きます。

 

浅野翔吾vs内藤鵬

マスコミは去年のドラフト時点から、1年間ずっと

2022年のドラフトは小粒だ

と言い続けてきました。

私もすっかり洗脳されて、アマチュア選手をチェックする気持ちがなかなか湧いてきませんでした。

 

夏の甲子園。浅野(高松商)vs山田(近江)の試合は見ました。

浅野君のバックスクリーン弾には度肝を抜かれましたけど、カープが1位指名するか聞かれたら、私は行かないと思います。

中村奨成と二俣翔一を擁するカープは浅野君に行かないでよろしい。巨人が浅野を1位指名するのは正しい。

浅野君は甲子園の大活躍で少なくとも2~3球団競合になる可能性があります。一時は5~6球団とか言われてましたが、さすがにそこまでの圧倒的力の差はないと思います。浅野君は右投げ右打ち、時々両打ちの外野手です。足の速さははA’。エーダッシュ。AとBの中間くらいって感じ。

 

そしてここに来てプロの評価をグングンアップさせてきたのが日本航空石川の内藤鵬(ないとうほう)内野手。

彼、右投げ右打ちのサードでして、規格外のパワーを持ったパワーヒッターです。

ただ私は試合の映像を見たことがないので、彼が打つのか打たないのか全く予想が立ちません。

100kgの巨体ですが足も遅くなく、守備と肩もそこそこ守れるそうです。なのでプロで鍛えれば4番サードになる可能性は秘めていると思います。

内藤君は名古屋出身でございまして、一時は立浪監督が熱視線を送っていたことがあります。

さらに内藤君の憧れが西武の中村剛也だそうで、言われてみると西武伝統の「大物右打者ドラ1戦略」にピッタリの選手かもしれません。

 

この内藤君もカープが単独指名できるなら1位指名しても面白いかもしれません。

ただ私の予想は違います。

サードを守れるったって高校レベルの話だし、サードなんてちょっと練習すれば坂倉でも守れます。

カープには二俣もいるし、末包もいる。なので私の1位は内藤君ではありません。そもそもプレーを見たことありませんから1位指名できるはずありません。

 

カープの補強ポイント

4年連続Bクラスに沈んだ広島カープ。

佐々岡時代の3年間は「極端すぎる即戦力ドラフト」を続けてきました。

栗林、森浦、大道の即戦力トリオ。私は大道は育成グループだと思っていたんですが、佐々岡は1年目から起用しました。

そして去年の中村&末包のダブル右打者指名。当ブログでは昨年のドラフトを史上最低のドラフトだとボロカスに非難しました。※参考記事

一軍への足がかりを掴んだ宇草と中村奨成がいて、二軍には確実性の出てきた正隨優弥がいました。

そこへケンティー末包をかぶせてきた佐々岡。私は大激怒しました。

おまけに夏には秋山翔吾まで獲得。これで奨成と宇草は今年の現役ドラフトから来年のオールスターに出場するコースです。

 

この時期になると俄然露出度が増す「流しのブルペンキャッチャー」こと安倍昌彦さん。御年67歳。

近年この人のキャッチングはだいぶ怪しくなってきておりますが、アマチュア選手を見る目はけっこうまだお元気な様子です。私はこの方の眼力をかなり信用しています。sportivaのこの記事では安部さんも「広島は高校生投手は少なすぎる。寂しい」とダメ出ししておられます。高校生不足はフロントのせいではなく、佐々岡が無能だったからです。

ならば今年こそ高校生投手をごっそり指名しないといけません。カープの補強ポイントその1は高校生投手。

と言っても70人枠の問題もあるし、育成の新家君もいるので投手ばかり5人も6人も獲ることはできません。

高卒投手の指名は多くて3人、最低2人でしょうか。もし1人だったら私は今年もキレます。新井だから大丈夫だとは思いますが。

 

続いて補強ポイントその2。

二遊間の選手。ズバリ言ってポスト菊池涼介です。

22歳の羽月隆太郎、24歳の矢野雅哉、20歳の韮澤雄也とタレントは揃っているのですが、右打ちの二塁手も欲しいっちゃ欲しい。22歳の中神君をクビにしちゃったのでね。

