巨人の補強と中日のトレードについて

カープがフランスアを解雇してマクブルームらと再契約。

カープはまた若きV3戦士のクビを切りました。今村猛やジェイ=ジャクソンも含め、完全に緒方孝市の犠牲者と言ってよいでしょう。

私、こういうの大キライなんですよね。選手を酷使して優勝するくらいなら負ける方がマシだと思っています。

近年は一発勝負の高校野球でさえ登板過多や酷使を禁じています。

しかもカープの3連覇はギリギリの接戦ではなく3年間ずっと独走状態で走り続けました。

今村やフランスアを休ませるタイミングはいくらでもありました。私は当時から「ケガしたら責任取れるんか、緒方ァ!!」と激怒し続けていました。※参考記事「中﨑の使い方

 

マクブルームの年俸

マクブルームとの再契約金はおよそ2.7億円×1年。

アンダーソンは1.4億円×1年。ターリーも1.4億円×1年。

3人とも出来高払いまで付いています。デイリー

ハッキリ言って高すぎです。

 

どこにそんなお金があったのか?

マクブルームにメジャーからのオファーがあったとは思えませんし、NPB他球団がちょっかい出してきたことも考えにくい。

カープの誠意って言ったってマクブルームの今季年俸は1.1億円です。150%も年俸アップする成績でもないでしょう。

アンダーソンとターリーの今季年俸も1億円前後でしたから、この二人と1.4億で再契約したのは妥当な線かと思います。

 

マクブルームの年俸が異常に高額なのはちょっと理解に苦しみます。2.0億で十分。

私はマット=デビッドソンの年俸を6000万円と予想しておりますが、この分じゃハズレるかもしれません。笑

 

巨人の補強も的確

カープのフランスアが解雇されてカープの支配下人数は再び67人となりました。

毎度67人だ68人だと細かい話で恐縮ですが、支配下人数が「67」か「68」かはプロ野球マニアにとって死活問題なのであります。

なぜなら68人に到達したらオフの補強は終了したと見るのが普通だからです。→トレードは例外

カープがフランスアを解雇したことで68人が67人となり、外国人枠も1つ空きました。

となれば当然「カープは新外国人のためにフランスアの枠を空けたのか?」と考えるのがマニアの常識なのです。

 

んで昨日さっそくネットに名前の挙がった投手がカンザスシティのフォスター=グリフィン投手。27歳の左投手です。

映像を見ると元広島のクリス=ジョンソンに似たフォームから、155kmのストレートとカープ、カット、チェンジアップを投げます。

球種も豊富でクイックも上手い。メジャーではリリーフでしたがNPBでは先発もできそうなタイプに見えました。クリス=ジョンソンのストレートを速くして、コントロールを甘くしたような投手という印象です。

私が「おお!コイツは使える!!」と思ったところ、なんと今朝になって「巨人がグリフィンを獲得調査」と報じられました。スポニチ

 

巨人がグリフィンを獲得することは非常に的確な補強です。巨人はまともな先発投手が1人もいませんのでね。

実は私は梶谷を育成選手に落としたり、長野松田のダブルベテランを獲得したりした巨人のことを

「的確な補強だ」

と高評価しています。

 

山口俊や井納翔一をバッサリ切ったことと、森友哉争奪戦から早々に降りたことも高評価しています。

来年の巨人はマジメに育成に走るつもりのようです。

守れないポランコを解雇して丸をライトに回すプランもとても良い。

長野と松田は代打としての活躍よりもその姿を若手選手と坂本勇人に学ばせたい。

いきなり優勝は目指せませんがAクラスを狙うために「良いチーム作りをしているな」と見ています。

 

私は巨人が30過ぎのFA選手に20億出したり、メジャーのポンコツに5億も6億も出すからバカにしているのであって、こうやってマジメにコツコツ育てていく姿勢を見せるとそこは高く評価します。

今年の巨人の補強は素晴らしいです。的確です。

 

中日の補強も的確です

ついでに中日。

実力者の阿部寿樹(32)をトレードで楽天に放出し、先発投手の涌井秀章(36)を獲得しました。

このトレードについてなぜか阪神の岡田彰布がめちゃくちゃ面白いコメントを残していますが今日はカットします。ニッカン

 

中日ファンはチームの顔を放出したことに怒っていますし、山崎武司は「ますます点が取れなくなる」と悲観していますが、私はこのトレードによって中日の得点力はアップすると見ています。

阿部は3割バッターでチャンスに強い。来年1年だけを考えると得点はダウンするかもしれません。

しかし高橋周平(28)をどうするのか? 

3塁の石川昂弥が芽吹いてきて、2塁には阿部がいる。そこで今季は高橋周平がショートを守ったり阿部がレフトを守ることもありましたが、この布陣は守備がガタガタでした。

 

28歳の周平と32歳の阿部。

石川をスタメンで使うとどちらか一人しかスタメンできません。ならば32歳の阿部を放出して28歳の周平を残した中日球団の気持ちも理解できます。

周平は2塁も3塁も名手級に守れます。もう一度3割打てれば打順2番や6番で輝けるでしょう。

阿部の代役はズバリ石川昂弥です。ヘタすりゃ昂弥は広いナゴドで30本塁打できるかもしれません。今年の春に見せた昂弥の打撃にはそれくらいの爆発力を感じました。

 

そして阿部寿樹は密かに岩手出身なのだそうです。知りませんでした。

楽天の浅村はもうセカンドを守るのが厳しくなってきているし、サード茂木も故障がち。両方をハイレベルで守れる阿部は中日にいるより楽天のほうが確かにフィットするでしょう。

 

中日がなぜ涌井を欲したのかはわかりません。

石井一久は「中日さんが涌井を求めてきた」と言っていますが、私は違うと思います。

中日も楽天も来季「やや構想外」となっている2人に出場機会を探してあげたトレードだと思います。

中日が投手を欲しがったわけではなく、阿部を試合に出場させてあげたかった。

楽天はたぶんまた涌井の「引っ越ししたい病」が頭をもたげたのでしょう。笑

  

カープの補強は終わってない

ここまで書いて、そう言えばカープもサードが穴だったことを思い出しました。まあ阿部を使うなら上本を使えとなりますけどね。

現在カープの支配下は67人。

冒頭のグリフィン投手はまだ巨人と確定したわけではありません。

水面下でカープと巨人がガチンコバトルをしている可能性もある。カープの戦力補強はまだ終わっていない可能性が高いと思います。終わってるならフランスアをクビにしないはずですから。

 

ターゲットがグリフィンかどうかはわかりませんが、カープはもう一人新外国人を穫るつもりじゃないか?

佐々岡の時もたくさん獲得したので、新井にデビッドソン1人だけということはないと思います。

グリフィンなら先発もリリーフもできそう。大野豊とは言いませんがジョン=ベイル級に活躍してくれそうな気がします。

 

んでグリフィン争奪戦に敗れれば木下元秀行木俊を支配下登録すればよい。

大卒ルーキー2人も気になってます。名原と中村貴浩。早く見てみたいです。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

pt>