「妄想報告」緒方孝市vs金本知憲

このブログ記事は私の妄想100%で完全なフィクションです。

どうぞ暖かい目で見てやってください。よろしくお願いします。

・・・

2017年11月3日

広島市総合霊園にて

金本

ミムさん・・・お久しぶりです。

今年もカープが優勝しました。セリーグ2連覇です。

カープは本当に強くなりましたよ。

でも、僕のチームもなんとか2位に入ることができました。

この2年間、ミムさんのやり方を真似て若い子を鍛えに鍛えました。

来年はこの子たちと一緒に打倒カープを果たします。優勝してみせます。

ミムさんも天国から見ていてください。

絶対に、カープに、勝ってみせますからね・・・

緒方

・・・あれ、金本か?

金本

え、メグ(緒方)?

緒方

やっぱりカネか。

なんやあ、お前も今日来たんか。

金本

奇遇だな。ここで出くわすなんて。

緒方

奇遇じゃないだろ。

そうかあ・・・お前も今日来てくれたのか。

金本

ああ。命日だからな。

緒方

今シーズンお疲れさん。

金本

おう、そっちこそ。

緒方

ありがとう。

今年はずいぶんお前んとこにいじめられたなあ。

9点差をひっくり返されたり、藤浪にぶつけられたり。

金本

もうそれを言うなよ。苦笑

次の日、晋太郎と二人で大瀬良に土下座したんだから許してくれよ。

それに甲子園で胴上げもさせてやっただろうが。

緒方

わはは。

そういや、そうだったな。

金本

メグも今年で監督3年目か。

そろそろ胃に穴でも空くころじゃないのか。笑

緒方

いや監督ってホント一年一年大変だな。

野村さんはよく5年もやったよ。

俺、先月、初めて人間ドックってもんに行ってきたよ。

金本

あの盗塁王・緒方孝市が人間ドックか。わっはっはっは。

緒方

笑うなよ。お前だって他人事じゃないぞ。

来年は本気で優勝狙いに来るんだろうが。

金本

当ったり前や。

絶対、勝ちに行くぞ。

緒方

なら、お前も今のうち、人間ドック行っといた方がいいぞ。

あれ、あんがいラクで簡単だったぞ。

金本

行くか、そんなの!

緒方

しかし阪神も若いのが出てきたし、楽しみなチームになったな。

金本

なんや、その上から目線は。

見てろ、来年はガチで行くぞ。育成期間はもう終わりや。

緒方

秋季キャンプはもう始まったのか?

