森下姓と小園姓について

今日は久しぶりに暴言を吐きます。あまりマジメに聞かないように。笑

2021年のドラフトで小園健太という投手がDeNAから1位指名されましたよね。

この子は市立和歌山高校でロッテ1位の松川虎央とバッテリーを組み、智辯和歌山としのぎを削っていた右投手。

2022年のドラフトでは2人の森下が上位指名されました。阪神1位の森下翔太、DeNA4位の森下瑠大

私はこのことについて今から暴言を吐きます。

ハッキリ言って小園と森下はカープの名前。キッパリ

紛らわしいので何とかしたいのです。

  

小園健太

ついに若者の名字にまでケチを付け始めました。笑

私のブログは不真面目なブログですので、真に受けないようにお願いします。

 

さてDeNAの小園健太くん。

早くも昨日、契約更改を済ませたそうです。現状維持の1200万円。けっこうもらってますね。磯村嘉孝でも1400万なのに。

「来季は自分も優勝争いに加わりたい」中日スポーツ

と優等生なコメントを残しましたが、高校時代の小園君を思い出すと「まだあと2年は体作りかな」と思います。

小園健太が1軍に出てくるのは「早くて4年目」くらいだと思います。顔見せ程度の登板は別ですよ。1軍戦力としてシーズン10先発くらいできるようになるのは早くてプロ4年目だろうという予想です。

 

市立和歌山高校の小園健太はちょっと立ち投げで「30代の前田健太に似ている」印象でした。

私は去年の高校BIG3の中では高知高校の森木大智(阪神)を最高評価していました。2位が小園健太で3位が風間球打(ソフトバンク)。※関連記事

森木と風間は150kmでバンバン三振を取るタイプで、小園はキレとコントロールで勝負するマエケンタイプだと見ています。

 

この小園健太投手はプロ4年目の2025年頃に頭角を現し、2026年頃に先発ローテに定着する可能性があります。

つまりプロ野球ファンの間で「DeNAの小園」が話題となり始めるのが2025~2026年頃になりそうという話。

この頃、カープの小園海斗は既にプロ7~8年目の25~26歳。最多安打のタイトルを2~3回獲得し、たぶん背番号は1番か7番になってます。

小園海斗が国内FA権を取得するのは2028年のオフ。このタイミングでメジャーに移籍するでしょう。

よって私の予想が的中すればカープの小園とDeNAの小園は「4年間くらい時代がかぶる」ことになります。

「は? それが何か問題でも?」

「いえ別に」

「DeNAの小園と広島の小園でいいじゃん」

「それはそうなんですけど・・・」

「何がイヤなの?」

「いや、私の中で小園は世界に1人でいいと思うんですよ」

  

私は日本のプロ野球の中に小園は1人でいいと思っています。

小園健太くんは登録名を「健太」とかに変更してくれないかなと思っているのです。

名字が「鈴木」や「田中」なら他チームの選手とかぶっても平気なんですが、小園はイヤなんですよ。

DeNAファンの方にご理解いただけますかねえ・・・このカープファンのワガママぶりを。笑

  

この感覚は例えばカープの新人に「牧」とか「伊勢」が入団してきた時の感覚なんですよ。

ちょっとイラッと来ませんか?笑

 

三浦がかぶるのは許せる。

宮崎も許せる。よくある名字だから。

でも伊勢はギリギリ許せない。今永なんてもっての外です。

私一人ですかねぇ・・・こういうワガママな野球ファンは。

だからマジメに読むなと言ったでしょうが。笑

  

とにかく高橋や山本がかぶるのは仕方がないと思ってます。昭和の野球はなぜか「小川」も多かった。

でも小園はちょっとイヤです。小園は1人でいてほしい。ええ。わかってますよカープファンのワガママですよ。マジで言ってるわけじゃありませんよ。

  

森下翔太

さて・・・

お次は森下である。笑

森下も1人が良かったなあ・・・

森下暢仁のポスティングは2026年オフ。4年後。

阪神1位の森下翔太は即戦力。1年目からレギュラーになる可能性があるので、来年いきなりNPBに2人の森下がかぶることになりますが、ハッキリ言ってこれがヤダ。←ワガママ

 

森下暢仁は私の中でナンバーワンなんですよ。んでもって当然オンリーワン。

普通の方は「カープの森下、阪神の森下」に何も抵抗を感じないと思うんですが、私クラスの変態的カープファンになりますと、他人に森下と名乗られるだけで腹が立ってくるのですよ。ええ、皆さんは正常です。私がクレイジーなのです。

もしも「坂倉」なんて選手が他球団に入団しようものなら私には耐える自信がございません。

 

なので私は阪神の森下翔太選手を1軍の試合に出られないようぶっ潰してみようかなと考えております。私が巨人以外の選手を呪うのは初めてかもしれません。

阪神の森下翔太くんはDeNA牧秀悟の大学の後輩でして、実はつい最近までカープの1位候補でもありました。

私は春先から半年間ずっと「森下は要らない」と言い続けてきました。それは名字に関係なく、技術的にも編成的にも不要という意味でした。

 

森下の打撃フォームもあまり好きじゃないんですが、私、彼の見逃し方がキライなんですよね。目を切るのが早すぎる気がします。

あと彼、かなりビッグマウスなんですよ。

アナ「阪神1位指名、おめでとうございます」

森下「ありがとうございます」

アナ「プロでの目標は?」

森下「三冠王です」

アナ「ご自身を動物に例えると?」

森下「ライオン・・・ですかね。笑」

そこはトラだろ。阪神だけに。

 

関西では連日森下のニュースばかり。例年通り「ルーキーがすぐにクリーンアップを打つ」ような雰囲気になっていますが、ハッキリ言って私は森下翔太は打たないと思います。

右手が返るのが早いことと、右肩が下がること。あとはさっき言った見切りが早いことなどが理由です。

ただ私はタイミングさえ合えばボールは飛ぶという考え方ですし、選手の打撃フォームはあまり気にしません。その人に合うフォームは一人一人違います。右肩が下がっても打てるヤツはちゃんと打ちます。

森下翔太の長所は「けっこう足が速い」ところと「右方向への打球は確かに伸びる」ところ。ここを伸ばせば甲子園で20発・・・は無理でも15~16発は打てるんじゃないですかね。

 

森下瑠大

最後にDeNA4位の森下瑠大。もりしたりゅうだい。

京都国際高校出身の左投手。2年生の時に甲子園で活躍し注目を集めました。

森下は3年春の選抜にも出場を決めていましたが、チームがコロナ感染。なんと選抜を辞退するハメに。

 

この時、京都国際に代わって出場したのが山田陽翔率いる近江高校でした。代替出場から甲子園準優勝。近江旋風。

春の甲子園が終わり、6月に近江高校と京都国際が爽やかな練習試合をして話題となりました。朝日新聞

夏の甲子園でもコロナで試合のできなかった生駒高校vs天理高校の「友情の再試合」が話題になりました。そのきっかけは京都国際高校にあったのかもしれません。NHK

 

そんな苦労人で友情に厚い森下瑠大くんですが、それでも森下を名乗ることは許せない。

まあ1人くらい許すかあ、俺もいい大人だし。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-妄想