捕手・中村奨成について

まだ入団も決まっていませんが・・・
中村君について感じたことを色々書きます。

ドラフト指名後のインタビューでいろいろ大きな夢を語ってくれましたね。

・開幕一軍
・新人王
・東京五輪に出て世界一
・トリプルスリー
・5年後の日本シリーズに正捕手で出る
・捕手でやりたい

など、なかなかのビッグマウスぶり。笑
夢が大きいのはいいことですが、私のような凡人は若干心配になります。

開幕一軍と新人王については、
「そこを目指してほしくない」
と思いますね。

カープは高橋昂也も坂倉も「まずはじっくり」で育ててきました。
奨成君も無難にそこからスタートするような気がします。
2年目を迎える坂倉ならば、来季の開幕一軍を狙っていいと思いますが、それでもまだ立場は「第三捕手兼左の代打」です。
磯村も中村祐太とのコンビで今季実績を残しました。
そこに高卒ルーキーの中村奨成が開幕一軍!というプランはあまり現実的ではありません。
この「開幕一軍」と「新人王」発言に関しては、彼が何を考えているのか私には全く理解ができません。

守備に相当な自信があるということなんでしょうか。
あるいは清原のように一年目からホームランを打ちまくる自信があるのでしょうか。
全くわかりません。
ただの自信家なのか、なにか考えがあっての発言なんでしょうかね?
そもそも球団が奨成を1位指名する時、
「どういう育成プランを示したか」
も依然として気になっています。

奨成君の語った夢の中で「5年後に日本シリーズに出る」だけはいい目標だと思います。
これこそ私のような凡人が望んでいる理想的な未来像ですよ。

東京五輪も3年後。
開催時期は夏休み。
シーズン真っただ中で、代表選手はどのように選考されるのか。
若手主体のチームならば今年指名された選手たちも大いにチャンスがあるでしょうね。

そしてどうしても私の頭から離れないのが本人と球団の「捕手でいく」発言です。

「ずっとやってきたのでプロでも捕手」
「小林誠司先輩を目標にやってきた」
など、捕手へのこだわりを印象付けるコメントの数々。

じゃあ坂倉はどうなるのか。そして船越は・・・
坂倉は今季ウエスタンで捕手としての素質をまざまざと見せつけました。
捕手不足のチームなら、すぐにでも一軍で育てたいレベルです。
坂倉は現時点ですでに「いいキャッチャー」な雰囲気もあります。

「打てる捕手より勝てる捕手」
などの発言も、奨成君よりずっと「大人」でクレバーな感じが漂います。笑

奨成君もカープファンですから、チーム状況もよく知っているはず。
そして広陵高校・中井監督の教え子です。プロの厳しさもよく知っているはず。

ですから彼の一連のビッグマウス発言に「うん?」と首をかしげたくなるんですよ。
それではなぜ彼がこんな発言を連発するのか、その理由を考えてみましょうか。

<1>ただのおバカキャラ説
これは考えたくない説ですが、どんなことでも可能性はゼロではないので書いてみました。笑

<2>モンスター級の捕手説
これも可能性ゼロではありません。
オープン戦で好守連発。本当に開幕スタメンをゲット。
奨成バズーカが流行語大賞。そして新人王とゴールデングラブへ・・・
どんな可能性もゼロではありませんから・・・笑

<3>ファンサービス説
CSで負けた広島ファンを喜ばせるために球団に「言わされている」説。
これもないか・・・苦笑
しかし広島県民からの人気と期待度の高さは評判通り。
久しぶりの広島出身の大物選手。石橋事件とか発言する人間もすっかりいなくなりました。

<4>自分を鼓舞する説
ま、このへんが正解でしょうかね。
高卒ルーキーだからって開幕一軍や新人王をハナから諦める必要もないわけでして。
まだ入団もしていませんけど、プロ1年目の選手にとって最高峰の目標は「開幕一軍と新人王」ですから、そこを目指す権利は誰にでもあるんです。
奨成君もきっと「自分が到達できうる最高の極み」を目標に設定するタイプなんでしょう。

・・・

なんかもおもしろいことを書こうとしたんですが・・・
無難にまとめる感じになっちゃいました。笑

坂倉がいるんで、ほんとカープの捕手問題はどうなるんでしょう。
今の私には「正捕手争いが楽しみ」というより、「二人の育成プランに対する心配」のほうがやや大きいです。
坂倉がグレたりしないかな・・・
奨成君の頭の中がパンクしたりしないかな・・・

プロで奨成君の捕手ぶりも早く見たいです。
背番号は目標とする小林先輩の22でいいでしょう。
中村恭平は29。
ユニフォームの「22NAKAMURA」も使いまわせますから。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5