金本

ああ。もう始まっとる。今みんなすごくいい顔しとるぞ。

全員の顔に「俺を試合に出せ!」って書いてあるんや。

楽しみやなあ。

緒方

いいじゃないか。ミムさんの教え、そのままだな。

声じゃなく練習態度で示せってやつか。

金本

うちもやっと三村イズムが選手に浸透してきた。来年はもっと強くなるぞ。

ただしフロントにはまだ全っ然浸透してないけど。

緒方

あははは。

いいじゃないか、やるのは選手だ。

金本

まあ、戦うためのスタートラインには立てたかな。

だけどカープはフロントも裏方さんも、チーム全員が同じ伝統を共有しとる。

そこは負けてるとこだし、脅威でもある。

緒方

確かに今の選手たちはコーチに言われなくても何をするべきかが分かってる。

俺たちの若い頃、選手は全く人間扱いされてなかったのにな。

金本

いやいやいや、メグはまだマシよ。お前には強烈な武器があったから。

俺は走攻守どれも中途半端だったから、とにかくケガだけはするなと。

ミムさんから「お前が休んだら代わりはいくらでもいるんだぞ!」って毎日言われてた。

緒方

今の若い子たちにあの練習をさせたら、絶対訴えられるよな。

金本

今なら立派な犯罪やぞ、あれは。

貧血になって半人前、ゲロ吐いて一人前とか。

緒方

なのに、俺もお前もミムさんの自宅までバット持って押しかけたりしてな。笑

金本

そうそう。二人とも会話せずに黙々と素振りして。

見てるミムさんも何も言わない。

真夜中だぞ。おかしな三人だよな。

緒方

奥さんだけがオロオロしてて。笑

金本

俺の自宅に高山や北條が夜な夜な訪ねてくるようなもんやろ。

考えられん。想像したら鳥肌立つわ。

緒方

うちは年頃の娘がいるから絶対選手を家に呼ばない。笑

金本

最近の子ってケガの予防とか体調管理をすごく勉強していて、それはそれでいいんだけど、それはレギュラー選手になってから心配すること。

まだ試合にも出られない人間が、なーにが自己管理だっての。

ゲロ吐くまで、骨折するまでやんないと。

緒方

同感。野球の技術もそうだけど、精神的にもっとタフにならないといけない。

俺たちはそのことをミムさんから教わったよな。

金本

実は今年、晋太郎をめぐって掛布さんと相当やりあったのよ。

掛布さんは俺より年上なのに、若い子の気持ちをよーっくわかってる。

掛布さんは若い選手には無理をさせるな、プレッシャーをかけるなと言う。

でも俺は若手には今こそ無理をさせろ、今こそプレッシャーをかけ続けろと言う。

どちらも正しいと思うんだけど、今のタイガースにはプレッシャーをかけて練習させた方が絶対いい。あの頃のミムさんのように。

俺は今でもそう信じているし、阪神の監督になる時のたった一つの条件がそれ。

若手をチヤホヤせず、厳しく鍛えさせてくれってね。

緒方

相変わらずだな。

金本

去年今年とお前らがぶっちぎりで優勝して、他の11球団も若手の育成に走り始めた。

おかげでファンもフロントもやっと俺の言うことを聞いてくれる雰囲気になってきた。

悔しいけど、これもカープのおかげだ。プロ野球界もいい流れになってきたんじゃないか。

緒方

ところが、うちにも心配事があってな・・・

鈴木誠也は逆にこっちがストップさせないと、ホントにぶっ壊れるまでバットを振るんだよ。

「お前は金本か!いつまで練習するんじゃ!いいかげんに寮に帰れ!」

って無理やり帰らせるんだけど、帰ったらまた部屋で隠れてバット振ってるわけ。

あんな奴は見たことがない。丸も相当ハードに鍛えたけど、その丸が誠也を見てびっくりしてるから。

誠也だけは俺にもよくわからん。

金本

頼もしいじゃないか。

横浜での骨折だって、フェンスがあるのわかっててダイビングするんだからな。

感動したけど、でも俺、一瞬お前の二の舞になるんじゃないかって心配したよ。

緒方

全力プレーはいいんだけど、ケガのリスクも常に頭に入れとかないと。

あいつがいなくなると、うちのチームは困るんだ。

あ、このことは誠也にも新井さんにも言っちゃだめだぞ。

金本

一番フェンスに激突してたヤツが今さらよく言うぜ。

俺も野村さんもいつもお前に「少しは手を抜かないとケガするぞ!」って言ってただろうが。

緒方

まったくだ。

自分だけはケガしないと思ってやってたんだろ。

金本

今じゃ鈴木誠也も晋太郎も日本の宝だぜ。

俺たちの責任は重いぞ。

緒方

しかし俺たちが選手に「手を抜け」とも言いづらい。

金本

うーん、そこは確かに難しいけど・・・

でも、お前の場合は言ってもいいんじゃないか。

お前はケガのせいでヒット500本以上、損してるから。

緒方

わはは。今の選手は俺の現役時代なんか知らないよ。

カネみたいにケガしても試合に出るヤツが立派で、俺や前田のように休む選手は運がないって思われるのがオチさ。

金本

今、カープのトレーナー室は凄いな。

緒方

ああ、部屋だけじゃなくスタッフも凄いぜ。

あのメンツが揃ってるから、若手はいくらでも自分を追い込める。

金本

福永さんのおかげだな。

緒方

アマチュアの選手がNPBでメシを食いたいなら、間違いなく今のカープは最高の環境だ。

金本

ちぇっ、いい気になりやがって。笑

緒方

お前の後輩もキッチリ育ててやるから安心しろ。

金本

わははは。その心配はしてないよ。

俺だって三村流でタイガースの野手を鍛えに鍛えた。

手ごたえは十分にある。

緒方

ミムさん、あなたの教え子二人が来年もセリーグの優勝争いをしますよ。

楽しみに見ていてください。

・・・

おしまい

いつもすみません。

この記事は私の妄想100%です。金本監督も緒方監督もこんな発言は一切されておりません。完全なるフィクションです、

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-妄想

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5