さらに言うとユーティリティー上本崇司も32歳。曽根海成も27歳。そろそろ新しい代走要員も欲しいんですよね。

補強ポイントその2は二遊間を守れて代走守備固めで使える選手。できれば右打者。

もし新井が優勝争いをする気なら、カープは来年、菊池涼介に代打や代走を送る必要があります。キクへの代走は羽月と矢野でいいんですけど、このポジションも若手に競わせたいです。

 

補強ポイントその3。

最後の補強ポイントが右の強打者です。足と肩があればなお良し。

カープが浅野と内藤を1位指名する時は、おそらく「単独指名か2球団競合まで」と睨んだ時でしょう。過去の戦略から私はそう感じます。

 

「小園海斗は4球団競合だったじゃん!」

とおっしゃる方もいると思いますが、あの時も直前まで「小園は2球団、根尾に4~5球団」て話だったんですよ。

中村奨成の時も1~2球団。だからカープは行きました。

 

浅野が1~2球団、内藤単独指名濃厚ならカープも1位で行っていいいと思います。

二俣と3番4番を組める右の強打者は必要ですし、例年は主砲をドラフト4位くらいで穫るカープですが別に1位2位で獲ってもいいわけです。

 

今年も即戦力投手は要りません。

栗林みたいな投手がいても要らない。矢崎と塹江とケムナで十分。

先発は今でも玉村昇悟と高橋昂也が余ってる状態です。下手するとカープは現役ドラフトで先発投手を取られちゃうレベルです。

 

私のドラフト予想2022

ここから後半。いよいよ私のドラフト予想2022です。

願望もちょっぴり混ざっていますが、今回は「予想」を重視して指名してみます。

 

では参ります。

 

第1回選択希望選手・・・

 

広島東洋・・・

 

門別もんべつ啓人けいと、18歳、投手、東海大札幌高校

 

高校生ナンバーワン左腕とも称される好投手です。

春にちょっとケガをして夏の甲子園に出ることはできませんでした。だがそのおかげで肩肘を消耗させずに済みました。

ピッチングスタイルはまっすぐとスライダーを中心とした本格派。※10秒の動画

手先でピュッと投げるところが高橋昂也にも似てるんですが、私はプロ初登板でノーヒットノーランを達成した元中日の近藤真一を彷彿とさせます。

門別君はmax150kmですが、球速以上にまっすぐが速く見えます。ゆったりしたフォームからタマがピュッとくるからです。  

このタイプで成功した投手がカープなら川口和久、ダイエーなら杉内俊哉です。

182cm、85kg。体格もまあまあ。鍛えがいのある本格派投手になりそうです。

門別君も人気銘柄なのでクジ引きになる可能性もあります。クジを外せば大阪桐蔭の川原投手も面白い。バッテリーを組んだ松尾汐恩捕手はドラ1競合レベル。ハズレ1位では獲れないと思います。

 

ではカープの2位へ参ります。

補強ポイントの残りは高校生投手もう一人と、代走で使えるセカンドの選手と、右の強打者です。

新井カープは高校生投手を1位指名したため、いろいろ噂されてた選手はみな1位指名されてしまいました。

1位の12人は例えばこちら。

高校生7人:門別(札幌)、川原(大阪桐蔭)、森下(京都国際)、松尾(大阪桐蔭)、浅野(高松)、内藤(石川)、イヒネ(誉)

大社 5人:矢澤(日体大)、蛭間(早稲田)、森下(中大)、荘司(立教)、吉村(東芝)

 

松尾君は絶対1位指名されると思います。捕手とショートを両方できる子なんて滅多にいませんよ。

日体大の矢澤も二刀流で有名な子。こちらは投手と外野。球速150kmで俊足強肩。

近江高校の山田陽翔、立教大の山田健太のダブル山田は二人とも全日本のキャプテンを務めた選手ですが、1位指名はないんじゃないかなと思います。キャプテンシーはあると思いますが、選手としてはまとまりすぎてて突出したものがない感じです。

 

カープの2位は誰でしょう?

