広島が巨人にメイクドラマされた時に似てきたな・・・

1986年の広島カープ。
8月28日、首位巨人に5.5ゲーム差。
しかしそこから破竹の連勝街道。
北別府は連日の無四球完投勝利。
踊るように投げ続けた26歳の津田恒美。
129試合目での大逆転優勝! 日本シリーズは3連勝から4連敗。
1986年はミラクルな一年でした。

2017年8月25日現在、2位阪神と6.5ゲーム差。
2016年は8月6日に2位に3.5ゲーム差まで迫られました。
1996年の巨人のメイクドラマは、カープの投手陣の崩壊と8月29日の四番江藤の骨折離脱で完結しました。汗
ああプロ野球はおもしろいなあ・・・
夏って色々なことが起きるなあ・・・

さて現在のカープ。
先週は4勝2敗だったんですよ。
今週は3連敗スタート。
鈴木誠也のショックが大きすぎて、ファンも3連続逆転&サヨナラ負けの悔しさをそれほど感じていません。
これはこれで、どうなんだろ・・・と思いますが。
それにしても尾仲にエスコバーですか。また苦手投手を増やしちゃいましたね。
特にエスコバー。リリーフで凄いボールを投げますね。
この外国人投手をシーズン中に元正捕手(黒羽根)とトレードするって、Denaかなりの眼力ですね。

昨日は誠也離脱後の最初のゲーム。
大方の予想通り、緒方監督は新井とエルドレッドの同時起用&右翼松山の布陣を敷いてきました。
堂林と野間に対する「信頼度の低さ」が浮き彫りになりましたね。
確かに私もこの二人に「期待」はしますが、「信頼」まではしていません。
でも使ってほしいなあ。
私の中では「左翼エルドレッド」はもう2年前で終わっています。
新井とエルは「ファースト専用」でいい。

昨日熟睡して考えた「センター野間」作戦。
面白いと思うけどなあ・・・

いいところも振り返りましょうか。
中村祐太と磯村が良かった。磯村は一軍定着のチャンスですよ。
一岡と石原と中﨑も悪くはありません。
最後も菊池が捕れないんだから、仕方がありません。
落合博満の言った「アイツが捕れないんなら、誰も捕れないさ」ですよ。

ちなみに・・・
中田廉は10日間で一軍に戻ってくるでしょう。
ジャクソンが50球投げたので、九里を一時的にブルペンに加えただけだと思います。
今一軍にいる投手が12人。外国人選手は4人いますので、今日KJと入れ替わるのはメヒアになるでしょうか。
ジャクソンとブレイシアは落とせません。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5