ズバリ、これも私は自信があります。

では参ります。

 

第2回選択希望選手・・・

 

広島東洋・・・

 

友杉ともすぎ篤輝あつき、22歳、内野手、天理大学 

 

ハイ。この子がポスト菊池涼介です。今はショートですけどね。

大学全日本でも活躍しました。打順は8番9番が多かったですが、守備が堅実で井端弘和がyoutubeで友杉君のショート守備を絶賛しております。

実は1位の門別君も井端のお薦めです。確かに良い投手です。

 

友杉君獲得の根拠は例のカープの伝統です。

カープは出身校が同じで元チームメイトだった選手同士を集めたがる傾向です。コレも毎年言ってます。

実際去年のドラフトでも末包昇大は塹江敦哉の幼なじみだし、育成の前川と木下元秀は敦賀気比で1年3年の間柄。

一昨年は林晃汰と小林樹斗。3年前は森浦大輔と石原貴規でした。

んで今年は森浦と友杉。森浦4年、友杉2年の間柄。

カープの2位、友杉篤輝。あると思います。

阪神大学リーグですが友杉は10連続盗塁を成功させています。俊足。打撃はソフトバンクの今宮健太っぽい。

 

下位指名

3位以下はコンパクトにまとめます。

1位 門別啓人 高校生左腕

2位 友杉篤輝 大学全日本のショート

3位 菊地吏玖 専修大で背番号15番

4位 海老根優大 未来の新庄剛志

5位 田村朋輝 山形の152km右腕

カープは第一次戦力外通告が少なめでした。支配下選手では中神と高橋樹也の2人だけ。

外国人とも全員再契約する方向ですし、おそらく野間と龍馬も残ってくれるでしょう。となるとカープの支配下選手は現時点で66人

カープがドラフトで5人指名し、マクブルームの他にもう1人の外国人野手を補強するなら72人となってしまいます。2人オーバー。

 

第二次戦力外通告で4人をクビにすれば68人で開幕です。

すると二俣翔一と木下元秀を支配下に上げてギリギリ70人。現役ドラフトはプラスマイナス0人と私は想定しています。

ドラフト指名4人だけという年も過去にありましたが、カープの高校生不足も深刻なんですよね。

なので今年はドラフト5人を指名したい。これも佐々岡時代の3年分のツケですよ。ったく・・・ 

   

3位候補は菊地吏玖。きくちりく。22歳、投手、専修大学。

井端は「コントロールがいい」と褒めてました。専修大学で背番号15番を付けてるってことは何かカープと因縁があるのかもしれない。笑

中日の柳裕也にもちょっと雰囲気が似ています。「井端は決め球がない」とも言ってますが、私に言わせると「まとまってるタイプ」で先発、中継ぎ、両方で便利に使えそうな投手です。今年大活躍したDeNAの伊勢君にも似てますかね。

即戦力投手は必要ないと言いましたが、3位で菊池クラスの投手が残っていたら指名しないと勿体ないです。

大阪ガスの河野佳投手も現在の評価ではこのあたりで消えるか消えないかでしょう。私は去年カープが末包を指名したのは河野佳投手獲得のためだと思っています。

 

4位に私の好きな海老根優大。えびねゆうだい。18歳。外野手、大阪桐蔭高校。

ちょっとドジなところと強烈な身体能力が魅力のセンター。強肩で守備範囲も広い。打順は下位でしたが、高校全日本では浅野翔吾を抑えて全試合センターを守りました。浅野はレフト。

海老根君のいいとこは過去記事に書きましたので、そちらも参考にどうぞ。

3位で良い投手が残ってなければ、海老根君が3位に繰り上がり、中田廉のクビも繋がるかもしれません。

海老根が残っていなければ、天理高校のショート戸井零士君も面白いが、ちょっと天理に寄りすぎかも。笑

 

今年の最後は5位指名。

6位指名はないと思います。来年クビにできる選手が本当にいなくなります。

5位は田村朋輝。たむらともき。18歳、投手、酒田南高校。

あまり聞かない名前ですが、以下の動画では浅野翔吾に匹敵する高評価を得ています。

上の動画は高校野球ドットコムさん。テレビ映像ではなく実際に現場を歩いて選手にインタビューするなど非常にお詳しい。もちろん過去の数字や結果だけではなく、しっかりとプレーや性格を観察しておられます。私の情報元の一つです。

高校野球ドットコムさんの高校生ベスト10のうち、8位がこの田村君。こりゃ5位には残らないかな。笑

ちなみに6位が浅野君。1位が東海大札幌の門別でした。

田村君はリリースポイントがおもしろい。松本竜也や田中法彦のように顔の前でリリースします。田村君もまっすぐで空振りを取れるタイプかもしれません。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想